農業協同組合 (韓国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
農業協同組合
Nong Hyup Headquarters.JPG
韓国農業協同組合本部
各種表記
ハングル 농업협동조합
漢字 農業協同組合
発音 ノンオピョプトンジョハプ
英語 The National Agricultural Cooperative Federation
テンプレートを表示

農業協同組合(のうぎょうきょうどうくみあい、NACF)は、大韓民国における農業生産力の増進と農民の経済的・社会的な地位の向上を促進し、以て国家経済の発展に寄与することを目的に設立された、農民による協同組織体。略称は農協(ノンヒョプ、NH)。

沿革[編集]

1961年に設立された。現在、韓国各地で運営しているスーパーマーケットにて国産の農作物を売っている。他にも、農民支援のために、金融業務や保険業務も扱っている。2000年7月1日、旧農協は組職基盤を固めるために、畜産業協同組合(畜協、NLCF)や人参協同組合と統合した。2012年3月2日、金融や保険、信用事業を分離し、NH農協金融持株株式会社を設立した。

スローガン「身土不二」[編集]

スローガンは「身土不二」で、これは日本の有機農法が導入されたものである(ただし、韓国では日本由来の言葉はとんでもないと反日感情から批判を受けたため、「中国由来」として紹介されている[1]

韓国農協での「身土不二」運動は「韓国国産の農産物を消費しよう」というもので、韓国農協は韓国国産のみの販売を原則としている[1]

現在、農協は農産物市場における国際競争を勝ち抜けるために、韓国農業の国際的競争力を強化し、同時に活気がある農村社会を作ることを課題としている。なお、農産物市場の国際化に鑑み、農協は日本で韓国農協インターナショナル株式会社を設立し、キムチなどの農産物を輸入・販売している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 身土不二#韓国における身土不二運動参照

関連記事[編集]

外部リンク[編集]