SUNSAT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SUNSAT / Oscar 35
所属 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
主製造業者 Electronic System Laboratory
(ステレンボッシュ大学)
バス機器: SSTL [1]
公式ページ Sunsat Homepage
国際標識番号 1999-008C
カタログ番号 25636
状態 運用終了
目的 地表の撮影
アマチュア無線
技術研究
設計寿命 4 - 5 年
打上げ機 デルタII 7920 [2]
打上げ日時 1999年2月23日
10:29:00 UTC [2]
機能停止日 2001年1月19日
物理的特長
本体寸法 450mm×450mm×620mm [1]
質量 64.0 kg [2]
発生電力 NiCad
姿勢制御方式 重力傾度、磁気トルカ
リアクションホイール(撮影時)
軌道要素
周回対象 地球
軌道 太陽同期円軌道 [1]
近点高度 (hp) 644.0 km [2]
遠点高度 (ha) 857.0 km [2]
離心率 (e) 0.0149 [2]
軌道傾斜角 (i) 96.5°[2]
軌道周期 (P) 100.0分 [2]
搭載機器 [3]
アマチュア無線機
高解像度画像装置
磁気センサ
GPSアレイ

SUNSATStellenbosch UNiversity SATellite、サンサット)は南アフリカ共和国初の国産人工衛星[4]ステレンボッシュ大学英語版の工学系大学院生によって作製された[2]1999年2月23日ピギーバック衛星としてアメリカデルタIIロケットにより打ち上げられた。

概要[編集]

SUNSAT計画は1992年に始まり、1996年5月にアメリカと南アフリカの間の了解覚書を受けて、NASAがSUNSATをARGOS打ち上げの際に相乗りさせることが決定した[5]。代わりにジェット推進研究所の実験的GPS受信機レーザー逆反射体(SLR)をSUNSATに搭載することが決まった[5]

衛星の第一目標は地表の撮影、世界全域での電子メール蓄積転送通信、衛星技術の獲得である。アマチュア無線機器の他に、地球が撮影可能な実験的プッシュブルームイメージャーが搭載された。この地表分解能15m、観測幅50kmの高解像度イメージャーはSバンドにてリアルタイムで稼動する[6]

第二目標は地球磁場重力場大気電離層の調査、およびNASAのGPS、SLRによる精密軌道の相互比較である[3]。また、流星物質衝突センサで、流星物質や低質量のスペースデブリの衝突を記録も行う[7]。他にも300gの海外製超小型TVカメラも搭載していた[5]

運用[編集]

SUNSATはアメリカの地球観測衛星ARGOS英語版(2,491 kg)とデンマーク初の小型衛星エルステッド英語版(61 kg)と共に1999年2月23日、アメリカのヴァンデンバーグ空軍基地からデルタIIロケットによって打ち上げられた。

2001年1月19日15:22:37(UTC)の地上局との交信を最後に通信が途絶した。最後の通信後何らかのトラブルが発生したと考えられるが、詳しい原因は不明だった[8]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 世界の地球観測衛星「SUNSAT」”. リモート・センシング技術センター. 2010年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i National Space Science Data Center "Sunsat"”. NASA. 2010年4月21日閲覧。
  3. ^ a b Sunsat (SO 35, Oscar 35)”. GUNTER'S SPACE PAGE. 2010年4月21日閲覧。
  4. ^ 南アフリカ共和国科学産業研究会議”. SPACE INFORMATION CENTER (JAXA). 2010年4月21日閲覧。
  5. ^ a b c SUNSAT FAQ”. SUNSAT Team. 2010年4月21日閲覧。
  6. ^ Sunsat”. THE Satellite Encyclopedia. 2010年4月21日閲覧。
  7. ^ Meteoroid Impact Sensor”. NASA Langley Research Center. 2010年4月21日閲覧。
  8. ^ SUNSAT (SO-35, Oscar 35)”. Sat ND. 2010年4月21日閲覧。

関連項目[編集]