V601SH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vodafone V601SH
V601SH Red.jpg
V601SH ブレイズレッド
V601sh blue.JPG
V601SH ブリリアントブルー
キャリア Vodafone
製造 シャープ
発売日 2003年12月12日
概要
音声通信方式 PDC
(1.5GHz)
形状 折りたたみ型
サイズ 99 × 49 × 25 mm
質量 約117 g
連続通話時間 約130分
連続待受時間 約400時間(折りたたみ時)
充電時間 約110分
内部メモリ 6MB
外部メモリ SDメモリカード対応
日本語入力 ケータイShoin2
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 システム液晶
解像度 QVGA(320×240ドット)
サイズ 約2.4インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
方式 GFカラー液晶
解像度 96×64
サイズ 約1.2インチ
表示色数 約65,536色
メインカメラ
画素数・方式 202万画素画素CCD
機能 オートフォーカス
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
ブレイズレッド
ラスターシルバー
ブリリアントブルー
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

V601SH(ブイロクマルイチエスエイチ)は、シャープが製造し、ソフトバンクモバイル(旧・ボーダフォン日本法人)が販売するPDC通信方式の携帯電話端末である。

特徴[編集]

V601SHはJ-PHONEからボーダフォンへとブランド変更が進む中で発売されたシャープ製V6xxシリーズの第一号機である。ボーダフォン初となる200万画素クラスのCCDカメラ機能(オートフォーカス付)を内蔵した機種であると共に、QVGA液晶、SDメモリカード対応、SD-Audio再生といった多くの機能を搭載した事から、発売開始した2003年12月の時点のボーダフォン端末ラインナップ上ではハイエンド端末に位置づけられた。また、本端末で撮影した動画や写真をテレビに出力する機能も搭載している。

J-SH53より使い勝手の面でソフトウェアに大幅な改良が加えられ、他の操作中であっても、受信したメールを表示し、返信するといった、限定的なマルチタスク機能等を有した。 また、J-SH53でもMpeg4形式の動画は再生できたが、V601SHではマルチメディアチップを別に備え、QVGA,15fpsといった高画質での動画再生が可能になった。

この後一時期の間、Vodafone向けハイエンド端末のカメラはズーム機能の代わりに画質が劣化してしまった他、背面大型カラー液晶の廃止などの事から、当機種は一部から根強い支持を得た。

付属品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]