かしこいメンドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かしこいメンドリ
The Wise Little Hen
監督 ウィルフレッド・ジャクソン
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 フローレンス・ギル
音楽 リー・ハーライン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1934年6月9日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 赤ずきんちゃん
次作 空飛ぶネズミ
テンプレートを表示

かしこいメンドリ』(原題:The Wise Little Hen)は、アメリカ1934年6月9日に公開されたウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)制作のアニメーション短編映画作品である。シリー・シンフォニーシリーズの第45作。

概要[編集]

イギリスに伝わるおとぎ話『ちいさなあかいめんどり』 (The Little Red Hen) を原作とする。同話に登場する怠け者のネコイヌネズミをディズニー独自のキャラクターに置き換え、この教訓とも言うべき話をコミカルに表現している。

また、現在ディズニーの顔としてよく知られたキャラクターであるドナルドダックのスクリーンデビュー(初登場)作品でもある。この映画の公開日である1934年6月9日は公式にドナルドの誕生日とされている。

あらすじ[編集]

ある日、メンドリはトウモロコシを育てようと種蒔きをしようとしたが、自分と子供のヒヨコ達だけでは大変な為、友達であるブタピーター・ピグドナルドダックの家を訪ね、種蒔きを手伝ってもらうよう頼む。しかし2人は突然腹痛を訴え種蒔きの手伝いを断る。仕方なく、メンドリは自分と子供たちだけで種蒔きを行った。

しばらく経ち、トウモロコシは立派に成長し収穫の段階となる。メンドリはやはり自分たちだけでは大変という事でピーターとドナルドに手伝いを頼むものの、またも2人とも同じように突然の腹痛を訴え手伝いを断った。またしても自分たちだけでトウモロコシの収穫を行うこととなった。

メンドリたちのトウモロコシ収穫は大豊作に終わる。トウモロコシを料理し、子供たちと料理を食べようとしたメンドリだが、あることを思い付き、ピーターとドナルドの所へ出かける。踊っていたピーターとドナルドに「収穫したトウモロコシが大豊作で自分たちだけでは食べきれないので食べるのを手伝ってくれ」と言う。すると、お腹が痛いと言っていたピーターとドナルドは急に態度を変え、手伝う気満々に。

そこでメンドリは、ピーターとドナルドにある箱を差し出す。中に入っていたのは腹痛薬であった。メンドリは2人が力仕事を手伝うのが嫌で仮病を使っていたことを知っており、仮病などを使って手伝ってくれなかったことに対する仕返しのためにわざとやってきたのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 吹き替え版
メンドリ フローレンス・ギル 滝沢ロコ
ピーター・ピグ パット・カシュマン 島香裕
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 山寺宏一

日本での公開[編集]

収録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d BCDBでの作品解説ページより。
  2. ^ a b c d e IMDBでの作品解説ページより。

外部リンク[編集]