Green500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Green500(グリーン500)は、世界で最もエネルギー消費効率の良いスーパーコンピュータを定期的にランク付けし評価するプロジェクトである[1]。スーパーコンピュータにおけるグリーンITの指標の1つともされ、日本では「スーパーコンピュータの省エネ性能ランキング」などと呼ばれる事もある[2]

概要[編集]

Green500は2005年4月に発足し、2007年よりバージニア工科大学によってランキング発表が開始された。2008年は年3回発表されたが、2009年から2015年まではInternational Supercomputing Conference(ISC)でのTOP500ランキング発表後となる6月・11月の年2回に発表されていた。2016年以降はISCにてTOP500と同時に発表されている。

主な指標は、消費電力当たりのLINPACK測定性能である「FLOPS/ワット」(FLOPS-per-Watt)を使用している。このLINPACK測定性能値はTOP500測定値を使用している。

かつては絶対性能の高いスーパーコンピュータとエネルギー消費効率の高いスーパーコンピュータは別々の尺度で評価されており、各システムにおいて、TOP500のランキングを出す際は最もLINPACK実行性能の高い設定で、Green500のランキングを出す際は最もエネルギー消費効率が高い設定で測定が行われていたが、これからの時代はハイパフォーマンス志向のスーパーコンピュータでもエネルギー消費効率が重要になるとの見地から、2016年6月期よりTOP500と統合され、Green500はTOP500と同一の設定で測定されるようになっている。また、Green500のランキングはTOP500にランクインしたシステムの中から選ばれるようになったため、エネルギー消費効率を最重要視した結果TOP500のランキング外となったシステムがGreen500の上位に食い込むことは不可能になった。

Green500リスト[編集]

Green500リストは「The Green List」とも呼ばれ、各回上位の順位、性能(MFLOPS/W、メガフロップス/ワット)、設置場所、システムは以下の通り。

2016年6月[編集]

2016年6月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[3]。理研のShoubuが3連覇。また、TOP500で1位となった神威太湖之光がGreen500でも3位と上位につけた。

今回より、Green500がTOP500のランキングと統合され、TOP500のランキング算出に用いられた設定(エネルギー消費効率よりもハイパフォーマンスに割り振った設定)からGreen500のランキングが算出されるようになったため、いくつかのシステムで前回以前よりもエネルギー消費効率が若干下がっており、特にShoubuは大きくダウンしたが、それでも1位をキープした。また、Green500のランキングがTOP500にランクインしたシステムの中から選ばれるようになったため、Suiren Blue(2016年6月のTOP500で576位)などShoubuと同レベルのエネルギー消費効率を持つPEZY ComputingのシステムがTOP500ランク外であったためにGreen500へのランクインができなかったが、TOP500でギリギリ486位となったPEZY Computingの新型機SatsukiがGreen500で2位となった。

ちなみに6位はスタンフォード大学のXStream、7位から10位まではInspurのサーバー機。

  • 1 6,673.84 (日本、理化学研究所、Shoubu)
  • 2 6,195.22 (日本、理化学研究所、Satsuki)
  • 3 6,051.30 (中国、無錫国立スーパーコンピュータセンター、神威太湖之光
  • 4 5,272.09 (ドイツ、重イオン研究所、ASUS ESC4000)
  • 5 4,778.46 (中国、中国科学院近代物理研究所、Sugon Cluster W780I)

2015年11月[編集]

2015年11月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[4]。理研のShoubuが2連覇。ちなみに6位から10位まではInspur(浪潮世科信息技術)のサーバー機(設置企業は不明)で、4位のSugon(中科曙光)を含めると上位10システム中6システムを中国メーカーが占めた。

2015年6月[編集]

2015年6月に発表されたGreen500リストのうち、上位10位は以下の通り。日本のスパコン開発ベンチャーのPEZYグループが開発したスパコンが1~3位を独占した[5]。いずれもPEZYが開発したPEZY-SCが使われており、日本の企業が開発したCPUを使ったシステムが初めてGreen500で1位となった。

Green500リスト(2015年6月)上位10位[6]
順位 設置場所 製造 コンピュータ (プロセッサ) 設置国 電力当り性能(MF/W) 合計消費電力(kW) TOP500順位
1 理化学研究所 Shoubu(菖蒲)(Xeon E5-2618Lv3 8CPEZY Computing) 日本の旗 日本 7,031.58 50.32 160
2 高エネルギー加速器研究機構 Suiren Blue(青睡蓮)(Xeon E5-2618Lv3 8C、PEZY Computing) 日本の旗 日本 6,842.31 28.25
3 高エネルギー加速器研究機構 Suiren (睡蓮)( Intel Xeon E5-2660v2 10C、PEZY Computing) ) 日本の旗 日本 6,217.04 32.59
4 重イオン研究所 ASUS ESC4000 FDR/G2S( Intel Xeon E5-2690v2 10C) ドイツの旗 ドイツ 5,271.81 57.15
5 東京工業大学 TSUBAME-KFC (Intel Xeon E5-2620v2 6CNVIDIA K20x) 日本の旗 日本 4,257.88 39.83
6 スタンフォード大学 XStream(Intel Xeon E5-2680v2 10CNvidia K80) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 4,112.11 190.00
7 クレイ・インコーポレイテッド Storm1 ( Intel Xeon E5-2660v2 10CNvidia K40m) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3,962.73 44.54
8 ケンブリッジ大学 Wilkes (Intel Xeon E5-2630v2 6CNVIDIA K20) イギリスの旗 イギリス 3,631.70 52.62
9 ドレスデン工科大学 Taurus GPUs (Bull bullx R400Xeon E5-2680v3 12CNvidia K80) ドイツの旗 ドイツ 3,614.71 58.01
10 金融機関 ( Xeon E5-2680v2 10CNVIDIA K20x) 3,543.32 54.60

2014年6月[編集]

2014年6月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[7]。 東京工業大学のTSUBAME-KFCが2連覇[8]

2013年11月[編集]

2013年11月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[9]。 東京工業大学のTSUBAME-KFCが日本製スパコンとして初めて1位を獲得した[10]

2012年6月[編集]

2012年6月に発表されたGreen500リストのうち、上位10位は以下の通り。1位~20位をIBMBlueGine/Qが独占した[11][12]

Green500リスト(2012年6月)上位10位[13]
順位 設置場所 製造 コンピュータ (プロセッサ) 設置国 電力当り性能(MF/W) 合計消費電力(kW) TOP500順位
1 ローレンス・リバモア国立研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.88 41.1 252
2 IBMトーマス・J・ワトソン研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.88 41.1 253
3 アルゴンヌ国立研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.86 82.2 99
4 アルゴンヌ国立研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.86 82.2 100
5 レンセラー工科大学 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.86 82.2 102
6 ロチェスター大学 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.86 82.2 103
7 IBMトーマス・J・ワトソン研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2100.86 82.2 101
8 エディンバラ大学 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) イギリスの旗 イギリス 2099.56 493.1 20
9 ダーズベリー研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) イギリスの旗 イギリス 2099.50 575.3 13
10 ユーリヒ総合研究機構(FZJ) IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) ドイツの旗 ドイツ 2099.46 657.5 8

2011年11月[編集]

2011年11月に発表されたGreen500リストのうち、上位10位は以下の通り。1位~5位をIBMBlueGine/Qが独占した。6位、7位、9位、10位はGPGPU技術を使用。

Green500リスト(2011年11月)上位10位[14]
順位 設置場所 製造 コンピュータ (プロセッサ) 設置国 電力当り性能(MF/W) 合計消費電力(kW) TOP500順位
1 IBMロチェスター IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2026.48 85.12 64
2 IBMトーマス・J・ワトソン研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2026.48 85.12 65
3 IBMロチェスター IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1996.09 170.25 29
4 ローレンス・リバモア国立研究所 IBM BlueGene/Q (Power BQC 16C) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988.56 340.5 17
5 IBMトーマス・J・ワトソン研究所 IBM NNSA/SC BlueGene/Q プロトタイプ1 (Power BQC) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1689.86 38.67 284
6 長崎大学 (自作) DEGIMAクラスター (Intel i5, ATI Radeon) 日本の旗 日本 1378.32 47.05 328
7 バルセロナ・スーパーコンピュータ・センター Bull Bullx B505 (Xeon E5649 6C, NVIDIA 2090) スペインの旗 スペイン 1266.26 81.5 114
8 TGCC/GENCI(Tres Grand Centre de calcul du CEA) Bull Bullx B505 (Xeon E5640) フランスの旗 フランス 1010.11 108.8 102
9 中国科学院 IPE, Nvidia, Tyan Mole-8.5 Cluster (Xeon X5520 4C, NVIDIA 2050) 中華人民共和国の旗 中国 963.7 515.2 21
10 東京工業大学 日本電気, HP HP ProLiant SL390s G7 (Xeon 6C X5670, NVIDIA) 日本の旗 日本 958.35 1243.8 5

2011年6月[編集]

2011年6月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[15]

2010年11月[編集]

2010年11月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[16]。1位にBlueGene/Qが登場した。GRAPE-DRは2010年5月に発表されたLittle Green500で 815.43 MFLOPS/Watt で1位となった。

2010年6月[編集]

2010年6月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り[17]。上位5位の使用プロセッサは、4位の星雲はインテルXeon、他の4システム(QPACEおよびBladeCenter)はPowerXCellを搭載。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]