GVFS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GVFSは、GNOMEデスクトップ仮想ファイルシステムで、SFTPFTPWebDAVSMBOBEXなどを経由したリモートデータとudevを経由したローカルデータへのアクセスを容易にする[1]

アタッチされたリソースはURIで参照できるようになり、例えば smb://server01/gamedata とか ftp://username:password@ftp.example.net/public_html となる。また、従来と同様のマウントを ~/.gvfs/ 配下に行うこともでき、POSIX標準のコマンドやI/Oを使った古いアプリケーションからも利用できる。

技術詳細[編集]

GVFSはFUSEを使い[2]、従来の GnomeVFS の代替を意図したものである[3]。アプリケーションがロードするGIO英語版をサポートした共有ライブラリと、相互の通信やD-Bus上のGIOモジュールとの通信を行う各種デーモンで構成されるGVFS本体からなる[4]

2010年12月現在、登録された113のGNOMEコンポーネントのうち107がGIO英語版に移植され[5]、GVFSのURIをサポートしている。また、gvfs-mount、gvfs-lessなどGVFSリソースに対して機能するコマンドラインのユーティリティ群もある[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]