S2W (原子炉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

S2W アメリカ海軍の原子力艦艇向け発電推進原子炉である。当初はSTR(Submarine Thermal Reactor)と命名されていた[1]

型式名のS2Wは以下のような意味である。

S2Wは原型炉であるS1Wを艦載用に小改修したもので、原潜ノーチラスに搭載された。出力は13,400馬力(10.0MW)であった。

ノーチラスの退役後、原子炉設備は撤去された。艦体は現在 博物館船としてコネチカット州グロトンにあるニューロンドン海軍潜水艦基地(英語版)に係留・展示されている。

S2Wa[編集]

ノーチラスの建造プログラムでは、原子炉を3基製造することになっていた。1基は陸上での研究・試験用(S1W)、もう1基は艦載用(S2W)、残りの1基は予備であった。シーウルフ (SSN-575)溶融金属冷却原子炉であるS2Gを搭載していたが、過熱器の問題(冷却材としてナトリウムを用いることで過熱水蒸気を生成するようになっていた)[2]からノーチラス用の予備の原子炉と交換することになり、この原子炉にはS2Waの型式名が与えられた。これに伴って、シーウルフの蒸気タービンのブレードは過熱水蒸気用から飽和水蒸気用に交換された。

脚注[編集]

  1. ^ Norman Polmar, Kenneth J. Moore. Cold War submarines: the design and construction of U.S. and Soviet submarines. Brassey's. 
  2. ^ http://www.new.ans.org/about/officers/docs/seawolf_sfr_sea_story_051712.pdf