そして、ひと粒のひかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そして、ひと粒のひかり
Maria Full of Grace
監督 ジョシュア・マーストン
脚本 ジョシュア・マーストン
製作 ポール・S・メゼイ
出演者 カタリーナ・サンディノ・モレノ
音楽 ジェイコブ・リーバーマン
レオナルド・ヘイブルム
撮影 ジム・デノールト
編集 アン・マカビー
リー・パーシー
配給 ムービーアイ
公開 コロンビアの旗 2004年4月2日
アメリカ合衆国の旗 2004年7月16日
日本の旗 2005年10月15日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロンビアの旗 コロンビア
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

そして、ひと粒のひかり(Maria Full of Grace)は2004年に制作されたアメリカ・コロンビア合作映画。生活のために麻薬の運び屋になる17歳のコロンビア人少女を描き、衝撃を与えた。2004年のサンダンス映画祭観客賞を受賞。

主演のカタリーナ・サンディノ・モレノは800人以上の中からオーディションを勝ち抜き、コロンビア人として初めてアカデミー賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭女優賞、インディペンデント・スピリット賞などを受賞。監督のジョシュア・マーストンもベルリン国際映画祭などで賞を受賞、高い評価を得た。

ストーリー[編集]

コロンビアの17歳の少女マリアは貧しい家族を支えるため、農場で単調な仕事をしていた。しかしある日マリアは、自分が大して好きでもないボーイフレンドの子供を妊娠していることに気づく。更に、些細なトラブルが元で仕事を辞めざるを得なくなってしまう。仕事を求めてボゴタに向かう途中、マリアは "mule" (ミュール)という仕事をしないかと誘われる。それは麻薬の袋を飲み込み、密輸するという危険な仕事だった。

キャスト[編集]

  • マリア:カタリーナ・サンディノ・モレノ
  • ルーシー:ギリエド・ロペス
  • ブランカ:イェニー・パオラ・ベガ
  • フランクリン:ジョン・アレックス・トロ
  • カルラ:パトリシア・ラエ
  • ドン・フェルナンド:オーランド・トーボン
  • ハビエル:ジェイム・オゾリオ・ゴメス
  • ホアン:ウィルソン・グエレロ

賞歴[編集]

受賞[編集]

  • 2004年
    • ベルリン国際映画祭 銀熊賞/アルフレッド・バウアー賞
    • カルタヘナ国際映画祭 主演女優賞/審査員特別賞
    • ゴッサム賞 ブレイクスルー女優賞/ブレイクスルー監督賞
    • ドーヴィルアメリカ映画祭 国際批評家賞/観客賞
    • シアトル国際映画祭 主演女優賞
    • サンダンス映画祭 観客賞
    • サンパウロ国際映画祭 国際審査員賞
    • ニューポート国際映画祭 審査員賞
    • シカゴ映画批評家協会賞 CFCA賞
    • ロサンゼルス映画批評家協会 新人監督賞/新人女優賞
    • ニューヨーク映画批評家協会 第一回作品賞
    • サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞
    • シアトル映画批評家協会賞 外国語映画賞
    • トロント映画批評家協会賞 外国語映画賞
    • ワシントン映画批評家協会賞 外国語映画賞
  • 2005年
    • インディペンデント・スピリット賞 主演女優賞/第一回脚本賞
    • アルゼンチン映画批評家協会賞 シルバーコンドル賞(外国語映画部門)
    • オンライン映画批評家協会賞 ブレイクスルー女優賞

ノミネート[編集]

外部リンク[編集]