Trac

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Trac
Trac logo.png
開発元 Edgewall Software
最新版
1.4.2 / 2020年6月17日 (12か月前) (2020-06-17) [1]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Python
対応OS クロスプラットフォーム
種別 プロジェクト管理
ライセンス 修正BSDライセンス
公式サイト trac.edgewall.org ウィキデータを編集
テンプレートを表示

Trac(トラック)は、ソフトウェアのプロジェクト管理バグ追跡のためのツールである。ウェブベース、オープンソースであり、CVSTracに影響を受けた。Edgewall Softwareにより開発され、保守されている。

TracはPythonにより実装されている。2005年の中ごろまではGPLで配布されていたが、バージョン0.9以降は修正BSDライセンスで配布されている[2]。 修正BSDライセンスとGPLは、どちらもフリーソフトウェアライセンスである。

Windows環境向けにはWindows上にSVN/Trac含めた環境を簡単に構築できるTrac Lightningがある。

機能[編集]

Tracはバグデータベースバージョン管理ウィキ間のハイパーリンク情報を提供する。 また、SubversionGitMercurialBazaarといったバージョン管理システムへのウェブインタフェースも提供する。またテスト管理システムTestLinkとも連携可能。 現在のバージョンのTrac(0.11以降)では、フロントエンドにGenshiというテンプレートシステムを用いている。0.10以前はClearSilverというテンプレートシステムを標準で利用していた。[3]

その他の機能:

  • プロジェクト管理(ロードマップ、マイルストーンなど)
  • チケットシステム(バグトラッキング、タスク)
  • きめこまやかなパーミッション設定(ver 0.11以降)
  • 最近の活動のタイムライン
  • ウィキMoinMoinに似た文法)
  • カスタマイズ可能なレポート
  • VCS Webインタフェース
  • RSSフィード
  • 複数プロジェクトのサポート
  • iCalendarのエクスポート
  • 複数リポジトリのサポート(ver 0.12以降)
  • インタフェースのローカリゼーション(ver 0.12以降)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ TracChangeLog – The Trac Project” (英語) (2020年6月17日). 2021年5月9日閲覧。
  2. ^ TracLicense - The Trac Project”. Edgewall Trac. 2007年3月6日閲覧。
  3. ^ ClearSilver - The Trac Project”. Edgewall Trac (2007年1月27日). 2007年2月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]