S3W (原子炉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

S3Wアメリカ海軍の原子力艦艇向け発電推進原子炉である。 本項では、S3Wの機器類の配置を変更したS4Wについても述べる。

型式名のS3Wは以下のような意味である。

この原子炉は、USS ノーチラス(SSN-571) に搭載された加圧水型炉S2W)の設計を改善したものである。 S3Wでは蒸気発生器の細管が横置きのU字型となっている。蒸気発生器のU字型細管はS5Wで縦置きとされ、現在の商用加圧水型炉でも一般的なものになっている。

S3WはUSS ハリバット (SSGN-587)スケート級原子力潜水艦USS スケート (SSN-578)およびUSS サーゴ (SSN-583))に搭載された。

S4W[編集]

S4Wは、S3Wと同じ炉心・同じ構成機器を用いて、機器配置を変更したものである。 スケート級原子力潜水艦USS ソードフィッシュ (SSN-579)およびUSS シードラゴン (SSN-584)に搭載された。

脚注[編集]