SUDOKU 数独

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SUDOKU 数独(すうどく)は、ハドソンの数独ゲーム。

いずれのタイトルも、ニコリが出題協力している。パズル自体のルールは数独(ナンバープレイス)を参照。

ニンテンドーDS[編集]

SUDOKU 数独[編集]

SUDOKU 数独
(SUDOKU Gridmaster/
SUDOKU Master/SUDOKU DS)
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ハドソン
発売元 日本の旗 ハドソン
アメリカ合衆国の旗 欧州連合の旗 オーストラリアの旗 大韓民国の旗 任天堂
人数 1人
メディア DSカード
発売日 日本の旗 2006年3月23日
アメリカ合衆国の旗 2006年6月26日
欧州連合の旗 2006年10月27日
オーストラリアの旗 2007年2月22日
大韓民国の旗 2008年5月8日
対象年齢 CERO: 全年齢
ESRB: Everyone
PEGI: 3+
OFLC: General
売上本数 約16万3000本(日本国内)
テンプレートを表示

同社のDSパズルシリーズVol.3としてリリース。

  • 問題数は300問が収録される他、クロスワード (ハドソン)と同様に段位認定試験が用意されている。
  • 数字の入力方法はパネル選択式と手書き式の2種類。各マスの四隅には赤で候補となる数字を書き込める。
  • シリーズ中、最も好調なセールスを記録しておりメーカー発表で10万本以上を出荷(参考リンク)。これを受けて、続編「数独2 Deluxe」が発売された。
  • アメリカ版のタイトルは「Sudoku Gridmaster」、ヨーロッパオセアニア版のタイトルは「Sudoku Master」、韓国版のタイトルは「Sudoku DS」で、いずれも任天堂より発売。日本版より多い400問が収録されているほか、デザイン面に相違点が存在する。
  • 本作の日本語版など、パズルシリーズの初期作品にはてくてくエンジェルのキャラクターが登場するが、以降のゲームには登場しない。

数独2 Deluxe[編集]

数独2 Deluxe
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1~4人(通信対戦時)
メディア DSカード
発売日 2006年12月21日
対象年齢 CERO: A(全年齢)
テンプレートを表示

同社のDSパズルシリーズVol.9としてリリース。

  • 2006年12月21日発売。全410問を収録。
  • 独自の問題を作成したり、新聞や雑誌に掲載されている問題を書き写して解ける「問題登録モード」が追加されている。
  • ダウンロードプレイに対応し、最大4人までの通信対戦が可能。

数独DS ニコリのSUDOKU決定版[編集]

  • 2008年5月29日発売。400問以上を収録。新しい問題がダウンロードで追加されるようになっている。
  • 数独2の機能に加え、チュートリアル的な「はじめての数独」や、アイテムで対戦相手の妨害が出来るスコアアタックモード等を追加。

PSP[編集]

2006年11月16日発売。1から16までの数字を入れる「BIG数独」モードを追加。全410問。

Wii[編集]

2007年3月21日発売。Wi-Fi通信機能に対応し、新しい問題がダウンロードで追加されるようになっている。全600問。

iPhone[編集]

2008年7月21日ダウンロード販売開始のVol.1からVol.4まで各50問。ネットランキング(クリア時間)に対応。

ニンテンドーDSiウェア[編集]

2009年3月18日、『数独 初級50問!』(200ポイント)と『数独 150問!』(500ポイント)がダウンロード販売開始。使用ブロックはどちらも25ブロックである。ハドソンのニンテンドーDSiウェアを配信する初めての作品である。

「初級50問!」と「150問!」の違いは、「初級50問!」には数独を初めてプレイする人や苦手な人や初心者向けの易しい問題を全50問収録されており、「150問!」には段位認定モードが追加されて3つの難易度ごとに異なる問題を全部で145問と段位認定用の問題を5段階ごとに1問ずつで全部で5問収録されて全150問収録されている。

このソフトはニンテンドー3DSには非対応で、3DSでダウンロードしたり引っ越したりすることが出来ないので注意。

ニンテンドー3DS[編集]

2011年6月2日、『数独と3つのパズル~ニコリのパズルバラエティ~』が発売された。 数独の他に、ペンシルパズルの四角に切れ橋をかけろ美術館を収録。 このゲームを最後にハドソンがコナミデジタルエンタテイメントに吸収されたため、ハドソンから登場した最後のゲームタイトルとなった。

その他[編集]

PC版、WindowsCE版、BlackBerry版、iアプリ等携帯版等、様々なジャンルで利用が可能となった。

外部リンク[編集]