β細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

β細胞(ベータさいぼう、: beta cell, β cell)は、膵島インスリンアミリン英語版の合成と分泌を行う細胞である。ヒトでは、膵島の細胞の50–70%をβ細胞が占める[1]1型糖尿病2型糖尿病の患者では、β細胞の細胞量と細胞機能がともに低下し、インスリン分泌不全と高血糖症が引き起こされる[2]

機能[編集]

β細胞の主な機能は、インスリンとアミリンの産生と放出である。どちらも異なる機構で血糖値を低下させるホルモンである。β細胞は血糖値スパイクに迅速に応答し、貯蔵していたインスリンとアミリンの一部を分泌するとともに、さらなる産生を行う[3]

インスリン合成[編集]

β細胞は哺乳類でインスリン合成が行われる唯一の部位である[4]グルコースはインスリンの放出を促進するとともに、主に翻訳制御によってプロインスリン(proinsulin、インスリンの前駆体)の生合成を増大させる[3]

インスリン遺伝子は、まずmRNA転写され、プレプロインスリン(preproinsulin)へと翻訳される。プレプロインスリンはN末端シグナルペプチドを有しており、粗面小胞体へ輸送される[5]。粗面小胞体では、シグナルペプチドが切断されてプロインスリンが形成される[5]。その後、プロインスリンはフォールディングして3つのジスルフィド結合を形成する[5]。フォールディングしたプロインスリンはゴルジ体へ輸送され、未成熟なインスリン顆粒へ入ってインスリンとCペプチド英語版へ切断される[5]。成熟後にカルシウムによってエキソサイトーシスが開始されるまで、これらの分泌小胞はインスリン、Cペプチド、アミリンを保管する[3]

インスリン遺伝子は110アミノ酸からなる前駆体をコードしているが、プロセシングを経て分泌されるのは51アミノ酸のタンパク質である[5]

インスリン分泌[編集]

A diagram of the Consensus Model of glucose-stimulated insulin secretion
グルコース応答性インスリン分泌のコンセンサスモデル。No changes were made to the original image. (CC BY-SA 4.0) File:Insulin secretion.png#filelinks

β細胞では、インスリンの放出は血中に存在するグルコースによって主に刺激される[3]。食事の消化後などに循環するグルコースのレベルが上昇すると、インスリンは用量依存的に分泌される[3]。この放出システムは一般にグルコース応答性インスリン分泌(glucose-stimulated insulin secretion、GSIS)と呼ばれている[6]。GSISの「コンセンサス・モデル」では、GLUT2英語版依存的なグルコースの取り込み、グルコースの代謝、ATP感受性カリウムチャネル英語版の閉口、そして電位依存性カルシウムチャネルの開口、の4つの主要な過程によってインスリン顆粒の膜融合とエキソサイトーシスが引き起こされる[7]

ATP感受性カリウムチャネルと電位依存性カルシウムチャネルはβ細胞の細胞膜に埋め込まれている[7][8]。ATP感受性カリウムチャネルは通常開いており、電位依存性カルシウムチャネルは通常閉じている[3]。正電荷を持つカリウムイオンは濃度勾配に従って細胞外へ拡散するため、細胞内は細胞外に対して負の電位となる[3]。安静時には、細胞膜を挟んだ電位差は約 -70 mVである[9]

細胞外のグルコース濃度が高くなると、グルコース分子は促進拡散英語版によって、濃度勾配に従ってGLUT2トランスポーターを介して細胞内へ移動する[10]。β細胞は解糖系の第一段階の触媒にグルコキナーゼ英語版を利用するため、代謝は生理学的な血糖値周辺かそれ以上の値でのみ起こる[3]。グルコースの代謝によってATPが産生され、ADPに対するATPの比率が上昇する[11]

この比率の上昇によって、ATP感受性カリウムチャネルが閉じる[8]。このことは、カリウムイオンが細胞外へ拡散しなくなることを意味する[12]。結果として、カリウムイオンが細胞内に蓄積し、膜電位はより正側へシフトする[9]。この電位変化によって電位依存性カルシウムチャネルが開き、カルシウムイオンが細胞外から濃度勾配に従って流入する[9]。カルシウムイオンが細胞内へ流入すると、インスリンを含む小胞が細胞膜へ移動して融合し、エキソサイトーシスによって門脈へインスリンが放出される[13][14]

分泌される他のホルモン[編集]

  • Cペプチド: インスリンと等量、血中へ分泌される。Cペプチドはニューロパチーや、他の糖尿病の症状と関係した血管機能の低下を防止する[15]。残存β細胞量の推計のために、Cペプチドレベルの測定が行われる[16]
  • アミリン: 膵島アミロイドポリペプチド(IAPP)としても知られる[17]。アミリンの機能は、グルコースの血流への移行速度を低下させることである。アミリンはインスリンの相乗的パートナーとして説明されることもあり、インスリンは長期間の食物摂取を調節し、アミリンは短期間の食物摂取を調節する。

臨床的意義[編集]

1型糖尿病[編集]

1型糖尿病はインスリン依存型糖尿病としても知られ、体内のインスリン産生β細胞が自己免疫によって破壊されることで引き起こされると考えられている[5]。β細胞の破壊によってグルコースレベルに応答する能力が低下し、そのため血中のグルコースやグルカゴンのレベルを適切に調節することはほぼ不可能になる[18]。β細胞の約70–80%が破壊され、機能的な細胞は20–30%しか残されていない[2][19]。患者は高血糖症に見舞われる可能性があり、その他の短期・長期の悪影響も引き起こされる[20]。糖尿病の症状はインスリンの定期的な投与や適切な食事の維持などによってコントロールできる可能性があるが、これらの手法を毎日継続的に行うのは面倒である[20]

2型糖尿病[編集]

2型糖尿病はインスリン非依存型糖尿病や慢性高血糖としても知られ、主に遺伝的要因やメタボリックシンドロームの発症によって引き起こされる[2][5]。β細胞はインスリンを分泌し続けているが、体が抵抗性を獲得しており、インスリンに対する反応は低下している[3]。これは、肝臓脂肪組織筋細胞英語版の表面において、特定の受容体による血中を循環するインスリンへの応答能力が低下するためであると考えられている[21][22]インスリン抵抗性の増大に打ちかつ量のインスリンを分泌するため、β細胞の機能、サイズ、数が増大する[3]。インスリン分泌の増大は高インスリン血症を引き起こすが、インスリンシグナルの伝達効率が低下しているため血糖値は正常範囲にとどまる[3]。しかしその後、β細胞はオーバーワークとなって過剰刺激のために疲弊し、β細胞の体積は40%減少し、機能は50%低下する[5]。この時点で血糖値を正常範囲に維持するのに十分な量のインスリンの産生と分泌を行うことができなくなり、明らかな2型糖尿病の症状が生じる[5]

インスリノーマ[編集]

インスリノーマはβ細胞に由来する稀な腫瘍である。インスリノーマは多くの場合良性であるが、再発性・持続性の低血糖発作が生じるため医学的に重要であり、生命を脅かす可能性もある[23]

投薬[編集]

糖尿病の治療薬の多くがβ細胞の機能の修正を目的としたものである。

  • スルホニルウレアはインスリンの分泌促進薬英語版であり、ATP感受性カリウムチャネルを遮断する作用によってインスリンの放出を引き起こす[24][25]。これらの薬剤は低血糖症を引き起こすことが知られており、過剰刺激によるβ細胞の機能不全をもたらす可能性がある[2]。次世代型のスルホニルウレアは作用がより短期間であり、低血糖症を引き起こす可能性は低い[25]
  • GLP-1受容体アゴニストは、内在性のインクレチンシステムの活性化を促進することでインスリンの分泌を促進する[25]。インクレチンシステムはインスリン分泌の増幅経路として作用する[25]
  • DPP-4阻害薬は、DPP-4の活性を阻害して食後のインクレチンホルモンの濃度を増加させ、インスリン分泌を促進する[25]

研究[編集]

実験技術[編集]

糖尿病とβ細胞の機能不全の病理は世界中の多くの科学者によって研究が行われている。β細胞の機能の研究に用いられるツールは、技術の発達とともに迅速に拡大している。

例えば、トランスクリプトミクスによってβ細胞の遺伝子転写の包括的解析を行い、糖尿病と関連した遺伝子を探索することができるようになった[2]。細胞の機能を解析するより一般的な機構としては、カルシウムイメージング英語版が挙げられる。カルシウムに結合する蛍光色素によって、インスリン放出に直接関与するカルシウムの活性をin vitroで可視化することが可能となった[2][26]。β細胞の研究で利用される他のツールとしては、in vivo実験がある。β細胞特異的な毒性を有するストレプトゾシン[27]アロキサン[28]を用いることで、in vivoで実験的に糖尿病を誘導することができる。また、2型糖尿病のモデルであるob/obマウス英語版やdb/dbマウス、1型糖尿病のモデルであるNODマウス英語版など、マウスやラットの糖尿病モデルが存在している[29]

1型糖尿病[編集]

1型糖尿病の治療として、失われたβ細胞の置換による治療の研究が行われている[30]。現在、β細胞の機能回復と目的とした治療としては膵臓移植や膵島移植が行われているが、脳死ドナーからの提供に依存している[31]。そのため、自家細胞から誘導したβ細胞を利用した移植治療の研究開発が行われている。β細胞は、体細胞核移植英語版によって形成された幹細胞からの誘導や、膵臓外分泌細胞からの分化転換英語版によって作製できることが報告されている。一方、移植に用いられる誘導β細胞の品質制御や、安定した細胞組成を持つ移植片の形成、そして自己免疫による移植片の破壊からの保護の方法などに課題を抱えている[30]

2型糖尿病[編集]

インスリン非依存型糖尿病に焦点を当てた研究には、多くの関心領域が含まれている。糖尿病の進行に伴うβ細胞の変性は、広くレビューが行われているトピックである[2][3][5]。β細胞の研究を行う生理学者が関心を抱いている他のトピックとしてはインスリンの脈動性の機構が挙げられ、詳細な研究が行われている[32][33]。多くのゲノム研究が完了し、β細胞の機能に関する知識は指数関数的に増大している[34][35]。事実、β細胞の研究領域は非常に活発で、いまだ多くの謎が残されている。

出典[編集]

  1. ^ “Structural similarities and differences between the human and the mouse pancreas”. Islets 7 (1): e1024405. (2015-01-02). doi:10.1080/19382014.2015.1024405. PMC: 4589993. PMID 26030186. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4589993/. 
  2. ^ a b c d e f g “Human beta cell mass and function in diabetes: Recent advances in knowledge and technologies to understand disease pathogenesis”. Molecular Metabolism 6 (9): 943–957. (September 2017). doi:10.1016/j.molmet.2017.06.019. PMC: 5605733. PMID 28951820. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5605733/. 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l “The dynamic plasticity of insulin production in β-cells”. Molecular Metabolism 6 (9): 958–973. (September 2017). doi:10.1016/j.molmet.2017.04.010. PMC: 5605729. PMID 28951821. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5605729/. 
  4. ^ “β-Cell Control of Insulin Production During Starvation-Refeeding in Male Rats”. Endocrinology 159 (2): 895–906. (February 2018). doi:10.1210/en.2017-03120. PMC: 5776497. PMID 29244064. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5776497/. 
  5. ^ a b c d e f g h i j “Regulation of insulin synthesis and secretion and pancreatic Beta-cell dysfunction in diabetes”. Current Diabetes Reviews 9 (1): 25–53. (January 2013). doi:10.2174/157339913804143225. PMC: 3934755. PMID 22974359. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3934755/. 
  6. ^ “Glucose-stimulated insulin secretion: A newer perspective”. Journal of Diabetes Investigation 4 (6): 511–6. (November 2013). doi:10.1111/jdi.12094. PMC: 4020243. PMID 24843702. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4020243/. 
  7. ^ a b “The central role of calcium in the effects of cytokines on beta-cell function: implications for type 1 and type 2 diabetes”. Cell Calcium 50 (6): 481–90. (December 2011). doi:10.1016/j.ceca.2011.08.005. PMC: 3223281. PMID 21944825. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3223281/. 
  8. ^ a b “ATP-sensitive K+ channels: a link between B-cell metabolism and insulin secretion”. Biochemical Society Transactions 18 (1): 109–11. (February 1990). doi:10.1042/bst0180109. PMID 2185070. 
  9. ^ a b c “Glucose-sensing mechanisms in pancreatic beta-cells”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences 360 (1464): 2211–25. (December 2005). doi:10.1098/rstb.2005.1762. PMC: 1569593. PMID 16321791. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1569593/. 
  10. ^ “Human and rat beta cells differ in glucose transporter but not in glucokinase gene expression”. The Journal of Clinical Investigation 96 (5): 2489–95. (November 1995). doi:10.1172/JCI118308. PMC: 185903. PMID 7593639. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC185903/. 
  11. ^ “Calcium release channel RyR2 regulates insulin release and glucose homeostasis”. The Journal of Clinical Investigation 125 (5): 1968–78. (May 2015). doi:10.1172/JCI79273. PMC: 4463204. PMID 25844899. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4463204/. 
  12. ^ “ATP-sensitive potassium channel and bursting in the pancreatic beta cell. A theoretical study”. Biophysical Journal 56 (2): 229–42. (August 1989). Bibcode1989BpJ....56..229K. doi:10.1016/S0006-3495(89)82669-4. PMC: 1280472. PMID 2673420. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1280472/. 
  13. ^ “The molecular mechanisms and pharmacotherapy of ATP-sensitive potassium channel gene mutations underlying neonatal diabetes”. Pharmacogenomics and Personalized Medicine 3: 145–61. (2010). doi:10.2147/PGPM.S6969. PMC: 3513215. PMID 23226049. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3513215/. 
  14. ^ “Insulin's direct hepatic effect explains the inhibition of glucose production caused by insulin secretion”. JCI Insight 2 (6): e91863. (March 2017). doi:10.1172/jci.insight.91863. PMC: 5358484. PMID 28352665. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5358484/. 
  15. ^ “Prevention of vascular and neural dysfunction in diabetic rats by C-peptide”. Science 277 (5325): 563–6. (July 1997). doi:10.1126/science.277.5325.563. PMID 9228006. 
  16. ^ “Urinary C-peptide: a simple measure of integrated insulin production with emphasis on the effects of body size, diet, and corticosteroids”. The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 56 (1): 60–7. (January 1983). doi:10.1210/jcem-56-1-60. PMID 6336620. 
  17. ^ “Co-secretion of amylin and insulin from cultured islet beta-cells: modulation by nutrient secretagogues, islet hormones and hypoglycemic agents”. Biochemical and Biophysical Research Communications 179 (1): 1–9. (August 1991). doi:10.1016/0006-291X(91)91325-7. PMID 1679326. 
  18. ^ Eizirik, D. L.; Mandrup-Poulsen, T. (2001-12-01). “A choice of death - the signal-transduction of immune-mediated beta-cell apoptosis” (英語). Diabetologia 44 (12): 2115–2133. doi:10.1007/s001250100021. ISSN 0012-186X. PMID 11793013. 
  19. ^ Butler, A. E.; Galasso, R.; Meier, J. J.; Basu, R.; Rizza, R. A.; Butler, P. C. (2007-09-06). “Modestly increased beta cell apoptosis but no increased beta cell replication in recent-onset type 1 diabetic patients who died of diabetic ketoacidosis”. Diabetologia 50 (11): 2323–2331. doi:10.1007/s00125-007-0794-x. ISSN 0012-186X. PMID 17805509. 
  20. ^ a b Ciechanowski, Paul S.; Katon, Wayne J.; Russo, Joan E.; Hirsch, Irl B. (July–August 2003). “The relationship of depressive symptoms to symptom reporting, self-care and glucose control in diabetes”. General Hospital Psychiatry 25 (4): 246–252. doi:10.1016/s0163-8343(03)00055-0. ISSN 0163-8343. PMID 12850656. 
  21. ^ “U.K. prospective diabetes study 16. Overview of 6 years' therapy of type II diabetes: a progressive disease. U.K. Prospective Diabetes Study Group”. Diabetes 44 (11): 1249–58. (November 1995). doi:10.2337/diabetes.44.11.1249. PMID 7589820. http://diabetes.diabetesjournals.org/content/44/11/1249.short. 
  22. ^ “Understanding "insulin resistance": both glucose resistance and insulin resistance are required to model human diabetes”. Metabolism 40 (9): 908–17. (September 1991). doi:10.1016/0026-0495(91)90065-5. PMID 1895955. 
  23. ^ Yu, Run; Nissen, Nicholas N.; Hendifar, Andrew; Tang, Laura; Song, Yu-Li; Chen, Yuan-Jia; Fan, Xuemo (January 2017). “A Clinicopathological Study of Malignant Insulinoma in a Contemporary Series”. Pancreas 46 (1): 48–56. doi:10.1097/MPA.0000000000000718. ISSN 1536-4828. PMID 27984486. 
  24. ^ Bolen, Shari; Feldman, Leonard; Vassy, Jason; Wilson, Lisa; Yeh, Hsin-Chieh; Marinopoulos, Spyridon; Wiley, Crystal; Selvin, Elizabeth et al. (2007-09-18). “Systematic Review: Comparative Effectiveness and Safety of Oral Medications for Type 2 Diabetes Mellitus” (英語). Annals of Internal Medicine 147 (6): 386–99. doi:10.7326/0003-4819-147-6-200709180-00178. ISSN 0003-4819. PMID 17638715. 
  25. ^ a b c d e Inzucchi, S. E.; Bergenstal, R. M.; Buse, J. B.; Diamant, M.; Ferrannini, E.; Nauck, M.; Peters, A. L.; Tsapas, A. et al. (2012-04-20). “Management of hyperglycaemia in type 2 diabetes: a patient-centered approach. Position statement of the American Diabetes Association (ADA) and the European Association for the Study of Diabetes (EASD)” (英語). Diabetologia 55 (6): 1577–1596. doi:10.1007/s00125-012-2534-0. ISSN 0012-186X. PMID 22526604. 
  26. ^ Whitticar, Nicholas B.; Strahler, Elisha W.; Rajan, Parthiban; Kaya, Savas; Nunemaker, Craig S. (2016-11-21). “An Automated Perifusion System for Modifying Cell Culture Conditions over Time” (英語). Biological Procedures Online 18 (1): 19. doi:10.1186/s12575-016-0049-7. ISSN 1480-9222. PMC: 5117600. PMID 27895534. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5117600/. 
  27. ^ “GLUT2 in pancreatic islets: crucial target molecule in diabetes induced with multiple low doses of streptozotocin in mice”. Diabetes 47 (1): 50–6. (January 1998). doi:10.2337/diabetes.47.1.50. PMID 9421374. 
  28. ^ “Morphological restructuring of myocardium during the early phase of experimental diabetes mellitus”. Anatomical Record 298 (2): 396–407. (February 2015). doi:10.1002/ar.23052. PMID 25251897. http://elar.urfu.ru/bitstream/10995/73117/1/10.1002-ar.23052.pdf. 
  29. ^ King, Aileen JF (June 2012). “The use of animal models in diabetes research”. British Journal of Pharmacology 166 (3): 877–894. doi:10.1111/j.1476-5381.2012.01911.x. ISSN 0007-1188. PMC: 3417415. PMID 22352879. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3417415/. 
  30. ^ a b Johannesson, Bjarki; Sui, Lina; Freytes, Donald O.; Creusot, Remi J.; Egli, Dieter (2015-04-01). “Toward beta cell replacement for diabetes”. The EMBO journal 34 (7): 841–855. doi:10.15252/embj.201490685. ISSN 1460-2075. PMC: 4388595. PMID 25733347. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25733347. 
  31. ^ 膵移植について|一般社団法人 日本肝胆膵外科学会”. www.jshbps.jp. 2020年2月9日閲覧。
  32. ^ Nunemaker, Craig S.; Bertram, Richard; Sherman, Arthur; Tsaneva-Atanasova, Krasimira; Daniel, Camille R.; Satin, Leslie S. (2006-09-15). “Glucose modulates [Ca2+i oscillations in pancreatic islets via ionic and glycolytic mechanisms”]. Biophysical Journal 91 (6): 2082–2096. doi:10.1529/biophysj.106.087296. ISSN 0006-3495. PMC: 1557567. PMID 16815907. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1557567/. 
  33. ^ Bertram, Richard; Sherman, Arthur; Satin, Leslie S. (2007-10-01). “Metabolic and electrical oscillations: partners in controlling pulsatile insulin secretion” (英語). American Journal of Physiology. Endocrinology and Metabolism 293 (4): E890–E900. doi:10.1152/ajpendo.00359.2007. ISSN 0193-1849. PMID 17666486. 
  34. ^ Muraro, Mauro J.; Dharmadhikari, Gitanjali; Grün, Dominic; Groen, Nathalie; Dielen, Tim; Jansen, Erik; van Gurp, Leon; Engelse, Marten A. et al. (2016-10-26). “A Single-Cell Transcriptome Atlas of the Human Pancreas”. Cell Systems 3 (4): 385–394.e3. doi:10.1016/j.cels.2016.09.002. ISSN 2405-4712. PMC: 5092539. PMID 27693023. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5092539/. 
  35. ^ Segerstolpe, Åsa; Palasantza, Athanasia; Eliasson, Pernilla; Andersson, Eva-Marie; Andréasson, Anne-Christine; Sun, Xiaoyan; Picelli, Simone; Sabirsh, Alan et al. (2016-10-11). “Single-Cell Transcriptome Profiling of Human Pancreatic Islets in Health and Type 2 Diabetes”. Cell Metabolism 24 (4): 593–607. doi:10.1016/j.cmet.2016.08.020. ISSN 1550-4131. PMC: 5069352. PMID 27667667. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5069352/. 

関連項目[編集]