Qiita

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Qiita
URL https://qiita.com/
タイプ ナレッジコミュニティ
運営者 Increments株式会社

Qiita(キータ)は、Incrementsが運営するエンジニアに関する知識を記録・共有するためのサービス[1]。2020年現在で日本最大級のエンジニアコミュニティの一つである[2]。良い記事には「LGTM(Looks Good To Me)」で評価し、気になる記事「ストック(備蓄)」できる。

概要[編集]

2011年に当時大学生であった海野弘成らが公開した[3]

ユーザ投稿型のナレッジコミュニティであり、ユーザはMarkdown形式で記事を投稿し、タグ付けなどを行うことが出来る[1]。 各記事にはブログのようなコメント機能が備え付けられている[1]ほか、編集リクエスト機能が存在しており、記事の誤りを他のユーザが指摘・修正することができる[3]

新規登録とログインに、GitHubTwitterGoogleアカウントが利用出来る。

また、社内用情報共有ツールとして、企業ユーザ向けの「Qiita Team」も提供されている[4]

その他では、エンジニア向けの求人サービスとして、個人ユーザ向けの「Qiita Jobs」も提供されている[5]

沿革[編集]

Qiitaの論争[編集]

「ポエム」「今後必要になるプログラム言語」に代表されるQiitaの記事の質の低下について論争があった。質を上げる具体策として記事を書き、LGTMが多くもらえると、金銭的な利益が得られるようにするといったの提案[9]があり、また、Qiitaに記事を投稿するのはやめよう[10]との言葉も見られた。

2020年3月25日から、読んだ記事の履歴が公開された事によりQiita運営側への批判が高まった。[11]

関連するサービス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Qiitaとは - Qiita
  2. ^ 日本最大級のエンジニアコミュニティ「Qiita(キータ)」の会員数が60万人を突破!おすすめ記事一覧のパーソナライズ化など、ベータ版として大型アップデート” (日本語). Increments株式会社. 2021年8月3日閲覧。
  3. ^ a b プログラマー向け技術情報共有サービス「Qiita」、5年で月間UU数が250万人を突破” (2016年10月20日). 2017年10月17日閲覧。
  4. ^ 生産性を向上させる情報共有ツール - キータチーム(Qiita Team)
  5. ^ Qiitaでも見つかる最高の仕事 キータジョブス(Qiita Jobs)
  6. ^ ニュースリリース - プログラマのための技術情報共有サイト「Qiita(キータ)」プログラマの登録ユーザー数が2万人、月間UU数22万人を突破、国内プログラマの50%超が利用するサービスに成長 - Increments株式会社” (2013年5月15日). 2017年10月17日閲覧。
  7. ^ 「Qiita」運営会社、スマホゲームのエイチームが買収” (2017年12月22日). 2017年12月22日閲覧。
  8. ^ 質問機能正式リリースのお知らせ - Qiita Blog” (2020年7月16日). 2020年7月27日閲覧。
  9. ^ 『Qiitaでお金が稼げるなら質の高い記事がもっと増えるのではないかという提言 - Qiita』へのコメント” (日本語). はてなブックマーク. 2020年4月26日閲覧。
  10. ^ 全ての開発者がQiitaへのアウトプットをやめるべき理由”. Qiita. 2020年4月26日閲覧。
  11. ^ Qiita、読んだ記事の傾向を合意無しに表示して炎上 批判受け機能停止中” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]