NVIDIA Jetson

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NVIDIA Jetson
製造元 NVIDIA
種別 シングルボードコンピュータ
OS Ubuntu
CPU ARM

NVIDIA Jetsonは、NVIDIA社の組み込みシングルボードコンピュータのシリーズである。[1] Jetsonは、機械学習アプリケーションを目的として設計され、画像認識機械学習自動運転などを高速に実行するための、GPUを備えた並列処理用の組込み用コンピューティングボードである。

概要[編集]

Jetson TK1, TX1, TX2 モデルはすべて、ARMアーキテクチャの中央処理装置 (CPU) を統合した Nvidia の Tegra プロセッサ (またはSoC) を搭載した低消費電力システムである。

ハードウェア[編集]

Jetsonファミリーには以下のボードが含まれている。

TK1[編集]

Nvidia Jetson TK1は、T124バリアントのTegra K1 SoCを搭載し、Ubuntu Linuxを実行する開発ボードとして、2014年4月下旬に出荷された。[2] Nanoの発売によって生産終了した。

TX1[編集]

Nvidia Jetson TX1は、モデルT210のTegra X1が搭載された開発用のシングルボードコンピュータである。[3]

TX2[編集]

Nvidia Jetson TX2ボードは、マイクロアーキテクチャGP10B (またはSoCタイプT186と非常に類似した) のTegra X2を搭載している。[4] このボードと関連する開発プラットフォームは、小型カメラドローンでの使用など、低消費電力シナリオ向けのコンパクトなカード設計で2017年3月に発表された。パフォーマンスモードのセットを記述したマトリックスは、それに沿ってメディアによって提供された。[5] さらに、頑丈で産業用のユースケースに適していると言われたTX2iバリアントが言及された。[6]

Xavier[編集]

Nvidia Jetson Xavierは、2018年8月末に開発キットとして発表されたファミリーの最上級機種である。[7] 一部のアプリケーションのケースでは先行デバイスと比較して20倍の高速化が期待できること、アプリケーションの電力効率が10倍向上していることが示唆された。

Nano[編集]

Nvidia Jetson Nanoは、2019年3月中旬に開発システムとして発表された。低価格な入門機で、70x45mmの大きさは Jetson ファミリの中で最小である。[8] 意図された市場は、低価格ということもあり、趣味的なロボット工学のための製品である。[9][10] 最終的な仕様では、フルTegra X1システムが意図されるものの、電力が最適化され、最小の特徴だけを持ったバージョンのようなボードであることが明らかになった。

より詳細に比較すると、CPUコア (4x A57@1.43 GHz) とGPUコア (Maxwell世代の128コア@921MHz) の半分だけが存在し、接続可能なRAMの半分だけが接続されている (4GB LPDDR4@64bit + 1.6 GHz = 25.6 GB/s)。その一方、利用可能または使用可能なインターフェイスはベースボードの設計によって決定され、アプリケーション事例のためのエンドユーザ固有の設計と実装の決定の対象となる。[11]


公開されている Nvidia Jetson TX2 のパフォーマンスモードは以下の通り。

Mode Max Clocks (Denver2 + A57) Max-P (Denver2 + A57) Max-P (only Denver2) Max-P (only A57) Max-Q (only A57)
GPU Clock / MHz 1302 1122 854
Denver2 Clock / MHz 2000 1400 2000 stopped stopped
Cortex-A57 / MHz 2000+ 1400 stopped 2000 1200
TDP / W might vary 15 15 15 7.5

公開されている Nvidia Jetson Nano のオペレーションモードは以下の通り。

Mode 0 1
GPU Clock / MHz 921 640
Cortex-A57 / MHz 4x 1428 2x 918
2x stopped
TDP / W 10 5

ソフトウェア[編集]

Jetsonボードシリーズでは、様々なOSやソフトウェアが動作する可能性がある。

Linux[編集]

JetPackは、Nvidia社のJetsonボードシリーズ用のソフトウェア開発キット (SDK) である。Linux for Tegra (L4T) オペレーティングシステムやその他のツールが含まれている。Nvidiaの公式ダウンロードページには、JetPack 3.2のエントリーがあると記載されている。[1]

RedHawk Linuxは、Jetsonプラットフォームで利用可能な高性能RTOSであり、関連する NightStar リアルタイム開発ツール、CUDA/GPU の機能強化、ハードウェア・イン・ザ・ループおよびマン・イン・ザ・ループ・シミュレーション用のフレームワークが含まれている。[12]

QNX[編集]

QNXオペレーティングシステムは、広く発表されていないが、Jetson プラットフォームでも利用可能である。特定のNvidia Jetsonボードに特定のQNXパッケージをインストールした成功例が報告されている。Nvidia の Vibrante Linux ディストリビューションをベースにしていると思われる qnx-V3Q-23.16.01 パッケージが Jetson TK1 Proボード上で動作することが報告されている。[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]