DoggoLingo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

DoggoLingo(ドッゴリンゴ。「イッヌ語」のような意味)は、単語変換ミーム語彙目録オノマトペから作られるインターネット言語である。Woof、Bork、およびdog-speakとも呼ばれる。DoggoLingoは犬自身のイディオムであることが暗示され、犬の頭に浮かんで来ると人間が長年信じてきたものとして提示される。つまり、イヌ同士の会話で使われるイヌ語という位置付けである。ストーニーブルック大学助教授エリス・グラハムはDoggoLingoを「容赦なく親しげに陽気でうれしそうで間抜け」と形容した[1]

DoggoLingoでは犬をdoggoと呼ぶが、「日本のネットユーザーが『ねこ』を『ぬこ』と呼んだり、『イヌ』のことを『イッヌ』と呼んだりするのと同様に、ただの言葉遊びである[2]」。

構造[編集]

DoggoLingoは、既存の英単語に様々な接尾辞 "-o"、"-er"、"-ino" を付け足し(すなわち、dog(犬)はdoggopup(子犬)はpupperとなる)、作られたDoggoLingoの単語にも接尾辞を付け足す(すなわち、pupperpupperinoborkborkerとなる)。DoggoLingoはオノマトペに頼るところが大きい。Blepblopmlemといった単語は犬が舌を突き出す動作を描写する。また、borkboofwoofは様々な犬のほえる声を描写する。DoggoLingoは安直で、また犬の外見に基づていても単語を作る。例えば、ふわふわの毛を持つ犬は、毛皮の視覚的な質感に依存してfloofまたはfluffと呼ばれる。DoggoLingoは動詞と形容詞を作るために同じ未発達なやり方に従う。すなわち動詞では「to do」の代わりに「doing me a」、形容詞「extremely」の代わりに「heckin」といった感じである。

起源[編集]

DoggoLingoの正確な起源は不明である。WeRateDogs (Twitter) やDogspotting (Facebook) といった様々なソーシャルメディアアカウント、4chanReddit、またはTumblrのようなソーシャルニュース収集サイト、画像掲示板はDoggoLingoを継続的に使用したり、自身のウェブサイトにDoggoLingoを使用するコンテンツをホストしたりすることによってDoggoLingoの使用の広まりを助けてきた。2014年、Dogspotting Facebookアカウントの人気が、特にオーストラリアで高まった。単語の末尾に "-o" を付け加えるのはオーストラリアのスラングの特徴でもある[3]

DoggoLingoでは犬はdoggoまたはpupperと呼ばれる。
DoggoLingo用語集[要出典]
単語 英訳 和訳
Doggo Dog イヌ
Fluffer A dog with a fluffy coat ふわふわの毛を持つイヌ
Floof/Floofer A dog with an especially fluffy coat とりわけふわふわの毛を持つイヌ
Pupper A young dog 若いイヌ
Pupperino A puppy dog 子犬
Woofer A large breed of dog 大型犬種
Snoot A dog's snout イヌの鼻
Bork A dog bark イヌの吠える声
Boof A small huffy dog bark 小型の短気なイヌの吠える声
Woof A dog howl イヌの遠吠え
Blep The tip of the dog's tongue is sticking out イヌの舌の先端が突き出される
Blop Part of the dog's tongue is sticking out イヌの舌の一部が突き出される
Mlem The dog's tongue is all the way out, usually licking their snouts イヌの舌全体が外に出され、大抵は自分の鼻を舐める
Hooman A human being 人類
Fren Friend ともだち
Heckin Extremely, very とても
Esuse me Excuse me 失礼します
Doin me a Having an action performed on oneself 自身に対して実行した動作
Stahp Stop 止まる
Smol Small, usually also meaning adorable, also cute 小さい、大抵はかわいいも意味する
Birb Bird
Bol Ball ボール
Caid/Cade/Catto Cat ネコ
Snek Snake ヘビ
Chimken Chicken ニワトリ
Hampter Hamster ハムスター
Treato Treats ごちそう
Gib Give くれる
Shoob/cloud Samoyed サモエド
Corgo Corgi コーギー
Shibe Shiba Inu 柴犬
Bepis Pepsi ペプシ
Conk Coke コカコーラ
Spront Sprite スプライト
Henlo Hello ハロー
Happ Happy うれしい
Hav Have 持つ
Guis Guys あなたたち
Porker Pig/Pork ブタ/豚肉
Puggerino/Puggo Pug パグ
Sploot When a dog lays flat on its belly with its legs spread out イヌが足を広げてうつぶせにねそべっている時
Chonk/Chonker An overweight cat 太り過ぎのネコ
Scritch Scrotch Scratches 引っ掻き傷
Wuv Love
Kshh Waterfall
Bamboozle Deceiving trick いたずらをごまかすこと
Bootyful Beautiful 美しい
Tippy Taps Dog’s happy dance イヌのしあわせダンス
Toe Beans Dog’s Toes イヌのつまさき
Ween Wiener Doggo ウィーンのイッヌ
Wink Wonk When a dog winks イヌがウインクする時
Strawboober Strawberry イチゴ

その他の動物[編集]

その他の動物のインターネットファングループは、好きな動物のための言語のためにDoggoLingoの慣習の多くを採用してきた(例えば、オポッサムのためのPossoまたはPoss-speak)。LolcatはDoggoLingoの先駆けかもしれない。

出典[編集]

関連項目[編集]