TI-89 シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TI-89

TI-89 および TI-89 Titaniumテキサス・インスツルメンツ(TI)が開発したグラフ描画可能な電卓である。欧米では内蔵の数式処理システムの人気により、学生がよく使っている。このため、試験や授業への持ち込みを禁止している学校が多い。しかし、SAT (大学進学適性試験)など、電卓持ち込みが許されている試験もある。多くの数学関連の国際大会でも持ち込み可能な電卓の中で最も強力な機種である。

日本では株式会社ナオコが取り扱っている。

TI-89[編集]

TI-891998年にリリースされた。160×100 ピクセルの液晶ディスプレイフラッシュメモリを備え、Advanced Mathematics Software を内蔵している。2004年夏、後継の TI-89 Titanium に置き換えられた。見た目が美しくないということで、TI-89 から Titanium への移行を好まないユーザーも多い。

TI-89 のマイクロプロセッサMC68000であり、10MHzか12MHzで駆動している(ハードウェアのバージョンにより異なる)。RAMは256KB(うち190KBをユーザーが利用可能)、フラッシュメモリは2MB(うち700KBをユーザーが利用可能)である。これらのメモリに数式、変数プログラム、テーブル、テキストファイル、リストを格納できる。

機能[編集]

TI-89 は同社のTI-92 Plusキーボードと表示を小型化したものである。TI-92 のようなQWERTY配列のキーボードを備えた機器を試験に持ち込めないことが多いことから、電卓型の同等機能のものに対するニーズが大きく、TI-89を作ることになった。また、TI-92 は電卓としては大きすぎて扱いにくい。米国での大学入試(ACT)には持ち込めないが、SAT には持ち込める。

その最大の機能は組み込み型の数式処理システム(CAS)である。このシステムには以下のような機能がある。

  • 代数式の単純化。(x^3-x^2-8x+12)/(x+3) と入力すると x^2-4x+4 と表示される。
  • さらに factor 関数を使用可能。例えば、factor((x^3-x^2-8x+12)/(x+3)) と入力すれば (x-2)^2 と表示される。
  • 逆に expand 関数を使えば、expand((x-2)^2) と入力すると x^2-4x+4 と表示される。
  • comDenom 関数は一種の通分機能を提供する。例えば、comDenom(x/2+(y^2-6)/3-z^2/8) は次のような結果となる。
\frac{12x+8y^2-3z^2-48}{24}.
  • propFrac 関数は、propFrac((x^2-5)/(x-3)) と入力すると次のような結果を返す。
\frac{4}{x-3}+x+3.
  • 三角関数では、sin(60°) で次のように結果を返す。
\frac{\sqrt{3}}{2}.
  • また、sin(arctan(x^2-6)) と入力すると次の結果を返す。
(x^2-6)\sqrt{\frac{1}{x^4-12x^2+37}}.
  • tExpand を使うと、sin(3x)cos(x)4\sin(x)(\cos(x))^3-\sin(x)\cos(x) のように展開する。
  • tCollecttExpand の逆を行う。
  • solve() は、方程式と変数を指定し、その変数の解を返す。例えば、solve(3x+3=12,x) では x=3 となる。解が複数ある場合は全てを列挙する。
  • 連立方程式も solve(x+y=4 and x^2-6x+3=y,x) のように入力し解く事が出来る。解が複素数になる場合も cSolve 関数で解く事が出来る。
  • また、simult行列式的な入力が可能で、16変数の16連立方程式まで解く事が可能。
  • 各種初等関数微分を記号的に表せる。
  • 正確な解が求められない場合も nDeriv 関数で近似解を求めることができる。
  • 限定的ながら、積分も可能。
  • 数式の極限も計算可能。

関数のグラフを二次元表示できるほか、各種グラフ表示が可能。

プログラミング[編集]

TI-BASIC というBASIC言語でプログラム可能である。PC/AT互換機上でMC68000用の実行形式を作成するアセンブリ言語C言語もある。リリース以来、様々なプログラムが開発されており、テトリスマインスイーパのクローンなどのゲームもある。また、ZX Spectrumのエミュレータやチェスのプログラムもある。

TI-89 Titanium[編集]

TI-89 Titanium

2004年夏に後継の TI-89 Titanium がリリースされた。2006年にはRAM増量と高速化(16MHz)がされている。

ミニUSBポートを備え、同一機種やPCと接続可能である。また、CellSheet という表計算ソフトが内蔵されている。数式処理システムも若干強化されている。

C言語やアセンブリ言語で TI-89 向けに書かれたプログラムに関してちょっとした互換性問題が存在し、場合によっては再コンパイルが必要であるが、これに対処するユーティリティソフトウェアも登場している。非互換の原因はメモリマップの違いによるところが大きい。

外部リンク[編集]