K-BOOKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ケイ・ブックス
K-BOOKS INC.
AKIHABARA New Radio Kaikan.jpg
K-BOOKS秋葉原本店・新館の入居する秋葉原ラジオ会館
種類 株式会社
本社所在地 164-0001
東京都豊島区東池袋3-15-2
ライオンズマンション池袋505号室
設立 1994年7月(創業:1992年
業種 小売業
事業内容 古本売買、新刊本・中古品小売業、飲食業
代表者 代表取締役会長 大塚健
代表取締役社長 大塚洋子
資本金 5000万円
売上高 42億2,000円(2009年10月期)
従業員数 185名
決算期 10月
外部リンク http://www.k-books.co.jp/
特記事項:『帝国データバンク会社年鑑. 2011 東日本』(帝国データバンク)記載の情報を一部参照した。
テンプレートを表示

K-BOOKS漫画および同人誌を扱う書店。会社としての商号は株式会社ケイ・ブックス

沿革[編集]

K-BOOKSは新刊古本の漫画やライトノベルのほか、中古同人誌、映像・音楽媒体を含むアニメ・ゲーム声優関連のグッズ等を販売している。本社は東京都豊島区東池袋にある。

K-BOOKSは1992年に豊島区巣鴨に開店した漫画古書店「けんちゃんちのマンガ塾」を源流とし、店名は会長の大塚健に由来している。現店名のK-BOOKSの「K」も「けんちゃん」の頭文字から取られたものである。

1994年7月に有限会社ケイ・ブックスを設立し、同年11月には池袋に店舗を移転させ「ケイ・ブックス池袋店」と改名、以降は池袋地区が地盤となっている。1997年11月に株式会社化した。

2017年時点では池袋に12店舗、秋葉原に2店舗、大阪なんば名古屋駅西地区に各1店舗の計16店舗(同じ建物内で取扱商品やフロアが異なる別館も含む)が営業している[1]。名古屋地区からは2008年には開店した大須フロンティア館を2010年に閉店していったん撤退したが、2017年4月に再進出(名古屋フロンティア館)した。

ポインドカードを導入しており、買い物でたまったポイントは、次回以降の支払いに使ったり、交換でグッズを入手したりできる。

また、エンターテインメントカフェ事業部において執事喫茶 Swallowtailと、洋菓子店 Patisserie Swallowtailを池袋で営業している。

店舗[編集]

漫画・アニメ・同人系の店舗[編集]

  • 池袋同人館
  • 池袋アニメ館
  • 池袋コミック館
  • コスプレ館
  • 秋葉原本館
  • 秋葉原新館
  • 大阪なんば壱番館
  • 名古屋フロンティア館

飲食系の店舗[編集]

  • メイドカフェ「Hand Maid Cafe L⇔R」(2009年閉店)
  • 執事喫茶Swallowtail
  • Patisserie Swallowtail

閉店した店舗[編集]

  • 吉祥寺店(1998年5月10日の時点で既に閉店)
  • 渋谷店
  • 大須フロンティア館(2008年~2010年)
  • DOLLS館(2011年閉店)
  • 秋葉原コスプレ館(2012年閉店)
  • なんば弐番館(2016年閉店)
  • セレクト館(2017年閉店)
  • アイドル館(2017年閉店)
  • 秋葉原新館(2017年閉店)

関連書籍[編集]

  • 大塚健『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』(2012年、青志社)

脚注[編集]

  1. ^ 店舗案内”. K-BOOKSホームページ. 2017年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]