アストロターフィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アストロターフィング: Astroturfing)とは、団体・組織が背後に隠れ、自発的な草の根運動に見せかけて行う意見主張・説得・アドボカシーの手法である。人工芝運動人工草の根運動偽草の根運動Artificial/Fake Grass Roots)などとも言われる。

政治的目的に限らず、商業的な宣伝マーケティングの手法として、一般消費者の自発的行動を装ったやらせの意味でも用いられる[1]

語源[編集]

アストロターフィングという言葉は、アメリカ合衆国で販売されている人工芝の商品名「アストロターフ」に由来する造語である。アメリカの政治家ロイド・ベンツェン1985年に考案したと考えられている[2]

具体的手法[編集]

アストロターフィングの手法としては、一般市民を装って多量の意見書簡を送りつける方法が古典的なものである。用語の考案者であるベンツェンは、自身が経験した特定企業が背後にあると思われるこの種の書簡による働きかけを表現するために、本物の草の根運動の芝生と「アストロターフ」の比喩を用いた[2]電話電子メールを使っても同様の行為が行われている。

また、第三者の名義を用い、公平な立場を装って評論をマスメディアに寄稿することで宣伝を図る行為も、アストロターフィングにあたる。この場合の第三者は、実際には宣伝をしようとする者の関連団体などであるが、関係を隠して中立的な立場を装っている[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]