NANTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナンタ
上演 1997 ソウル ホアムアートホール (初演)
2003 ニューヨーク ニュービクトリー劇場
現在
ソウル, 明洞ナンタ劇場
ソウル, 弘大ナンタ劇場
済州, 済州ナンタ劇場
バンコク, タイバンコクナンタ劇場
受賞 1998 韓国ミュージカル大賞, 特別賞
2000 韓国観光大賞
2008 韓国文化芸術賞
2009 最優秀都市プログラム賞

NANTA(ナンタ、: 난타)は、大韓民国のミュージカル。宋承桓が芸術監督を務めるPMCプロダクション製作[1]1997年10月ソウルの湖巌アートホールで初演。英語ではクッキン(Cookin)とも呼ばれている。

概要[編集]

NANTAは非言語表現と伝統リズム『サムルノリ』をベースに、STOMPをベンチマーキングして製作された。料理用具を打楽器にするのが特徴で、世界18カ国で上演されていた。ニューヨークのオフブロードウェイでは2004年から2005年にかけて上演され[2][3][4]、日本では過去に何度も上演された。最近では2015年1月に東京サンシャイン劇場、2月には名古屋名鉄ホール, 兵庫新神戸オリエンタル劇場, 大阪森ノ宮ピロティホールで開催された[5]。2017年10月には、韓国公演界では初めて20周年を迎えた。[6]

あらすじ[編集]

キッチンが職場のコック達は今日も相変わらず大忙し。野菜を洗ったりお肉を運んだり。そこへ登場した意地悪なマネージャーは本来ならば予定になかった結婚披露宴の食事を「夕方6時までに作れ!」といきなりの要求でさらに大忙し。しかも物知らずな若い甥っ子まで連れてきてキッチンは大騒ぎ。コック達は甥っ子が気に入らないが、料理の準備にそれどころではない。しかも素人の甥っ子とは息が合わず事故の連発!時間は迫りいよいよ6時!果たしてコック達は無事に披露宴を迎えることができるのか。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.i-pmc.co.kr/about_PMC/history.asp
  2. ^ "세계를 '난타'하려면 코스닥 가야죠"-송승환” (Korean). 머니투데이(Money Today). 2011年10月8日閲覧。
  3. ^ 전 세계인이 무대에서 하나되는 공연 '난타'” (Korean). Aving Korea. 2011年10月8日閲覧。
  4. ^ [뉴스테이션] 전용관 공연 1만회…‘난타’ 세계를 두드렸다” (Korean). donga.com. 2011年10月8日閲覧。
  5. ^ 「NANTA」日本​公演、東京・池袋サンシャイン劇場にて開始!” (Japanese). K plaza. 2015年1月31日閲覧。
  6. ^ "【NOW!ソウル】「NANTA」20周年!あの大物韓国映画俳優が特別出演!?” (Japanese). KONEST. 2017年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]