Template:Cite citeseerx

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]
出典表記形式1テンプレート
{{Cite arXiv}} arXivのプレプリント論文
{{Cite AV media}} 音声、動画
{{Cite AV media notes}} 音声、動画のライナーノーツ
{{Cite bioRxiv}} bioRxivのプレプリント論文
{{Cite book2}} 書籍
{{Cite citeseerx}} CiteSeerXの論文
{{Cite conference2}} 会議の報告書
{{Cite encyclopedia}} 事典
{{Cite episode}} ラジオとテレビ番組
{{Cite interview2}} インタビュー
{{Cite journal2}} 学術誌
{{Cite magazine2}} 雑誌、定期刊行物
{{Cite mailing list}} 公開メーリングリスト
{{Cite map}} 地図
{{Cite news2}} 新聞記事
{{Cite newsgroup}} ニュースグループ
{{Cite podcast}} ポッドキャスト
{{Cite press release2}} プレスリリース
{{Cite report2}} レポート
{{Cite serial}} 音声と動画の連作
{{Cite sign}} 標識、掲示板
{{Cite speech}} 演説
{{Cite ssrn}} SSRNの論文
{{Cite techreport}} 技術レポート
{{Cite thesis2}} 学位論文
{{Cite web2}} その他のウェブ出典
関連カテゴリ 特定の出典テンプレート
テンプレートを表示

この出典表記形式1テンプレートはCiteSeerX英語版に掲載されている論文を明記するために使います。https://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/summary?doi=citeseerx引数での論文摘要への外部リンクが作成されます。

書式[編集]

一般的な引数:{{Cite citeseerx |last1= |first1= |date= |title= |citeseerx=}}

  • citeseerx(必須):CiteSeerXのDOI識別子。|citeseerx=10.1.1.96.678のように入力します。このテンプレートでは|doi=10.1101/012345のように入力できません。
  • title(必須):論文タイトル。

このテンプレートの表示は{{Cite journal2}}のそれに準じます。

使用例[編集]

  • {{cite citeseerx |title=The Evolution of Character Codes, 1874–1968 |date=2000-06-20 |author=Eric Fischer |page=14 |citeseerx=10.1.1.96.678}}
Eric Fischer (20 June 2000). "The Evolution of Character Codes, 1874–1968". p. 14. CiteSeerX 10.1.1.96.678

引数[編集]

非推奨引数[編集]

CS1とCS2の非推奨引数
非推奨引数 代替引数
|author-name-separator=
|author-separator=
モジュール内の設定
|coauthor=|coauthors= |author=系に直接指定する
|deadurl=no|dead-url=no |url-status=live
|deadurl=yes|dead-url=yes |url-status=dead
|in= |language=
|lastauthoramp=y |name-list-style=amp
|month= |date=
|origyear=|origdate= |orig-date=
|registration=|subscription= |url-access=, |chapter-url-access=, |contribution-url-access=, |entry-url-access=, |article-url-access=, |section-url-access=
|separator=|seperator= モジュール内の設定
|trans_chapter= |trans-chapter=
|trans_title= |trans-title=


出典の詳細[編集]

著者[編集]

  • last: 1人目の著者の姓を指定します。内部リンクが必要な場合は直接張らず、author-linkを指定してください。なお、著者が法人の場合か、著者が複数人いるが著者名は1人しか記載されていない場合でもlast(別名でも可)を指定してください(例:|author=Bono)。別名:surname, author, last1, surname1, author1
    • author: 1人目の著者の姓名か法人著者の名前を指定します。この引数に2人以上の著者を指定しないでください。
    • first: 1人目の著者の名を指定します。内部リンクが必要な場合は直接張らず、author-linkを指定してください。なお、lastが指定されていない場合は表示されません。別名: given, first1, given1
    • 著者が複数人いる場合: last1first1からlastnfirstnまで(nは2、3、4と続く)を指定します。n人まで指定する場合、last1からlastnまでが必須となります(表示される著者の数については表示オプション引数をご参照ください)。別名: surname1given1からsurnamengivennまで、author1からauthornまで。著者に自然人と法人が混ざる場合、|first1=...|last1=...|author2=...のように指定できます。
    • author-link: 著者名に内部リンクを貼る場合、そのリンク先を指定します。著者のウェブサイトにはリンクできません。別名: author-link1, authorlink, authorlink1, author1-link, author1link
    • 著者が複数人いる場合:author-link1からauthor-linknまでを指定してください。別名: authorlink1からauthorlinknまで、author1-linkからauthorn-linkまで、author1linkからauthornlinkまで
    • name-list-format: 著者名と編集者名を姓名別のlast/first形式で指定しており、著者名と編集者名をバンクーバー方式で表示する場合、この引数にvancを指定してください。
  • vauthors: バンクーバー方式で著者名をコンマ(,)区切りで指定します。法人著者は二重丸括弧で囲ってください。例:
    |vauthors=Smythe JB, ((Megabux Corp.))
    • author-linkauthor-mask|vauthors=を使用した場合でも指定できます。
  • authors: 複数の著者名を指定できますが、メタデータを生成できなくなるため、なるべく使用しないでください。なお、lastとは全く別の引数です。{{Cite serial}}では別名のcreditを使用できます。
  • translator-last: 1人目の翻訳者の姓。内部リンクが必要な場合は直接張らず、translator-linkを指定してください。別名: translator-surname, translator1, translator1-last, translator-last1
    • translator-first: 1人目の翻訳者の名。内部リンクが必要な場合は直接張らず、translator-linkを指定してください。別名: translator-given, translator1-first, translator-first1.
    • 翻訳者が複数人いる場合: translator-last1translator-first1からtranslator-lastntranslator-firstnまで(nは2、3、4と続く)を指定します。n人まで指定する場合、translator-first1からtranslator-lastnまで必須となります。別名: translator1-lasttranslator1-firstからtranslatorn-lasttranslatorn-firstまで、translator1からtranslatornまで
    • translator-link: 翻訳者名に内部リンクを貼る場合、そのリンク先を指定します。翻訳者のウェブサイトにはリンクできません。別名: translator-link1, translator1-link
    • 翻訳者が複数人いる場合: translator-link1からtranslator-linknまでを指定してください。別名: translator1-linkからtranslatorn-linkまで
  • collaboration: 合作者の姓名を指定します。この引数を使用する場合、authorlastvauthorsのどれかで主要著者名を指定することが必須になります。表示上では著者名、"et al."、合作者名の順で表示されます。
  • 注:{{sfn}}や{{harv}}を使用する場合に1引数に著者を指定すると、参考文献へのリンクが正しく機能しません。

日付[編集]

  • date: 情報源の出版日付を指定します。年月日、年月、年、年と季節を指定できます(日付の書式についてはHelp:出典表記形式1#日付をご参照ください)。ほかの出典の出版日付と同じ書式で指定してください[日付 1]{{sfn}}などで特定著者の複数著作をyear(出版年)で区別する必要がある場合、必須になります。なお、内部リンクはつけないでください。表示では著者名の後ろ、丸括弧内に表示されます。著者名がない場合は出版者名の後ろ、丸括弧内に表示されます。
出版年が不確実(例えば、「1900年頃」)な場合、|date=c. 1900のように先頭に"c. "をつけてください。

出版日付がない場合、|date=n.d.を指定してください。
  • year: 情報源の出版年を指定します。なお、下記の3要件のどれかを満たさない場合、year引数ではなく|date=を使用することが推奨されます。
    1. |ref=harv|mode=cs2を指定した場合、または{{citation}}のテンプレートを使用している場合
    2. |date=をYYYY-MM-DDの書式で指定した場合
    3. {{sfn}}などで特定著者の複数著作をyear(出版年)で区別する必要がある場合
  • orig-date: 情報源の最初の出版日を|orig-date=First published 1859|orig-date=Composed 1904のように指定します。dateまたはyear引数の後ろに表示されます。別名: orig-yearorigyear
  • df: 日付の表示形式を指定します。日付に季節を指定した場合は表示形式を指定できません。access-dateとarchive-dateの表示形式は、変更されません。表示形式には下記があります:
    dmy(洋書の既定値) – 出版日付が27 January 1982の形式で表示されます。
    mdy – 出版日付がJanuary 27, 1982の形式で表示されます。
    ymd – 出版日付が1982-01-27の形式で表示されます。
    ja – 出版日付が1982年1月27日の形式で表示されます。
  1. ^ access-dateとarchive-dateの表示とは異なってもかまいませんが、記事ごとに出典の出版日付の書式を統一してください。

タイトル[編集]

  • title: 出典のタイトル。イタリック体で表示されます。script-titleが指定された場合、titleにはscript-titleのローマ字転写を指定します。
    • script-title:出典のタイトルがラテン語文字でない場合(アラビア語、中国語、キリル文字、ギリシア語、ヘブライ語、朝鮮語など)、原語タイトルを指定します。指定された場合、titleはイタリック体で表示され、script-titleはイタリック体にせずtitleの後に表示されます。タイトルの先頭に2文字のISO 639-1言語コードとコロン(:)をつけて、言語を特定することができます。例:
      ... |title=Tukiu |script-title=ar:طوكيو |trans-title=東京 ...
    • trans-title:外国語の出典の場合、タイトルの翻訳を指定します。半角の角括弧でくくられてtitleの後に表示されます。urlが指定された場合、trans-titleもリンク文字に含まれます。この引数を指定する場合、language引数の併用が推奨されます。
特定のキャラクタを含むタイトルは正しく表示できないため、下記のように変換する必要があります。
改行 [ ] |
スペース [ ] {{!}}(推奨)
{{Bracket}} |または{{Pipe}}
  • title-linktitleに内部リンクをつける場合、リンク先を指定します。外部リンクの場合は代わりにurlを指定してください。別名:titlelink
  • language: 情報源の言語名または言語コードを指定します(言語名とコードの一覧も参照)。(英語)のように表示されます。情報源が2つ以上の言語で書かれた場合、|language=fr, pt-brのようにコンマとスペース区切りで記入します。なお、テンプレートや内部リンク、"and"の語はつけないでください ("コンマとスペースはテンプレートのほうで読点に自動変換されます)。別名: lang

TemplateData[編集]

これは新しいビジュアルエディターにより使用されるテンプレートのためのTemplateData文書です。

Cite citeseerx

CiteSeerX識別子のある論文情報源を整形して明記する

テンプレート引数

このテンプレートは、パラメーターを1行で記述することが推奨されています。

引数説明状態
CiteSeerXciteseerx

CiteSeerX識別子。

10.1.1.176.341
文字列必須
著者author author1

著者の名前。特段の理由がない限り、lastとfirst引数を使用してください。

文字列省略可能
first first1 given given1

著者の名。内部リンクは禁止(代わりにauthor-link引数を指定する)。引数名の末尾に数字を追加することで2人目以降を指定できる。

文字列推奨
last last1 surname surname1

著者の姓。内部リンクは禁止(代わりにauthor-link引数を指定する)。引数名の末尾に数字を追加することで2人目以降を指定できる。

文字列推奨
名2first2 given2

2人目の著者の名。内部リンクは禁止(代わりにauthor-link2引数を指定する)。

文字列省略可能
姓2last2 surname2

2人目の著者の姓。内部リンクは禁止(代わりにauthor-link2引数を指定する)。

文字列省略可能
著者2author2

2人目の著者の名前。特段の理由がない限り、last2とfirst2引数を使用してください。

文字列省略可能
著者リンクauthor-link author-link1 authorlink authorlink1 author1-link author1link.

「著者」に内部リンクをつける場合、リンク先を指定する。引数名の末尾に数字を追加することで2人目以降を指定できる。

ページ名省略可能
著者リンク2author-link2 authorlink2 author2-link author2link

2人目の著者に内部リンクをつける場合、リンク先を指定する。

ページ名省略可能
全ての著者authors

著者が多数いる場合、author引数の代わりに入力できる。ただし、last1、first1、last2、first2、...引数で個別に入力することが推奨される。

文字列省略可能
タイトルtitle

論文タイトル。内部リンクは禁止。

文字列推奨
翻訳者translator translator1

翻訳者の名前。

文字列省略可能
翻訳者の姓translator-last translator1-last translator-last1

翻訳者の姓。

文字列省略可能
翻訳者の名translator-first translator1-first translator-first1

翻訳者の名。

文字列省略可能
翻訳者リンクtranslator-link translator-link1 translator1-link

翻訳者名に内部リンクを貼る場合、そのリンク先を指定します。

ページ名省略可能
翻訳者の名2translator-first2 translator2-first

2人目の翻訳者の名。

文字列省略可能
翻訳者の姓2translator-last2 translator2-last

2人目の翻訳者の姓。

文字列省略可能
翻訳者2translator2

2人目の翻訳者の名前。

文字列省略可能
翻訳者リンク2translator-link2 translator2-link

2人目の翻訳者名に内部リンクを貼る場合、そのリンク先を指定します。

ページ名省略可能
コラボ著者collaboration

author引数のほかに共作した著者を入力する。

文字列省略可能
日付date

論文の投稿日付。日付なしの場合はn.d.と指定する。日付が不確実の場合はc. 2012のように指定する。

文字列省略可能
最初の出版日orig-date orig-year

date引数で指定された出版日が最初の出版日と異なる場合、最初の出版日を指定する。

First published 1859
文字列省略可能
原語タイトルscript-title

情報源のタイトルがラテン文字でも日本語でもない場合(アラビア語、中国語、キリル文字、ギリシア語、ヘブライ語、朝鮮語など)に原語のタイトルを指定する。先頭に2文字のISO 639-1言語コードとコロンをつけて指定する。

bn:জানুন
文字列省略可能
日本語訳タイトルtrans-title

情報源が日本語以外の言語で書かれている場合、タイトルの日本語訳を指定する。この引数を指定する場合、language引数と同時に指定することが推奨される。

文字列省略可能
言語language

論文の言語。en、frなど言語コードを指定する。複数の言語がある場合は「en, fr」のようにコンマ+スペース区切りで指定する。テンプレート使用は禁止。

文字列省略可能