San Francisco (2014年の書体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
San Francisco
San Francisco Display SP.svg
書体 サンセリフ
分類 ネオ・グロテスク
発表メーカー Apple Inc.
リリース日 2015
派生品 SF, SF Compact, SF Mono

San Francisco (サンフランシスコ)はネオ・グロテスク体の欧文書体で、 Apple Inc. が作成し、2014年11月18日に開発者へリリースされた[1][2] 。古いGenevaフォントと近いデザイン。 Apple Watchでシステムの書体として初めて使用され、その後Helvetica Neueからの入替えでOS X El CapitaniOS 9からシステム書体として使われている[3][4][5] 。また第4世代 Apple TVのtvOSのでもシステム書体として採用されている[6] 。Appleで新しい書体が開発されたのは約20年間ぶり[1] 。SF Monoは3種類目の書体ファミリーとして、WWDC 2016Xcode 8 beta1の一部として、ウェブサイトなどを通して、会議、ポスター、標識、マーケティング材料として初公開された[7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b “Apple Releases Its Most Important Typeface in 20 Years”. (2014年11月19日). http://www.fastcodesign.com/3038794/fast-feed/apple-releases-its-most-important-typeface-in-20-years 2015年6月13日閲覧。 
  2. ^ “Meet Apple's new font, designed for its smartwatch”. (2014年11月18日). http://thenextweb.com/apple/2014/11/18/meet-apples-new-font-designed-watch/ 2015年6月13日閲覧。 
  3. ^ Typography”. Apple Watch Human Interface Guidelines. Apple Inc.. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ Fonts”. Apple Inc.. 2015年6月13日閲覧。
  5. ^ “Why Apple Abandoned the World’s Most Beloved Typeface”. (2015年6月9日). http://www.wired.com/2015/06/apple-abandoned-worlds-beloved-typeface/ 2015年6月13日閲覧。 
  6. ^ Apple (2015).
  7. ^ “Apple Reveals San Francisco Monospaced Font”. https://www.designernews.co/stories/67681-apple-reveals-san-francisco-monospaced-font