擬声語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本語の擬声語の例。

本稿では、一か所にまとめる都合上擬声語(ぎせいご)を擬音語と擬態語の総称として見出しに使っているが、擬声語という日本語の本来の意味は擬音語に同じ、または擬音語のうち人や動物の声を表したもの(広辞苑より)。

名称[編集]

当該概念を表す言葉は、日本語においては統一されていない。

古代ギリシア語の「ὀνοματοποιία(オノマトポイーア)[1]」を由来とする英語の「onomatopoeia(アナマタピーァ) [2]」およびフランス語の「onomatopée(オノマトペ)[3]」を日本語発音にしたオノマトピアオノマトペア[4]オノマトペを用いる場合もある。

日本語訳は数多い。以下、いくつか例を挙げると

  • 「擬声語」 - 『新英和大辞典』 研究社
  • 「物声模倣」 - (同上)
  • 「声喩法」 - 島村龍太郎 『新美辞学』
  • 「擬声法」 - 『日本百科大事典』
  • 「写音法」 - 黒岩大訳述 『雄弁美辞法』
  • 「声喩」 - 増田藤之助 『英和比較・英語修辞学講義』

などがある(『レトリック事典』144-154頁に詳しい)。

日本文部科学省が版行する『学術用語集』は「onomatopoeia」を「擬声語」としているため、本項はこれに準ずる。

擬音語[編集]

擬音語は物が発するを字句で模倣したもの。同じ言語でも時代によって異なる。例えば、狂言などで犬の泣き声は「びよ」と表現される[5]。通常カタカナで表記される。(擬音語の中の、人や動物が発する声を擬声語と分類する立場もある)

  • メーメー(の鳴き声)
  • ブーブー(鳴き声・ブーイング)
  • ドキドキ(心臓の鼓動)
  • ガチャン(ガラスの割れる音、錠がかかる)
  • チーン(鈴)
  • チン(電子レンジ)
  • ドカン(爆発音、衝撃音)
  • ズズー(ラーメンを啜る音)
  • カリカリ(サクサク)(スナック菓子の咀嚼音)
  • シトシト(
  • サワサワ(
  • ゴロゴロ(
  • トントン(肩たたき、ドアのノック)
  • ドン(花火・衝突など)
  • バタン(ドアの閉まる音など)
  • ガタピシ(機械や道具の滑らかでない動作)
  • ピッ(ポチッ)(機械のボタン動作音など)
  • ガタン(ゴトン)(電車など)
  • ジュー(加熱調理)
  • パチパチ(拍手、焚き火)
  • プシュー(気体の吹き出す音)
  • ズルッ(滑る)
  • ビリビリ(紙が破れる音など)

なお音声を発する主体が同一の場合であっても、言語が違えば表現も当然違うものになる。

例:が吠える声

擬音語が動詞化・一般名詞化する用例も多数存在する。例えば、幼児期において擬音語をもって対象物を表現する用例が挙げられよう(例:「ワンワン」=、「ブーブー」=自動車)。この他にもコンピュータマウスのボタンを押下する動作を「クリック (click) する」、その鳥が発する鳴き声からカッコウ (en:cuckoo)、タミル語におけるカラス (kaakam) などが挙げられる。

擬態語[編集]

状態や感情などの音を発しないものを字句で模倣したものである。(本来、擬声語には含まれない)

日本語には「たっぷり」「ちょうど」のように擬態語と一般語彙の中間的なものもある。擬態語の多さは日本語の特徴でもある。

  • ばらばら - 散らばっている様
  • めろめろ - 惚れ込んでいる様
  • たっぷり - 豊かで余裕のある様
  • じろじろ
  • ふらふら
  • きゅん - (感情)
  • じーん - (感情)
  • キラキラ - 光、輝き
  • ギラギラ - 強烈な光、強烈な輝き
  • そよそよ - 穏やかな
  • メラメラ -
  • モクモク - 漢語由来のモウモウ(濛々)もある
  • ぴかぴか - 、新しさ、きれいである様
  • ぐずぐず
  • ぴんぴん
  • よぼよぼ
  • ぎゅっ(と)
  • ぞっ(と)
  • ふわふわ
  • ツルツル
  • さらさら
  • ちょうど - 「丁度」は当て字で、元来はに収まる擬態語、または擬音語。
  • しいん/しーん - 静寂。漢語由来の「しんしん」(深々、森々、沈々)や、それが変化した「しんと」が由来とされるが、生理的耳鳴りの擬音語であるとする説もある。英語などではSilenceなどど表現するしかないが、音がないことのオノマトペがあることに驚く外国人もいる。
  • ◯ぶ◯ぶ - 山口仲美はこの擬態語はどれも水と関係があるということを発見した。

日本語の擬声語[編集]

日本では日本語が事実上の国語とされてきたが、擬声語は金田一春彦による研究が知られているものの言語学において長らく研究対象とはされてこなかった分野である。

日本が模範とした欧米の言語学は実際的な使用面よりも抽象的な理論形成を主眼においたこと、そもそも擬声語は言語体系の中心を離れた周辺的なもの、要するにだらしなく子供っぽいものと見なされたことがその理由である。子供っぽいという点に関しては擬声語が日常語や子供向けの本に多用されるが、学術論文などにはまず登場しないことから窺える(疾病及び関連保健問題の国際統計分類で標準病名となった「もやもや病」などを除く)。

音と意味が直結した言葉である擬声語の意味の違い(「おずおず」と「おどおど」の違いなど)を考えることは、日本語の言語感覚を磨くのに役立つとする見解もある[要出典]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 発音:紀元前5世紀のギリシア [onomatopo͜ɪ.í.a͜a]15世紀のコンスタンティノープル[onomatopiía]
  2. ^ 発音:[ˌɒnɵmætəˈpiː.ə] もしくは (主に NZ) [ˌɒnɵmætə-ˈpeɪə]
  3. ^ 発音:[ɔ.nɔ.ma.tɔ.pe]
  4. ^ 新村出編 『広辞苑』 第五版、岩波書店、1998年11月11日初刷、392頁。
  5. ^ 山口仲美『犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い』(光文社新書 2002年)。
  6. ^ 「ちんちん千鳥」北原白秋作詞・近衛秀麿作曲の歌から。