GMC・サイクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GMC・サイクロン
GMC-Syclone.jpg
ボディタイプ 2ドア ピックアップトラック
エンジン LB4型 4.3L V6 ターボ 280hp
駆動方式 四輪駆動
変速機 4速オートマチック
全長 4,585mm
全幅 1,785mm
全高 1,660mm
車両重量 1,555kg
-自動車のスペック表-

GMC・サイクロンGMC Syclone )は、ゼネラルモーターズGMCブランドで生産していたピックアップトラック。GMC S-10の前身であるソノマのハイパフォーマンスバージョンとしてプロダクション・オートモーティブ・システムズ(Production Automotive Systems )で1991年から1992年に生産された。

概要[編集]

1990年にユタ州ボンネビル・スピードウェイで開催されたボンネビル・ナショナル・スピードトライアルでピックアップトラックの世界最高速記録に挑み、時速210マイル(約336km/h)を記録したGMCがホモロゲーションを取得すべく開発・生産されたのがサイクロン。2年間に僅か2,998台が生産されただけのため、世界的に希少価値が高い。

ピックアップトラックとしては過剰ともいえる動力性能を持ち、市販状態でも停止状態から時速60マイル(約96km/h)までの発進加速が4秒台、SS1/4マイル(ゼロヨン相当)13秒台、最高時速125マイル(約200km/h)ということから、「フェラーリ・テスタロッサ殺し」の異名を持つ。

エンジンはシボレー・アストロの4,300cc・V型6気筒OHVのLB4型を三菱TD06-17Cタービンギャレット製水冷・空冷インタークーラーで過給、GMスモールブロックエンジンのスロットルボディ流用等のチューニングで、最高出力280hp/4,400rpm、最大トルク49.8kgf-m/3,600rpmを発揮する。これにシボレー・コルベットの4速ATが加わり、トランスファーはオールズモビル・ブラバダで採用された前軸35%/後軸65%で駆動力を配分するフルタイム四輪駆動である。

足回りはフロントがダブルウィッシュボーントーションバースプリングで、リアは板バネリジッドアクスルを採用、ソノマに比べて2インチのローダウンが施されている。 ブレーキはフロントがベンチレーテッドディスク、リアがデュオサーボドラムで、ABSが備わる。

備考[編集]

  • 熱帯低気圧サイクロンはCycloneだが、インパクトを与えるべく車名の綴りはSycloneとした。
  • 市販車はすべて黒一色。
  • 1992年のインディ500では3台のサイクロンがペースカーとして活躍した。
  • スミソニアン博物館に一時期サイクロンが展示されていた。現在はGMCが引き取って保管している。
  • サイクロンのコンポーネントは追って登場したタイフーンにもそのまま採用された。
  • サイクロンの廉価バージョンとして1992年にソノマGTが登場、約800台が限定生産された。
    • エンジン:L35型4,300ccV6NAエンジン(195hp、サイクロンはターボ付き280hp)
    • 駆動方式:後輪駆動(サイクロンは四輪駆動)
    • サスペンション:ローダウン未施工
    • サイクロンのエアロパーツを装着

関連項目[編集]