L.J.ホーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
L・J・ホーズから転送)
移動先: 案内検索
L.J.ホーズ
L. J. Hoes
ボルチモア・オリオールズ(マイナー)
L. J. Hoes on July 28, 2013.jpg
オリオールズ時代(2013年7月28日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントンD.C.
生年月日 1990年3月5日(26歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 ドラフト3巡目(全体81位)でボルチモア・オリオールズから指名
初出場 2012年9月25日 トロント・ブルージェイズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェローム・オブライアン・ホーズ(Jerome O'Bryan Hoes, 1990年3月5日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.出身の野球選手外野手、右投右打。現在はMLBボルチモア・オリオールズ傘下に所属している。

経歴[編集]

オリオールズ時代[編集]

2008年、MLBドラフト3巡目(全体81位)でボルチモア・オリオールズから指名され、6月14日に入団。

2012年9月11日にメジャー初昇格を果たし、9月25日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。代走として出場した。

アストロズ時代[編集]

2013年はAAA級ノーフォーク・タイズでプレー。2013年7月31日バド・ノリスとのトレードでジョン・ヘイダーと共にヒューストン・アストロズへ移籍[1]。同日の古巣・オリオールズ戦に2番・右翼でスタメン出場。5打数無安打だった。

2014年オフには、リーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルレオネス・デル・カラカスでプレーした。ここでの登録名は、「ジェローム・ホーズ」だった[2]

2015年には出番が激減し、8試合の出場に留まった。だが、非常に限られた機会ながら打撃は上向き、打率.267をマークした。守備面ではライトレフトを守り分け、DRS +2・無失策と安定した守備を見せた。11月20日にDFAとなった[3]

オリオールズ復帰[編集]

2015年11月25日、金銭トレードでボルチモア・オリオールズに移籍した[4]

2016年1月26日、エフレン・ナバーロの加入に伴いDFAとなり[5]、2月4日にAAA級ノーフォーク・タイズに降格した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Brittany Ghiroli (2013年7月31日). “Norris heads to Orioles in Deadline deal” (英語). MLB.com. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ #5 HOES, JEROME レオネル・デル・カラカス公式サイトロースターより 2015年1月7日閲覧[リンク切れ]
  3. ^ “Astros' L.J. Hoes: Designated for assignment” (英語). CBS Sports FANTASY. RotoWire Staff (CBS Interactive). (2015年11月20日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/astros-lj-hoes-designated-for-assignment/ 2015年11月22日閲覧。 
  4. ^ Joey Nowak (2015年11月25日). “O's bring Hoes back in deal with Astros” (英語). MLB.com. 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ Brittany Ghiroli (2016年1月26日). “O's add Navarro for depth; designate Hoes” (英語). MLB.com. 2016年1月28日閲覧。
  6. ^ Transactions | orioles.com” (英語). MLB.com (2016年2月4日). 2016年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]