アイク・クォーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイク・クォーティ
基本情報
本名 Isufu Quartey
通称 バズーカ
階級 ウェルター級
国籍 ガーナの旗 ガーナ
誕生日 1969年11月27日(44歳)
出身地 ガーナの旗 ガーナBukom
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 42
勝ち 37
KO勝ち 31
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

アイク・クォーティIke Quartey、男性、1969年11月27日 - )は、ガーナ出身のプロボクサー。元WBA世界ウェルター級チャンピオン。身長171cm。高く堅いガードから繰り出される目にも止まらぬ高速ジャブと破壊力のある右ストレートが武器で、異名はバズーカ

30戦全勝の王者エスパーニャに、25戦全勝の1位クォーティが挑む全勝同士の一戦において11回に衝撃的なKO劇で奪取した。彼には並の世界ランカーでは触れることすら困難を極めた。現に、日本で吉野弘幸を相手にOPBF東洋太平洋ウェルター級王座の防衛戦を行い、ほぼ一方的な内容で8RTKO勝ちした朴政吾韓国)を相手に行われた1995年3月4日のWBA世界ウェルター級タイトルマッチで、クォーティは朴をジャブだけで圧倒している(4RTKO勝ち)。

1997年10月17日、ホセ・ルイス・ロペスメキシコ)を相手に7度目の防衛戦を行うも、2度のダウンを奪われた末の引き分けで辛くも防衛。WBAからは再戦命令が出ていたが、クォーティは破格のファイトマネーを保証されたオスカー・デ・ラ・ホーヤとのビッグマッチを強行したため、1998年8月に同王座を剥奪される。

1999年2月13日、WBC世界ウェルター級王者のオスカー・デ・ラ・ホーヤに挑戦する形でビッグマッチが実現。当初はクォーティが王座を剥奪された直後の1998年秋頃に実現していたはずのカードだが、デラホーヤの突然の負傷により試合は延期となり、この結果クォーティは1年以上も試合から遠ざかった状態で当日を迎えることになった。試合は最終ラウンドまで両者全くの互角の勝負だったが、12Rにデラホーヤがクォーティからダウンを奪い、このダウンが響き判定負け。

その後一階級上げて2000年4月15日にIBF世界スーパーウェルター級王者のフェルナンド・バルガス米国)に挑むも12R判定負け。

2006年12月6日のロナルド・ライト戦で12R判定負けを喫して以降、リングには上がっていない。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
クリサント・エスパーニャ
第53代WBA世界ウェルター級王者

1994年6月4日 - 1998年8月(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ジェームス・ペイジ