アルフレッド・フイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・フイエAlfred Jules Émile Fouillée, 1838年10月18日 - 1912年1月16日)はフランス哲学者

生涯と思想[編集]

フランス西部ロワール地方の小都市ラ・プエーズに生まれる。いくつかのコレージュで哲学を講じた後、1864年からドゥエモンペリエボルドーのリセで哲学教師を務める。1867年および1868年にはプラトンソクラテスの研究によって道徳科学アカデミーから表彰された。1872年高等師範学校の助教授に選出され、また彼の2冊の著書Platonis Hippias Minor sine Socratica contra liberum arbitrium argumentaと『自由決定論La Liberté et le déterminismeによって哲学博士の学位も得る。

その後3年間研究と教育に邁進するが、健康を崩し、また視力を失いつつあったため、教授職の退任を余儀なくされる。その最中にもプラトンとソクラテスについての著作や哲学史の著作(1875年)を残している。しかし退職後、彼の哲学思想はさらなる発展を遂げ、観念論形而上学自然主義機械論的な科学観とを調停しようとする思弁的折衷主義を唱えるようになった。

『観念力の進化論』(L'Évolutionnisme des idées-forces, 1890年)、『観念力の心理学』(La Psychologie des idées-forces, 1893年)、『観念力の道徳学』(La Morale des idées-forces, 1907年)など一連の著作で、観念力(idées-force, 力観念の訳もあり、またそのままイデーフォルスとカタカナ書きすることも多い)の理論を彫琢した。これは観念は意識に対して従属的なのではなく、意識が作用因となって、観念が適切な運動のうちでみずからを実現する傾向を有しているとするものである。この理論はまず倫理学社会学の方面で構想され、さらに物理学および心理学の分野にも展開された。自由二律背反についての考察がとりわけ重要である。

フイエの妻オーギュスティヌ・テュイルリはG・ブリュノの筆名で数々の児童書を執筆した人物で、また詩人・哲学者ジャン=マリー・ギュイヨーの母としても知られる(フイエとは再婚)。

日本におけるフイエ[編集]

日本におけるフイエの翻訳は早くも明治19年(1886年)に中江兆民によって開始されている。その後、明治時代後半から大正時代にかけて、主として国民教育論の視点からフイエの紹介がおこなわれた(フーイエー、フォウィリーなどと表記されていた)。こうした著書にはスペンサー流の社会進化論的見解も含まれている。

著作[編集]

  • 1869年 La philosophie de Platon, exposition, histoire et critique de la théorie des idées.
  • 1872年 La Liberté et le déterminisme.
  • 1872年 Platonis Hippias minor, sive socratica contra liberum arbitrium argumenta.
  • 1874年 La Philosophie de Socrate.
  • 1875年 Histoire de la Philosophie. 中江篤介(中江兆民)訳『理学沿革史』全2巻, 文部省編輯局, 1886年
  • 1878年 L'Idee moderne du droit en Allemagne, en Angleterre et en France.
  • 1880年 La Science sociale contemporaine.
  • 1883年 La Propriete sociale et la democratie.
  • 1883年 Critique des systèmes de morale contemporains.
  • 1889年 La Morale, l'art et la religion d'apres Guyau.
  • 1889年 L'Avenir de la metaphysique fondée sur l'experience.
  • 1890年 L'Évolutionnisme des idées-forces.
  • 1891年 L'Enseignement au point de vue national. (英語版からの翻訳)久津見息忠訳『国家教育論』普及舎, 1896年。中島半次郎訳『立国教育論』興亡史論刊行会, 1919年。富野敬邦『フィーエ 國家教育論』玉川學園出版部, 1942年
  • 1893年 Descartes.
  • 1893年 La psychologie des idées-forces, 2 vols.
  • 1895年 Temperament et caractere selon les individus, les sexes et les races.
  • 1896年 Le Mouvement positiviste et la conception sociologique du monde.
  • 1896年 Le mouvement idéaliste et la réaction contre la science positive. 2e ed.
  • 1898年 Les Études classiques et la démocratie.
  • 1898年 La Psychologie du peuple français.
  • 1900年 La France au point de vue moral.
  • 1901年 La Réforme de l'enseignement par la philosophien.
  • 1902年 La Conception morale et civique de l'enseignement.
  • 1903年 L'Esquisse psychologique des peuples européens. 稲垣末松訳『欧洲各国民の心性』全2巻, 大日本文明協会事務所, 1912年
  • 1903年 Nietzsche et "l'immoralisme".
  • 1905年 Les éléments sociologiques de la morale.
  • 1905年 Le Moralisme de Kant et l'amoralisme contemporain.
  • 1907年 Morale des idées-forces.
  • 1909年 Le Socialisme et la sociologie réformiste.
  • 1910年 La démocratie politique et sociale en France.
  • 1911年 La Pensée et les nouvelles écoles anti-intellectualistes. 2
  • 1913年 Esquisse d'une interprétation du monde, d'après les manuscrits de l'auteur revus et mis en ordre par Émile Boirac.
  • 1914年 Humanitaires et libertaires au point de vue sociologique et moral, études critiques, (Publié par Augustin Guyau).
  • 酒井雄三郎訳『泰西先哲政論』全2巻, 日本出版, 1883年

研究[編集]

  • 久津見息忠『フーイエー氏国家教育論』育成会, 1900年

外部リンク[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館のサイト。フイエの邦訳書数点のデジタル画像を読むことができる。
  • Gallica - フランス国立図書館(BNF)のサイト。フイエの著作のうちいくつかのデジタル画像を読むことができる。

この記事には現在パブリックドメインとなっているブリタニカ百科事典第11版の文章が含まれています。