OGLE-TR-132b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OGLE-TR-132b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison OGLE-TR-132 b.png
Size comparison of OGLE-TR-132b with Jupiter.
主星
恒星 OGLE-TR-132
星座 りゅうこつ座
赤経 (α) 10h 50m 34.72s
赤緯 (δ) -61° 57′ 25.9″
距離 4892 ly
(1500 pc)
スペクトル分類 F
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.0306 ±0.0008 AU
離心率 (e) 0
周期 (P) 1.689868 ±3e-06 d
軌道傾斜角 (i) 85 ±1°
物理的性質
質量 (m) 1.14 ±0.12 MJ
半径 (r) 1.18 ±0.07 RJ
発見
発見日 2004年4月14日
発見者 Bouchy et al.
発見方法 トランジット法
現況 Published
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

OGLE-TR-132bは恒星OGLE-TR-132の周囲を公転する太陽系外惑星である。

2003年、Optical Gravitational Lensing Experimentは、惑星程度の大きさの天体が前面を通過していることを意味する光学曲線英語版の周期的な変化を検出した。低質量の赤色矮星褐色矮星も惑星の運動を模倣することがあるため、視線速度を計測し、天体の質量を精確に計算することが必要であった。2004年にこの天体は新しい太陽系外惑星であることが明らかとなった[1]

この惑星の質量は木星質量の1.14倍である。惑星の軌道傾斜角が分かっているため、この値は正確である。ペガスス座51番星bHD 209458 bと比べても、親星の周囲の非常に近い軌道を1日と16.6時間の周期で公転している。興味深いことに、親星からの加熱効果を受けているにも関わらず、惑星の半径は木星より18%しか大きくない。このような種類の惑星はしばしば、「スーパーホットジュピター」と呼ばれる[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、OGLE-TR-132bに関するカテゴリがあります。