S9G (原子炉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

S9Gアメリカ海軍艦艇向け発電推進用原子炉である。バージニア級原子力潜水艦に搭載された。

型式名のS9Gは以下のような意味である。

S9Gの設計はノルズ原子力研究所(英語版)が担当し、その後ゼネラル・エレクトリックが管理した。設計の主眼はエネルギー密度の向上と耐食性を向上した蒸気発生器を含む新しい機器の採用、およびライフサイクルコストの低減に置かれていた。新しい蒸気発生器では、従来の設計における腐食の懸念が緩和され、サイズ・重量とも小さくなったことで設備全体の配置がより柔軟に行えるようになった。

また、この原子炉は、33年間に渡って燃料交換の必要がなくなるよう設計されており、艦の運用期間中(30年想定)は燃料交換の必要がない[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ "Nuclear Marine Propulsion", Ragheb, M., 10/15/2015
  2. ^ "Ending the Production of Highly Enriched Uranium for Naval Reactors", Chunyan, Ma & von Hippel, Frank, The Nonproliferation Review, Spring 2001, p. 4.