HD 17156

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HD 17156
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 8.16[1]
分類 恒星(G型星)
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 02h 49m 44.4873s[1]
赤緯 (Dec, δ) +71° 45′ 11.630″[1]
赤方偏移 -0.000011[1]
視線速度 (Rv) -3.21 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 91.14 ミリ秒/[1]
赤緯: -33.14 ミリ秒/年
年周視差 (π) 12.53 ± 0.25 ミリ秒[1]
距離 260.18 ± 5.19 光年[注 1]
(79.81 ± 1.59 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 3.70
物理的性質
半径 1.508 ± 0.021 R[2]
質量 1.275 ± 0.018 M[2]
平均密度 0.522+0.021
−0.018
g/cm3[2]
表面重力 4.29 ± 0.06 (log g)[3]
自転速度 2.6 ± 0.50 km/s[3]
自転周期 12.8 [3]
スペクトル分類 G0[1]
光度 2.6 L[3]
表面温度 6,079 ± 80 K[4]
金属量[Fe/H] 0.24 ± 0.05[4]
年齢 33.8+4.7
−2.0
億年[2]
別名称
別名称
BD+71 171[1]
HIP 13192[1]
SAO 4737
GSC 04321-01320[1]
2MASS J02494447+7145115[1]
TYC 4321-1320-1[1]
Template (ノート 解説) ■Project

HD 17156は、カシオペヤ座の方角にある黄色準巨星[3]である。8等級であり、肉眼では観測出来ないが、性能のよい双眼鏡を使うと観測することが出来る。

質量は太陽より27.5%、半径は50.8%大きい。表面温度は6,079Kで、太陽の5,778K[5] よりもやや高温である。また彩層の観測により、2007年の研究では、年齢は44億年から70億年と推定されていた[6]が、2011年の発表で、31億6000万年から38億5000万年に改められた[2]。この星はすでに主系列星の最終段階で、すぐに近傍の惑星を飲み込むと考えられている。

大きさの比較
太陽 HD 17156
太陽 Exoplanet

惑星系[編集]

2007年に視線速度法を用いた観測で、惑星HD 17156 bが発見され、カシオペヤ座では初めて発見された惑星系である。後の観測によって、この惑星は主星を通過することが判明し、その半径が測定された[7]。2008年2月に、内側の惑星bと5:1の軌道共鳴を起こしている、地球の20倍の質量を持つHD 17156 cが存在する可能性が指摘された[8]

HD 17156の惑星[2][8]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b 3.191±0.033 MJ 0.1589+0.0054
−0.0044
[9]
21.2163979±0.0000159 0.6719 86.49+0.24
−0.20
°
1.095±0.020 RJ
c (未確認) 0.063±0.007 MJ 0.481±0.001 111.314±3.0 0.136±0.005

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n SIMBAD Astronomical Database”. Result for HD 17156. 2017年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Nutzman, Philip; Gilliland, Ronald L.; McCullough, Peter R.; Charbonneau, David; Christensen-Dalsgaard, Jørgen; Kjeldsen, Hans; Nelan, Edmund P.; Brown, Timothy M. et al. (2011). “Precise Estimates of the Physical Parameters for the Exoplanet System HD 17156 Enabled by Hubble Space Telescope Fine Guidance Sensor Transit and Asteroseismic Observations”. The Astrophysical Journal 726 (1): article number 3. arXiv:1011.0440. Bibcode 2011ApJ...726....3N. doi:10.1088/0004-637X/726/1/3. http://iopscience.iop.org/0004-637X/726/1/3/fulltext/. 
  3. ^ a b c d e Fischer, Debra A.; Vogt, Steven S.; Marcy, Geoffrey W.; Butler, R. Paul; Sato, Bun’ei; Henry, Gregory W.; Robinson, Sarah; Laughlin, Gregory et al. (2007). “Five Intermediate-Period Planets from the N2K Sample”. The Astrophysical Journal 669 (2): 1336–1344. arXiv:0704.1191. Bibcode 2007ApJ...669.1336F. doi:10.1086/521869. http://iopscience.iop.org/0004-637X/669/2/1336/fulltext/. 
  4. ^ a b Winn, Joshua N.; Holman, Matthew J.; Henry, Gregory W.; Torres, Guillermo; Fischer, Debra; Johnson, John Asher; Marcy, Geoffrey W.; Shporer, Avi et al. (2009). “The Transit Light Curve Project. X. A Christmas Transit of HD 17156b”. The Astrophysical Journal 693 (1): 794–803. arXiv:0810.4725. Bibcode 2009ApJ...693..794W. doi:10.1088/0004-637X/693/1/794. http://iopscience.iop.org/0004-637X/693/1/794/fulltext/. 
  5. ^ Fraser Cain (2008年9月15日). “Temperature of the Sun”. Universe Today. 2017年7月1日閲覧。
  6. ^ Fischer et al. (2007). “Five Intermediate-Period Planets from the N2K Sample” (abstract). The Astrophysical Journal 669 (2): 1336-1344. doi:10.1086/521869. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/669/2/1336/. 
  7. ^ Barbieri et al. (2007). “HD 17156b: A Transiting Planet with a 21.2 Day Period and an Eccentric Orbit”. Astronomy and Astrophysics Letters 476: L13-L16. doi:10.1051/0004-6361:20078787. http://www.aanda.org/articles/aa/abs/2007/47/aa8787-07/aa8787-07.html. 
  8. ^ a b Short, Donald; Welsh, William F.; Orosz, Jerome A.; Windmiller, Gur (2008). Orbital Dynamics Of A Possible Second Planet In HD 17156. arXiv:0803.2935. Bibcode 2008arXiv0803.2935S. 
  9. ^ Gillion.M et al. (2007年). “Improved parameters for the transiting planet HD 17156b:a high-density giant planet with a very eccentric orbit”. arXiv:0712.2073v3 [astro-ph.EP]. 

外部リンク[編集]