PukiWiki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PukiWiki
PukiWiki.png
開発元 PukiWiki Development Team
最新版
1.5.4 / 2022年3月30日 (52日前) (2022-03-30)
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
PHP
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サイズ 約0.4MB(圧縮)
対応言語 多言語
種別 ウィキソフトウェア
ライセンス GPLv2+
公式サイト pukiwiki.osdn.jp
テンプレートを表示

PukiWiki(プキウィキ)は、日本国産のオープンソースウィキソフトウェアPHPで実装されており、データベース不要の手軽さと軽快な動作を特色とする。

概要[編集]

Perlで開発された日本語対応ウィキソフトウェアYukiWikiの、yu-jiによるPHP移植版として2001年に誕生。2002年にオープンソース化されてからは有志(PukiWiki Development Team)が保守を担っている。PHPの普及とともに利用者を増やし、各種メディアにたびたび紹介されるなど、2003年には日本語ウィキソフトウェアの定番の地位を確立した[1][2][3][4]

2006年公開のバージョン1.4.7以降長らく更新が途絶えていたが、2014年にPHP5.5対応のバージョン1.5をリリース。以来、主に最新版PHPとの互換性を維持するよう保守が続けられている。

特徴[編集]

  • PHPで実装されている。最新版はPHP4.1〜PHP8.1に対応。
  • UTF-8国際化機構により多言語に対応。旧バージョンとの互換のためEUC-JP版も用意されている。
  • ページの内容はテキストファイル形式で保存され、データベース管理システム(DBMS)を必要としない。画像などのバイナリファイルも各ページに紐付けられてファイル保存される。
  • プラグインにより機能を拡張することができる(標準機能の多くもプラグインとして実装されている)。
  • スキンにより見た目や使い勝手を変更することができる。
  • フィーチャー・フォン(携帯電話)から利用するためのスキンも標準で用意されている。
  • tDiary用スキンを利用することができる。
  • インターウィキに対応している。
  • 更新間隔・回数に基づく自動バックアップ機能を備える。
  • ユーザー/グループ認証機能を備え、ページごとにアクセス制限を施すことができる。
  • LDAPSAMLなどの認証フレームワークと連携でき、ユーザーの一元管理やシングルサインオンが可能。
  • GPLに基づくオープンソースのフリーソフトウェアとして頒布されている。

バージョン履歴[編集]

出力するHTMLの仕様で系統が分かれる。1.3系はHTML4.01、1.4系はXHTML1.1、1.5系はHTML5に準拠。

バージョン リリース日 対応PHP 主な変更点 出典
1.3.1 PHP4
  • 更新衝突時処理改善
  • 自動テンプレート機能追加
[5]
1.3.2 2002年7月15日 PHP4
  • 各種修正
[6]
1.3.3 2002年12月28日 PHP4
  • 各種修正
[7]
1.3.4 2003年3月18日 PHP4
  • 各種修正
[8]
1.3.5 2003年5月28日 PHP4
  • 各種修正
[9]
1.3.6 2003年11月10日 PHP4
  • 各種修正
[10]
1.3.7 2004年4月4日 PHP4
  • 各種修正
[11]
1.4.0 2003年11月3日 PHP4.1
  • 記述形式強化
  • 自動リンク機能追加
  • 検索単語ハイライト表示
  • ユーザー認証機能強化
  • 添付ファイルロック機能追加
  • トラックバック対応
  • フィーチャー・フォン対応
  • テンプレート文字列置換機能追加
  • メール通知機能追加
[12]
1.4.1 2003年11月10日 PHP4.1
  • 各種修正
[13]
1.4.2 2003年11月17日 PHP4.1
  • 各種修正
[14]
1.4.3 2004年4月4日 PHP4.1 [15]
1.4.4 2004年9月4日 PHP4.1 ~
PHP5
  • PHP5対応
  • EZwebPDA端末対応
  • セキュリティ向上
[16]
1.4.5 2005年2月1日 PHP4.1 ~
PHP5
  • 制限機能追加
  • 国際化対応
  • RSS2.0対応
[17]
1.4.6 2005年10月31日 PHP4.1 ~
PHP5
  • 各種修正
[18]
1.4.7 2006年6月22日 PHP4.1 ~
PHP5
  • UTF-8対応(EUC-JP版と並行リリース)
  • 負荷軽減
[19]
1.5.0 2014年7月19日 PHP4.1 ~
PHP5.5
  • PHP5.5対応
[20]
1.5.1 2016年3月7日 PHP4.1 ~
PHP7.0
  • PHP7.0対応
  • ユーザー/グループ管理機能追加
[21]
1.5.2 2019年3月1日 PHP4.1 ~
PHP7.3
  • PHP7.1, 7.2, 7.3対応
  • AutoTicketLink機能追加
  • SAML認証対応
  • テキスト検索機能改善
  • ページリダイレクト機能追加
[22]
1.5.3 2020年3月30日 PHP4.1 ~
PHP7.4
  • PHP7.4対応
  • 標準スキン改善
    • スマートフォン対応
    • 3カラムレイアウト対応
  • AutoAlias機能追加
[23]
1.5.4 2022年3月30日 PHP4.1 ~
PHP8.1
  • PHP8.0, 8.1対応
  • URLカスタマイズ機能追加
  • 日本語URL自動リンク対応
[24]

[25]


脚注・出典[編集]

  1. ^ 増井 雄一郎,天野 龍司,大河原 哲,miko 『PukiWiki入門―まとめサイトをつくろう!』(初版)翔泳社、2006年4月12日、第1章 PukiWikiってなんだろう?。ISBN 4-7981-0922-3 
  2. ^ 福田 和宏 (2004年5月13日). “[特選フリーソフト]Webコミュニケーション・ツール PukiWiki(上)”. 日経クロステック. 2022年4月30日閲覧。
  3. ^ PukiWikiについて”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  4. ^ 過去のNews”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  5. ^ PukiWiki 1.3.1”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  6. ^ PukiWiki 1.3.2”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  7. ^ PukiWiki 1.3.3”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  8. ^ PukiWiki 1.3.4”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  9. ^ PukiWiki 1.3.5”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  10. ^ PukiWiki 1.3.6”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  11. ^ PukiWiki 1.3.7”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  12. ^ PukiWiki 1.4”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  13. ^ PukiWiki 1.4.1”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  14. ^ PukiWiki 1.4.2”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  15. ^ PukiWiki 1.4.3”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  16. ^ PukiWiki 1.4.4”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  17. ^ PukiWiki 1.4.5”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  18. ^ PukiWiki 1.4.6”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  19. ^ PukiWiki 1.4.7”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  20. ^ PukiWiki 1.5.0”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  21. ^ PukiWiki 1.5.1”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  22. ^ PukiWiki 1.5.2”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  23. ^ PukiWiki 1.5.3”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  24. ^ PukiWiki 1.5.4”. PukiWiki公式サイト. 2022年4月7日閲覧。
  25. ^ 樽井 秀人 (2022年3月31日). “国産のWikiソフト「PukiWiki」が2年ぶりにバージョンアップ、「PHP 8.0/8.1」に対応”. 窓の杜. 2022年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]