PukiWiki

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PukiWiki
開発元 PukiWiki Development Team
最新版 1.5.3 / 2020年3月30日(6か月前) (2020-03-30
リポジトリ ja.osdn.net/projects/pukiwiki/scm/git/pukiwiki/
プログラミング言語 PHP
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 多言語
種別 ウィキソフトウェア
ライセンス GNU General Public License
公式サイト pukiwiki.osdn.jp
テンプレートを表示

PukiWiki(プキウィキ)は、日本国産のオープンソースウィキソフトウェアPHPで書かれており、データベース不要の手軽さを特徴とする。

概要[編集]

Perlで開発されたYukiWikiの、yu-jiによるPHP移植版として誕生した。現在は、有志から成るPukiWiki Development Teamによって保守・拡張されている。

2006年10月公開のバージョン1.4.7以降更新が途絶えていたが、8年弱を経た2014年7月にPHP5対応のバージョン1.5がリリースされた。以来、2016年3月にPHP7対応の1.5.1、2019年3月にPHP7.3対応の1.5.2がリリースされるなど、ペースこそ緩いものの着実にアップデートされている。

特徴[編集]

  • PHPで実装されている。PHP4.1〜PHP7.4に対応。
  • UTF-8により多言語に対応している。旧バージョンとの互換のためEUC-JP版も用意されている。
  • ページの内容はテキストファイル形式で保存され、データベース管理システムを別途必要としない。画像などのバイナリファイルも各ページに紐付けられてファイル保存される。
  • プラグインにより機能を拡張することができる。
  • スキンにより見た目や使い勝手を変更することができる。
  • フィーチャー・フォンから利用するためのスキンも標準で用意されている。
  • インターウィキに対応している。
  • 更新間隔・回数に基づく自動バックアップが可能である。
  • GPLに基づくオープンソースのフリーソフトウェアとして頒布されている。
  • ユーザー/グループ認証機能を備え、ページにアクセス制限を施すことができる(バージョン1.5.1以降)。

派生版[編集]

  • xpWiki - nao-ponによるXOOPS組み込み向けの派生版(1.4.8_alphaベース)PHP5.3対応。
  • PukiWiki Mod - ishiiにより開発されnao-ponによりメンテナンスがされているXOOPS組み込み向けの派生版(1.3xベース)
  • B-Wiki(Built-in PukiWiki) - ishiiによるXOOPS組み込み向けの派生版(1.4xベース)(開発終了)
  • Quick Homepage Maker(Built-in PukiWiki) - 北摂情報学研究所による派生版のCMS。(1.4xベース)
  • siteDev - 1.4.2ベースのCMS。1.4.6ベースの siteDev2 もある
  • PukiWiki Plus! - mikoらによる国際化&高機能改造。Git版はPHP5.4対応。
  • PukiWiki Advance - LogueによるPukiWiki Plus! i18nの派生版。PHP5.5対応。
  • PukioWikio - ぃぉぃぉによる私的改造版
  • PyukiWiki - Perl言語で書かれたPukiWiki

関連項目[編集]

外部リンク[編集]