アルフォンソ・サモラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ・サモラ
Alfonso Zamora vs. Soo-Hwan Hong.jpg
1976年のサモラ(左)対 洪秀煥戦
基本情報
本名 Alfonso Zamora Quiroz
階級 バンタム級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1954年2月9日(60歳)
出身地 メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 38
勝ち 33
KO勝ち 32
敗け 5
テンプレートを表示
獲得メダル
メキシコの旗 メキシコ
男子 ボクシング
オリンピック
1972 ミュンヘン バンタム級

アルフォンソ・サモラ・キロスAlfonso Zamora Quiroz1954年2月9日 - )は、メキシコプロボクサーメキシコシティ出身。元WBA世界バンタム級チャンピオン。

身長160cm程の小柄な体躯ながら豪快な左右のフックで対戦者をなぎ倒し、世界王座獲得時のKO率100パーセント。5度の防衛も全てKOという強打を誇り、また、その強打に似つかぬベビーフェイスで絶大なる人気を獲得。名伯楽クーヨ・エルナンデス門下で共に学び、互いの名前の頭文字を取ってZボーイズと呼ばれたカルロス・サラテと共に1970年代の黄金のバンタム級に一時代を築いた。

来歴[編集]

アマチュアで54勝45KO、RSC1敗という戦績を記録し、すでに倒し屋としてメキシコ国内の人気者であった。1972年に17歳で出場したミュンヘンオリンピックではバンタム級で銀メダルを獲得。

1973年4月16日、2RKO勝利でプロデビュー。

1974年7月9日、日本バンタム級王者の内山真太郎に6RKO勝利。

1975年3月14日、20戦全KO勝利のパーフェクトレコードを引っ提げてWBA世界バンタム級王者・洪秀煥(韓国)に挑戦。4R、ロープに詰まった王者に左右のフックを叩きつけて10カウントを聞かせ、弱冠20歳というバンタム級史上最年少記録での王座獲得となった。

1975年8月3日、初防衛戦でタノムチット・スコタイ(タイ)の挑戦を受ける。4Rに連打でダウンを奪い、立ち上がった挑戦者に更なる連打を浴びせると、レフェリーが試合を止めた。

1975年12月6日、ソクラテス・ベトト(フィリピン)と2度目の防衛戦。2Rにボディブローでダウンを喫するが、立ち上がると逆にボディでダウンを奪い返し、更に連打を叩きつけて10カウント聞かせ逆転KOとなった。

1976年4月3日、3度目の防衛戦で後にフェザー級で世界王座19度防衛の名王者となるエウセビオ・ペドロサ(パナマ)の挑戦を受け、2Rに狙い澄ました左フックを叩きつけてKO勝ち。

1976年7月10日、ヒルベルト・イリュエカ(パナマ)を挑戦者に向かえて4度目の防衛戦。2Rに左のパンチで最初のダウンを奪うと、3Rに右のパンチでダウンを追加。そのまま挑戦者に10カウントを聞かせた。

1976年10月16日、5度目の防衛戦で前王者・洪秀煥を12RTKOで返り討ち。挑戦者の地元・韓国で行われたこの試合は、序盤から王者が何度もクリーンヒットを受け膝を揺らす挑戦者有利の展開となったが、11Rに王者が猛反撃で挑戦者にダウン寸前の大きなダメージを与えると、続く12Rにロープに詰めて滅多打ちにしたところでレフェリーが試合を止めた。このレフェリーの裁定に納得のいかない観客が不満を爆発させ、リング内になだれ込みレフェリーを殴り倒すという暴動騒ぎとなった。

1977年4月23日、すでに金銭的トラブルからクーヨ・エルナンデスと袂を分かっていたサモラは、元同門のWBC世界バンタム級王者カルロス・サラテとノンタイトル戦で対戦。サモラのここまでの戦績は29戦全KO勝利というパーフェクトレコード。対するサラテも45戦全勝44KOとサモラと遜色のないレコード。高いKO率を誇る無敗の世界王者同士のライバル対決に世界の注目が集まった。試合開始から激しくパンチを交換し、1R、2Rと互角の打ち合いを展開していたが、次第にパンチの的確さとディフェンス力で上回るサラテが試合を支配。3R終了間際にコンビネーションを浴びて最初のダウンを喫すると、立ち上がったところを連打に晒されダメージを追加される。ここは辛くもゴングに救われたが4R開始早々に再びダウンを奪われると試合は一方的な展開に。さらに連打を浴び3度目のダウンを喫したところでセコンドのアルフォンソ・サモラSrがタオルを投入し、30戦目で初の敗北となった。なお余談だが、この試合の開始直後に下着姿の男がリング内に乱入し、試合が一時中断された他、試合終了後に両陣営が乱闘騒ぎを起こすなどのハプニングがあった。

このライバル対決での敗北を境にサモラは生彩を失い、勝ち負けを繰り返すこととなる。

1977年11月19日、6度目の防衛戦で伏兵ホルヘ・ルハンにまさかの10RKO負けで王座陥落。中盤から挑戦者にペースを握られると10Rにダウンを奪われ戦意喪失。座ったまま首を横に振り、そのまま10カウントを聞いた。

1978年10月26日、ここまで29戦を戦い敗戦は負傷判定での1敗のみという世界ランカーのアルベルト・サンドバル(アメリカ)との対戦に8RKO勝利で、健在ぶりを示した。

1979年7月22日、ルハン戦後、3連勝を経て、WBC世界ライトフライ級王座に2度挑戦経験のあるファン・アルバレス(メキシコ)と対戦。5Rにバッティングでアルバレスが試合続行不可能となると、サモラの反則失格が宣告され3敗目を喫した。

1979年11月16日、WBC世界バンタム王座挑戦者決定戦でエディ・ローガン(アメリカ)と対戦。6Rに先にダウンを奪ったが、8Rに2度倒し返されると、続く9Rにレフェリーが試合を止め、連敗となった。

1980年9月19日に3RKO負けで5度目の敗北を喫すると、この試合を最後に引退。まだ26歳という若さであった。

2005年世界ボクシング殿堂に殿堂入り。

戦績[編集]

アマチュア[編集]

54勝(45KO、RSC)1敗

1972 ミュンヘンオリンピック
階級 回戦数 勝敗 内容 対戦相手 国籍
バンタム級 1回戦 2RKO リカルド・フォルタレーザ フィリピンの旗 フィリピン
2回戦 3R判定 ステファン・フォルステル 西ドイツの旗 西ドイツ
3回戦 3RKO フアン・フランシスコ・ロドリゲス スペインの旗 スペイン
準決勝 3R判定 リチャード・カレラス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
決勝 3R判定 オルランド・マルティネス キューバの旗 キューバ

プロ[編集]

38戦33勝(32KO)5敗

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1973年4月16日 2R KO エラクリオ・アマヤ メキシコの旗 メキシコ デビュー戦
2 1973年6月2日 3R TKO アントニオ・エンリケス メキシコの旗 メキシコ -
3 1973年6月25日 2R KO ファン・ラモン・ペレス メキシコの旗 メキシコ -
4 1973年7月8日 1R KO シスト・エスケーダ メキシコの旗 メキシコ -
5 1973年8月21日 1R KO パハリト・プラセンシア メキシコの旗 メキシコ -
6 1973年9月15日 3R KO クルス・ヴェガ メキシコの旗 メキシコ -
7 1973年10月10日 2R KO トルティリョ・アルメンタ メキシコの旗 メキシコ -
8 1973年10月30日 2R KO フリオ・ロメロ アルゼンチンの旗 アルゼンチン -
9 1973年12月11日 9R KO サルバドル・ロサノ メキシコの旗 メキシコ -
10 1974年1月23日 2R KO ペドロ・ララ メキシコの旗 メキシコ -
11 1974年2月24日 3R TKO フェリックス・カストロ メキシコの旗 メキシコ -
12 1974年3月31日 3R KO 川上哲郎 日本の旗 日本 -
13 1974年4月17日 2R TKO ペドロ・イバネス メキシコの旗 メキシコ -
14 1974年5月7日 3R KO セサール・オルドネス メキシコの旗 メキシコ -
15 1974年5月25日 2R TKO ラウル・ティラド メキシコの旗 メキシコ -
16 1974年7月9日 6R KO 内山真太郎 日本の旗 日本 -
17 1974年8月31日 1R KO アドリアン・サパンタ メキシコの旗 メキシコ -
18 1974年10月5日 2R KO フランシスコ・ヴィレガス プエルトリコの旗 プエルトリコ -
19 1974年11月23日 3R TKO ホセ・アントニオ・ロサ プエルトリコの旗 プエルトリコ -
20 1975年2月4日 4R KO タニー・アマンシオ メキシコの旗 メキシコ -
21 1975年3月14日 4R 2:37 KO 洪秀煥 韓国の旗 韓国 WBA世界バンタム級王座獲得
22 1975年6月2日 10R TKO ホルヘ・トーレス メキシコの旗 メキシコ -
23 1975年8月3日 5R 2:11 TKO タノムチット・スコタイ タイの旗 タイ WBA世界バンタム級王座 防衛1
24 1975年12月6日 2R 2:55 KO ソクラテス・ベトト フィリピンの旗 フィリピン WBA世界バンタム級王座 防衛2
25 1976年4月3日 2R 1:03 KO エウセビオ・ペドロサ パナマの旗 パナマ WBA世界バンタム級王座 防衛3
26 1976年7月10日 3R KO ヒルベルト・イリュエカ パナマの旗 パナマ WBA世界バンタム級王座 防衛4
27 1976年9月5日 3R KO カンディド・サンドバル メキシコの旗 メキシコ -
28 1976年10月16日 12R 2:11 TKO 洪秀煥 韓国の旗 韓国 WBA世界バンタム級王座 防衛5
29 1977年2月12日 2R KO アレハンドロ・オレヘル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 -
30 1977年4月23日 4R 1:11 TKO カルロス・サラテ メキシコの旗 メキシコ -
31 1977年11月19日 10R 2:51 TKO ホルヘ・ルハン パナマの旗 パナマ WBA世界バンタム級王座 陥落
32 1978年6月23日 6R KO エクトール・メディナ メキシコの旗 メキシコ -
33 1978年10月26日 9R 2:59 TKO アルベルト・サンドバル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 -
34 1979年1月18日 10R 判定 ルイス・ロサリオ プエルトリコの旗 プエルトリコ -
35 1979年7月22日 5R 反則 ファン・アルバレス メキシコの旗 メキシコ -
36 1979年11月16日 9R TKO エディ・ローガン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBC世界バンタム級王座 挑戦者決定戦
37 1980年7月17日 3R KO メルビン・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 -
38 1980年9月19日 3R TKO リゴベルト・エストラーダ メキシコの旗 メキシコ -

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
洪秀煥
第61代WBA世界バンタム級王者

1975年3月14日 - 1977年11月19日

次王者
ホルヘ・ルハン