MS ゴシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MS Pゴシックから転送)
移動: 案内検索
本来の表記は「MS ゴシック」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213Microsoftコードページ932)が含まれています詳細

MS ゴシック(エムエス ゴシック)とは、Microsoft Windows 日本語版に標準で搭載されているゴシック体の和文 TrueType フォントである。書体名の詳細については書体名に関する注意を参照。

リョービイマジクス製作の字母をもとに、リコーが作成した[1]

種類[編集]

※括弧内は英語名。

MS ゴシック (MS Gothic)
MS ゴシックの基本となる等幅フォント。リョービイマジクスが写真植字向けに制作したゴシック体の字母(ゴシック-B)を元にしている。画面表示用のラスタフォント(ドットフォント)は視認性を高めるため、デザインが異なる。Windows 3.1 以降に搭載。
MS Pゴシック (MS PGothic)
MS ゴシックの文字幅を文字毎に調整したプロポーショナルフォントWindows 95 以降に搭載。
現在に至るまで Internet Explorer など多くのウェブブラウザで標準の日本語フォントに設定されている。欧文などのフォントがアンチエイリアスで表示されるのに対し、日本語はドットフォントとなり違和感が発生する[2]。ブラウザの設定で他の日本語フォントを標準に指定することもできるが、日本の商用サイトでは CSS によりMS Pゴシックを強制指定していることが多く、滑らかな文字で表示したい場合はユーザースタイルシートを用いるなど上級者向けの設定が必要になる[3]
MS UI Gothic (MS UI Gothic)
ウィンドウのメニューバーなどに慣習的に使用されてきたいわゆる半角カナを、通常の全角文字に置き換える目的で作成されたプロポーショナルフォント。ひらがなカタカナの文字幅を漢字の4/5ほどに狭くし(そのため若干丸文字に近く見える)、少ないピクセル数でも判別しやすいよう書体が一部変更されている。Windows 98以降に搭載され、MS ゴシック、MS Pゴシックとは異なり画面表示専用のフォントとして位置づけられている[4]Windows Vista 以降ではメイリオに一部置き換わったが、引き続き MS UI Gothic も多用されている。メイリオはやや幅広で、幅狭の MS UI Gothic とは志向が異なる。Windows 7 で導入された Meiryo UI フォントが Windows 8 では全面的に採用された。

Windows 以外の環境での使用[編集]

フォントは有料で販売されており、Windows以外で利用可能[5]。 Windows に搭載されているフォントファイルを他のOSにコピーして使用することは、たとえ技術的に可能であったとしてもライセンス違反の疑いがある。

Mac OS X 向けには、Word などで作成した文書の体裁に互換性をもたせるため、マイクロソフトが販売しているMac OS X 向けのMicrosoft Office v.X にはMS ゴシックとMS 明朝が、Microsoft Office 2004以降には JIS X 0213:2000 に準拠したMS ゴシック、MS Pゴシック、MS 明朝、MS P明朝の各フォントが含まれている(MS UI Gothic は含まれていない、Microsoft Office 2008以降にはメイリオも含まれている)[6]

PDFlibを利用する場合、PDFlib日本語リソースキットに同梱のMS フォントを無償で利用可能であるため、Windows 以外の OS で PDFlib のライセンスの範囲内で利用可能。

バージョン[編集]

1.0[編集]

  • Windows 3.1 に標準搭載されているバージョン(1992年[1]

JIS X 0201JIS X 0208NEC特殊文字NEC選定IBM拡張文字IBM拡張文字が収録されている[1]

2.10[編集]

  • Windows 95に標準搭載されているバージョン(1995年[1]
  • 基本的にJIS90の字体であるが、「叉」や「釜」などの筆押さえは無い字形を採用しており、「燿」が人名用漢字の字体とは異なる JIS78 字形の旧字体になっている。
  • U+663B(、本来は日の下に)は、Microsoft コードページ 932 で 0xFAD0 に対応しているため、U+6602(昂、日の下に)と同じ字形になっている。

2.30[編集]

  • Windows 98 / Me / 2000 / XP やWindows Server 2003に標準搭載されているバージョン(1998年[1]JIS X 0212の文字が追加された[1]
  • 」のように IBM拡張文字とJIS X 0212とで字体が異なるがUnicode符号で包摂されているものについてはJIS X 0212の字体を優先してJIS X 0212の字体に変更された。

2.5[編集]

  • Windows Vistaで、過去のWindowsと互換性を保つために用いるためのもの。
  • JIS X0213:2004の文字を追加したが、JIS2004で字体が変更された文字はJIS2004の字体ではなくJIS90の字体のバージョン。2.3 のバグ修正も行われている。
  • JIS2004による字体変更ではないが、表外漢字字体表に含まれてもいない表外字の字体が一部変更された(「」や「」など)[7]。このため同名のフォントであるが過去のフォントとは一部字体が異なっている。
  • 「燿」が人名用漢字の字形に変更された。
  • 」や「」などIBM拡張文字やJIS X 0212と字体が異なるがUnicodeで包摂されているものはJIS X 0213の字体を優先してJIS X 0213の字体に変更された。
  • U+663BがUnicode規格に沿った字形(日の下に)に変更された。
  • 当該漢字以外の漢字や一部ギリシア文字、その他にもデザインの変更がなされた。
    MS PゴシックおよびMS UI Gothicの8 / 9 / 10 ptでのビットマップフォントにおいて、半角ピリオドが右に1ドットずれた[8]
    元々、MS Pゴシックでは一部のグリフで文字の右に余白が無く、使用頻度の高い9ptの英数字の中では「R」または「X」の次にピリオドが来た場合にくっついて判別困難という問題があった。この変更はこれに対処するものとされているが、そもそもほとんどの文字は左に余白が無いため、新版でもピリオドの次に「b, g, h, k, n, p, r, x, z, I, X, Z」のいずれかを置いた場合には同様の問題が発生する。特に拡張子ではピリオドの次に英字が来るため、「.html」や「.zip」などでこの問題が発覚しやすい。
    なお、旧版のままのデザインでは半角数字「2」がピリオドの次に来る場合に隣接してしまうため、それを避けるように左下部分が引っ込んだ形に変わった。この「2」の字形に対しては特に不満がネット上で散見される[要出典]
    ギリシア文字については、いくつかの文字が「正しい」字形になったとして歓迎されている[要出典]。アスキーアートでの利用者からは若干の不満も聞かれる[要出典]
  • バージョン 2.5と5.0で字体が異なるのはマイクロソフトによると122字のみである[9]
  • JIS X 0208外の漢字でも、表外漢字字体表にあるもの(「」「」など)はビットマップが追加された。
  • 今まで9ptと同じものだった10ptのビットマップが新たに書き起こされた。これにより視認性が向上したが、10ptフォントを「9ptの文字間隔が広がったもの」と解釈しGUIを設計していた一部のアプリケーションで表示崩れが発生している。

5.00[編集]

  • Windows VistaWindows Server 2008では標準搭載[1]Windows XP向けにはService Pack 2以降を対象としてマイクロソフトのサイトで公開された[1]
  • JIS X0213:2004 による字体変更に対応[1]。このため同名のフォントであるが過去のフォントとは一部字体が異なっている[10]
  • 当該漢字以外の漢字や一部ギリシャ文字、その他にも誤字の訂正およびデザインの変更がなされた。

注:ここでは2.3から5.0の差異のうち2.3から2.5の差異は2.5のところに記し、重複させていない。

5.01[編集]

  • Windows 7 に標準搭載されているバージョン(2009年[1]
  • MS PゴシックおよびMS UI Gothicの9ptにおいて、2.5で右にずれたピリオドを避けるように「2」のみでなく半角数字すべてのデザインが細身なものに変わった[8]。これも2.5での「2」の字形同様ネット上で不満が見られる[要出典]

書体名に関する注意[編集]

MS UI Gothic を除き、日本語名の「MS」および「P」は全角である。また、MSの後ろには半角の空白が入り、Pの後に空白は入れない。日本語名と別に英語名があり、英語版ソフトウェアから指定する場合や CSS 中での指定の際に文字化け対策として使用できるが、Opera など一部のウェブブラウザでは CSS 中での英語名指定に対応しておらず逆に文字化けの原因となる場合がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「MSゴシック」、「MS明朝」についてのお話”. リコー. 2012年2月24日閲覧。
  2. ^ Windows TIPS -- Tips:IEの日本語表示でもClearTypeの恩恵に浴する”. @IT (2002年7月6日). 2012年8月22日閲覧。
  3. ^ さらばMS ゴシック/MS Pゴシック! Windows版Google Chromeできれいなフォント表示を実現する”. takepierrot Editor Note (2012年1月7日). 2012年8月22日閲覧。
  4. ^ マイクロソフト (1997年12月16日). “次期Windows NT(R) 5.0 及びWindows(R) 98にて、JIS X 0221 日本語規格を標準サポート”. 2009年1月14日閲覧。
  5. ^ MS Gothic”. Microsoft typography. 2012年8月22日閲覧。
  6. ^ Mac OS X で利用する場合、マイクロソフトのサイトからOffice 2004の体験版をダウンロード・インストールするとMSフォントもインストールされるが、Office 2004をアンインストールしてもMSフォントはシステム上に残る。システム上に残ったMS フォントの利用については、マイクロソフトから「そのまま利用しても問題ない」との回答があったという(MSフォントの合法的な入手が可能です)。このとおりであれば、Mac OS X環境についてはOffice 2004の体験版のインストール→アンインストールで正規にMSフォントの利用が可能となる。
  7. ^ Microsoft Windows Vista:JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」についての「Windows Vista における JIS2004 対応に関する詳細資料」に含まれる「MS ゴシック明朝V2.50フォントアップデート情報」ファイルを参照。
  8. ^ a b 小山田 理佳. “Windows 7 : 製品ソフト開発者から出た "その疑問" にズバリお答えします ! 第 1 回 Windows Vista から、こんな点が変わりました”. マイクロソフト. 2009年11月23日閲覧。
  9. ^ Microsoft Windows Vista:JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」についての「Windows Vista における JIS2004 対応に関する詳細資料」に含まれる「MS ゴシック明朝 JIS04 字形と JIS90 字形」ファイルを参照。
  10. ^ Microsoft Windows Vista:JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」についてを参照。

関連項目[編集]