アブデルマーレク・セラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブデルマーレク・セラール
عبد المالك سلال
Abdelmalek Sellal-IMG 3477.jpg
生年月日 1948年8月1日(65歳)
出生地 フランスの旗 フランス領アルジェリアコンスタンティーヌ
所属政党 アルジェリア民族解放戦線

任期 2012年9月3日 - 2014年3月13日
元首 アブデルアジズ・ブーテフリカ
テンプレートを表示

アブデルマーレク・セラールアラビア語: عبد المالك سلال‎, フランス語: Abdelmalek Sellal, 1948年8月1日 - )は、アルジェリア政治家[1]。前首相(2012年9月3日 - 2014年3月13日)[2][3][4]

経歴[編集]

内務大臣(1998年-1999年)、青年・スポーツ大臣(1999年-2001年)、公共事業大臣(2001年-2002年)、運輸大臣(2002年-2004年)、水資源大臣(2004年-2012年)などを歴任した[1]

セラールはテクノクラートとみなされている。また2004年と2009年のアブデルアジズ・ブーテフリカ大統領の選挙運動に関わり、特に2004年の選挙では選対首脳を務めるなど、ブーテフリカの側近としても知られている[5][6][7]。2012年9月3日にブーテフリカより首相に指名された。

2013年1月に発生したアルジェリア人質事件では、電話会談で人命優先の立場から犯人グループ狙撃に反対を要請していた日本安倍晋三総理やアメリカ合衆国ヒラリー・クリントン国務長官らの意見を反故にし犯人グループの狙撃を強行。結果として多数の犠牲者が出た事から一部マスコミなどから強く批判された。

脚注[編集]

公職
先代:
アフメド・ウーヤヒヤ英語版
アルジェリアの旗 アルジェリア民主人民共和国首相
2012年 - 2014年
次代:
ユーセフ・ユスフィ英語版