すき。だからすき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すき。だからすき
漫画:すき。だからすき
作者 CLAMP
出版社 角川書店
掲載誌 ミステリーDX
レーベル あすかコミックス
巻数 全3巻
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

すき。だからすき』は、『ミステリーDX』に連載されたCLAMP漫画作品。

キャラクターデザインのほとんどをもこなが担当しているCLAMP作品では数少ない猫井椿[1]のデザインによる作品である。全三巻。

登場人物[編集]

旭ひなた(あさひ ひなた)
おっとりした外見とは裏腹に、成績優秀・運動神経抜群な高校1年生。資産家生まれのお嬢様。一人暮らしなのは、誘拐で迷惑をかけたくなかったから。ある日、隣に引っ越してきた麻生に恋心を抱き始める。
麻生史郎(あそう しろう)
ひなたの父親からひなたのボディーガードを依頼され、隣家に引っ越してきた。ひなたの学校の臨時職員でもある。昔は警察でSPをしていたが、あることをきっかけに退職している。
篠原燈子(しのはら とうこ)
ひなたが何度も「誘拐」されていることを知っており、今の学校に一緒に転校してきたひなたの幼馴染み。麻生に疑惑の念を抱いている。
岸谷笑(きしたに えみ)
ひなた達の友人。親の仕事の失敗で多額の借金が出来ていた。「誘拐」されては金を払っていることを燈子から聞き、ひなたを誘拐する。
奈宮智秋(なみや ともあき)
「くま」シリーズの絵本作家。祈津の雇い主。
祈津昌也(きづ まさや)
麻生の元同僚にして、奈宮の専属ボディーガード。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 連載当時は猫井みっく。