G. M. ナイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
G.M.ナイル
ゴパーレン・マダワン・ナイル
生誕 (1944-08-06) 1944年8月6日(74歳)
日本の旗 日本茨城県
職業 実業家
タレント
東京農業大学非常勤講師
配偶者 あり

G.M.ナイル(ゴパーレン・マダワン・ナイル、1944年8月6日 - )は、インド国籍の日本実業家タレント東京農業大学非常勤講師。

概要[編集]

第二次世界大戦中の1944年、インド独立運動家のA.M.ナイルの次男として、母 由久子の実家の茨城県で生まれた[1]。第二次世界大戦終結後の1947年8月にイギリス領インド帝国が独立しインド共和国の国籍となるが、その後も日本にとどまる[2]

1968年に東京農業大学畜産学科を卒業したのち、父ナイルが銀座に開いたインド料理専門店「ナイルレストラン」の経営を引き継ぐ。またその独特のキャラクターが買われて、テレビタレントとしても活躍する。浅井企画に所属し、テレビラジオ雑誌等に出演し「日本語がペラペラのインド人、ナイルさん」と親しまれている。「インド人、嘘つかない」というフレーズはよく知られている。

現在は「ナイルレストラン」の経営とテレビタレントとしての出演を行う他に、母校の東京農業大学の非常勤講師を務めたり、さまざまな講演活動をしている。また、江戸浄瑠璃清元節河東節の公演にも参加している[3]。ナイルレストランは現在、長男ナイル善己が三代目として引き継いで営業している。

趣味[編集]

  • 警察好き」として知られ、「警察資料館」を私設している。全国の警察で講演も行っている[4]
  • キャデラックを乗り継いでおり、「ヤナセライフ」にも数度に渡り取り上げられている。

著書及び共著[編集]

関連書籍[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『知られざるインド独立闘争—A.M.ナイル回想録(新版)』 河合伸訳、風涛社、2008年 ISBN 978-4-89219-306-4
  2. ^ 産経新聞 2002年5月21日
  3. ^ 『銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店』P-Vine Books: 水野仁輔、G・M・ナイル
  4. ^ 浅井企画G.M.ナイル

関連項目[編集]

  • 関根勤 - タレント。1970年代から「ナイルレストラン」に足繁く通っており、浅井企画への橋渡し役となる

外部リンク[編集]