3アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The O2 (ダブリン)から転送)
移動先: 案内検索
3アリーナ
3Arena
The O2, Dublin - geograph.org.uk - 1670682.jpg
旧名称 ポイント劇場: Point Theatre、1988 – 2007)
The O2 (2008 – 2014)
概要
所在地 3アリーナ
イースト・リンク・ブリッジ
ノースウォール埠頭
ダブリン[注 1]
アイルランド
完成 2008年12月
開業 2008年12月
所有者 ライブ・ネイション
高さ 28m
設計・建設
建築家 HOK SVE(現POPULOUS(2009年 - ))
保守技術者 ビューロハッポルド・エンジニアリング英語版
他の情報
収容人員 全員着席時:9,500人
着席 + 立ち見:14,500人
ウェブサイト
公式ウェブサイト(英語)
画像外部リンク
en:File:3Arena logo.png - 劇場のロゴ

3アリーナ(スリーアリーナ、: 3Arena)は、アイルランドダブリンダブリン・ドックランズ英語版、ノースウォール埠頭にある劇場。かつてのポイント劇場跡地に建てられ、2008年12月16日に開業した。旧称は "The O2"(2008年 - 2014年)であった。

概要[ソースを編集]

1988年から2007年まで同じ場所にあったコンサート会場、ポイント劇場の跡地に建てられ[1]、外装の一部を残して拡張建設された。ポイント劇場は、元々鉄道の貨物駅だったことから、「ポイント駅」( ": The Point Depot" )との愛称で知られていた。

2008年から2014年まで、この劇場は "The O2" との名称だった。最大収容人数14,500人は、アイルランドの屋内アリーナとして最大のものである。スリー・アイルランド英語版による O2アイルランド英語版の買収に伴い、2014年9月14日に現行の「3アリーナ」へ改称した[2][3]

現在建物はライブ・ネイションに所有されている。2011年には、67万枚のチケット売り上げによって、世界で5番目に忙しいアリーナとして認定された[4]。これはロンドンThe O2マンチェスター・アリーナアントワープスポーツパレスメルボルンロッド・レーバー・アリーナに次ぐ数字である。

改称[ソースを編集]

2007年のポイント劇場閉鎖後、建物の大改装が行われた。続いて、ロンドンThe O2同様に、テレフォニカ・ヨーロッパ英語版の通信ブランド『The O2』が命名権を取得し改称された[5]。2008年に O2は、10年間の命名権に対し25万ユーロを支払った[6]

2014年6月に通信サービスブランドのO2アイルランド英語版 が、ライバル社スリー・アイルランド英語版に売却されたことに伴い、この劇場も2014年9月4日に「3アリーナ」へと改称された[2][3]

構造とデザイン[ソースを編集]

この劇場は立ち見を含め14,500人以上、全員着席時に9,500人という収容人数を誇る。移動式座席が格納された場合には、固定座席分に加え、ステージ前に8,000人分の立ち見席を作ることが出来る。最も奥の座席はステージから60メートルの場所にあり、これは以前のポイント劇場に比べ20メートル分近い。座席アレンジによっては、ローマコロッセウムのようにステージ周辺をファンが囲むようにもできる。劇場内にはボックス席は無く、舞台裏は実質的なトラック用搬入口になっている[7]。アルコールは、未成年飲酒を防ぐため劇場に設けられた、ハイ・セキュリティ・エリア[注 2]で楽しむことができる[8]。改装前の収容人員は、6,300人(立ち見を含めて8,500人)だった。

ライブ・ネイション・アイルランドのCEO、マイク・アダムソンは、規模の制約から、以前の劇場で開催されたイベントではアイルランドのファンが不当に扱われていたとして、次のように述べた。

「以前はヨーロッパツアーの公演は、規模の問題のせいで、いつでもこの会場で受け入れられるとは限らなかった。今だってそうだ。受け入れられない公演だってある。例えば、ポイント[劇場]でのジョージ・マイケルの公演は、彼の作った物の3/4の規模でしかできなかった。でも今じゃ他のヨーロッパの劇場に引けを取らないよ」[注 3]

この劇場の開発者ハリー・クロスビーは、ポイント劇場は「建設当時のダブリンに合わせた」、劣った(: grungy)雰囲気だった[注 4]と述べた。更に、この劇場がより「しゃれた」人々のための、「度肝を抜く劇場」に生まれ変わると述べた[注 5]

劇場内のパノラマビュー

有名・歴史的な公演[ソースを編集]

3アリーナでの公演の様子

地元ダブリン出身のU2がこの劇場のこけら落としを飾り、招待客の前で、ボノジ・エッジが『魂の叫び』収録の『ヴァン・ディマンズ・ランド』、『ディザイアー』 (enを演奏した[9]

2008年12月16日のチャイルドライン・コンサート英語版が、このアリーナで最初に開催されたイベントとなった[10]

2010年9月には、ガンズ・アンド・ローゼズ: Guns N' Roses)のライブが行われた。このライブでは、開始が相当時間遅れたことに対する観客からの非難でボトルが投げ込まれ、バンドが公演を中断し議論を呼んだ。観客の多くはバンドへの非難から退出したが、ガンズ・アンド・ローゼズはその後会場へ戻り、公演を最後まで行った[11][12][13][14][15]

交通アクセス[ソースを編集]

アリーナ側は、公共交通機関を使って来場するよう呼びかけている[16]。駐車場は近隣のポイント橋英語版にあるものが推奨されている。劇場のウェブサイトには、フェリーサービス・シャトルバスが掲載されているほか、ダブリン・バス英語版151号線が劇場まで定期運行している。

コンサート後、大量の観客がアリーナから徒歩で帰るため、イベント後にはノース・ウォール埠頭英語版沿いに深刻な交通渋滞が発生する。この渋滞のために、アイルランド警察がノース・ウォール埠頭とイースト・リンク英語版・トール・ブリッジの自動車通行規制を行うこともある。

2009年12月8日には、ルアス・ライトレールのレッド・ライン英語版がアリーナ前の広場まで延伸開業した[17]スペンサー・ドック英語版の次、ターミナス(: Terminus)の前の駅である。またダブリン・エリア・ラピッド・トランジット英語版 (DART) のコノリー駅も、この劇場の最寄り駅である。これはリリー・アレンの曲でもこの情景が歌われている。ルアスの駅は現在「ザ・ポイント」(: The Point)と呼ばれている。

ダブリン空港から3アリーナに公共交通でアクセスするには、ダブリン・バス747線と、劇場の外に停まるエアコーチ英語版グレイストーンズ英語版またはダルキー英語版行きバスを使うことができる。他にも、劇場に向かう私営交通が走っている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ : 3Arena, East Link Bridge, North Wall Quay, Dublin
  2. ^ : high-security area
  3. ^ 原文は以下の通り。"It wasn't always possible to get every show touring in Europe into the venue because of restrictions. It is now. Some shows couldn't fit. For example, George Michael could only stage three-quarters of his production in the Point. We're up there now with other venues in Europe."
  4. ^ 原文:"The Point had had a "grungy" feel "which suited Dublin at the time."
  5. ^ 原文:"It would be a "stunning venue" created for a more "sophisticated" audience."

出典[ソースを編集]

  1. ^ “Meet the new venue on the block – The O2”. The Irish Times. (2008年7月2日). http://www.irishtimes.com/blogs/ontherecord/2008/07/02/meet-the-new-venue-on-the-block-the-o2/ 2008年9月20日閲覧。 
  2. ^ a b Brynmor Pattison (2014年9月4日). “Pictured: The O2 in Dublin is renamed as the 3Arena”. Irish Mirror. http://www.irishmirror.ie/news/irish-news/pictured-o2-dublin-renamed-3arena-4162656 2016年4月17日閲覧。 
  3. ^ a b Eoghan McNeill (2014年9月4日). “VIDEO: The O2 becomes the 3Arena, but will you make the name change?”. Independent.ie英語版. http://www.independent.ie/videos/entertainment/video-the-o2-becomes-the-3arena-but-will-you-make-the-name-change-30562453.html 2016年4月17日閲覧。 
  4. ^ “O2 Dublin fifth best attended venue in world”. Irish Independent英語版. (2012年12月1日). http://www.independent.ie/entertainment/music/o2-dublin-fifth-best-attended-venue-in-world-26812330.html 
  5. ^ “Live Nation's Point Theater in Dublin to Be Renamed The O2”. Reuters. (2008年7月7日). http://www.reuters.com/article/pressRelease/idUS94098+07-Jul-2008+PRN20080707 2008年9月20日閲覧。 
  6. ^ Kevin Courtney (2008年12月13日). “Harry's show-stopper”. Irish Times. 2016年4月24日閲覧。
  7. ^ “The O2: Welcome to the future”. Irish Independent英語版. (2008年12月5日). http://www.independent.ie/entertainment/day-and-night/features/the-o2-welcome-to-the-future-1564580.html 2008年12月7日閲覧。 
  8. ^ “O2 arena to curb drink at teen gigs”. Irish Independent英語版. (2008年12月9日). http://www.independent.ie/entertainment/music/o2-arena-to-curb-drink-at-teen-gigs-1567912.html 2008年12月10日閲覧。 
  9. ^ “U2 make a point with first O2 show”. Irish Independent英語版. (2008年12月10日). http://www.independent.ie/entertainment/music/u2-make-a-point-with-first-o2-show-1568801.html 2008年12月10日閲覧。 
  10. ^ “O2 rocks to sound of music”. Irish Independent英語版. (2008年12月17日). http://www.independent.ie/entertainment/music/o2-rocks--to-sound-of-music-1577499.html 2008年12月19日閲覧。 
  11. ^ Guns N' Roses show statement released”. RTÉ Ten (2010年9月2日). 2010年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月24日閲覧。
  12. ^ Michael McHale, Brendan Farrelly and Eamon Sweeney (2010年9月2日). “Fan fury as Rose shows thorny side”. Irish Independent英語版. http://www.independent.ie/entertainment/music/fan-fury-as-rose-shows-thorny-side-2321716.html 2016年4月24日閲覧。 
  13. ^ Greg Cochrane (2010年9月2日). “Guns N' Roses bottled off stage in Dublin”. newsbeat (BBC). http://www.bbc.co.uk/newsbeat/article/11163085/guns-n-roses-bottled-off-stage-in-dublin 2016年4月24日閲覧。 
  14. ^ Adam Bychawski (2010年9月2日). “Axl Rose bottled offstage at Guns N' Roses' Dublin gig”. NME. http://www.nme.com/news/guns-n-roses/52831 2016年4月24日閲覧。 
  15. ^ WENN.COM (2010年9月2日). “Guns N' Roses bottled off stage”. Toronto Sun英語版. http://www.torontosun.com/entertainment/music/2010/09/02/15222061-wenn-story.html 2016年4月24日閲覧。 
  16. ^ Getting to The O2”. Live Nation (2009年3月9日). 2010年4月1日閲覧。
  17. ^ “Luas extended to Docklands area”. RTÉ News. (2009年12月8日). http://www.rte.ie/news/2009/1208/125135-luas/ 2009年12月8日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯53度20分51秒 西経06度13分43秒 / 北緯53.34750度 西経6.22861度 / 53.34750; -6.22861