GLP-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

GLP-1とは、グルカゴンペプチド-1 (Glucagon-like peptide-1) の略。1983年に同定された消化管ホルモンで、消化管に入った炭水化物を認識して消化管粘膜上皮から分泌される。中枢神経系では、レプチン受容体を発現する延髄孤束核ニューロンもGLP-1を産生することが知られており、このニューロンは脳内における唯一のGLP-1産生ニューロンとされる[1]。さらに、ニューロンだけでなく脳内免疫細胞であるミクログリアにおいてもGLP-1が産生されることから[2][3]、脳内免疫に関与することが示唆されている。

発見[編集]

1971年に同定されたGIP(glucose-dependent insulinotropic polypeptide)とともにインクレチンと呼ばれ、膵臓からのインスリン分泌を促進するものなので、糖代謝に密接に関連する[4]。分解酵素であるDPP-4(dipeptidyl peptidase-4)により速やかに不活化されるため、糖尿病治療としてDPP-4の阻害薬とGLP-1受容体作動薬が日本および海外で用いられている。

作用[編集]

 末梢作用[編集]

  • 膵臓からのインスリン分泌を促進と血糖降下 グルカゴン分泌抑制
  • 胃内容物排出遅延
  • DPP-4(dipeptidyl peptidase-4)により不活化される
  • ApoB48蛋白は腸管で生成されるが、GLP-1がこれを抑制する。結果として中性脂肪の吸収は阻害される。
  • ナトリウム排泄を促進し、血圧を下げる傾向をみせる。

 中枢作用[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ Merchenthaler, I.; Lane, M.; Shughrue, P. (1999年1月11日). “Distribution of pre-pro-glucagon and glucagon-like peptide-1 receptor messenger RNAs in the rat central nervous system”. The Journal of Comparative Neurology 403 (2): 261–280. ISSN 0021-9967. PMID 9886047. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9886047. 
  2. ^ Iwai, Takashi; Ito, Satoshi; Tanimitsu, Kahori; Udagawa, Shunichi; Oka, Jun-Ichiro (2006年8月). “Glucagon-like peptide-1 inhibits LPS-induced IL-1beta production in cultured rat astrocytes”. Neuroscience Research 55 (4): 352–360. doi:10.1016/j.neures.2006.04.008. ISSN 0168-0102. PMID 16720054. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16720054. 
  3. ^ Kappe, Camilla; Tracy, Linda M.; Patrone, Cesare; Iverfeldt, Kerstin; Sjöholm, Åke (2012年12月23日). “GLP-1 secretion by microglial cells and decreased CNS expression in obesity”. Journal of Neuroinflammation 9: 276. doi:10.1186/1742-2094-9-276. ISSN 1742-2094. PMC PMC3546916. PMID 23259618. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23259618. 
  4. ^ Holst, Jens Juul (2007年10月). “The physiology of glucagon-like peptide 1”. Physiological Reviews 87 (4): 1409–1439. doi:10.1152/physrev.00034.2006. ISSN 0031-9333. PMID 17928588. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17928588. 
  5. ^ van Dijk, G.; Thiele, T. E. (1999年10月). “Glucagon-like peptide-1 (7-36) amide: a central regulator of satiety and interoceptive stress”. Neuropeptides 33 (5): 406–414. doi:10.1054/npep.1999.0053. ISSN 0143-4179. PMID 10657518. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10657518. 
  6. ^ Isbil-Buyukcoskun, Naciye; Gulec, Guldal (2004年4月15日). “Effects of intracerebroventricularly injected glucagon-like peptide-1 on cardiovascular parameters; role of central cholinergic system and vasopressin”. Regulatory Peptides 118 (1-2): 33–38. doi:10.1016/j.regpep.2003.10.025. ISSN 0167-0115. PMID 14759554. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14759554. 
  7. ^ During, Matthew J.; Cao, Lei; Zuzga, David S.; Francis, Jeremy S.; Fitzsimons, Helen L.; Jiao, Xiangyang; Bland, Ross J.; Klugmann, Matthias et al. (2003年9月). “Glucagon-like peptide-1 receptor is involved in learning and neuroprotection”. Nature Medicine 9 (9): 1173–1179. doi:10.1038/nm919. ISSN 1078-8956. PMID 12925848. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12925848. 
  8. ^ Perry, TracyAnn; Haughey, Norman J.; Mattson, Mark P.; Egan, Josephine M.; Greig, Nigel H. (2002年9月). “Protection and reversal of excitotoxic neuronal damage by glucagon-like peptide-1 and exendin-4”. The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 302 (3): 881–888. doi:10.1124/jpet.102.037481. ISSN 0022-3565. PMID 12183643. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12183643.