Ala Vaikunthapurramloo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ala Vaikunthapurramuloo
監督 トリヴィクラム・スリニヴァス英語版
脚本 トリヴィクラム・スリニヴァス
製作 アッル・アラヴィンド
S・ラーダ・クリシュナ英語版
出演者 アッル・アルジュン
プージャー・ヘーグデー
音楽 S・タマン英語版
撮影 P・S・ヴィノード英語版
編集 ナヴィーン・ノーリ英語版
製作会社 ギータ・アーツ英語版
ハーリカ&ハーシン・クリエーションズ
公開 インドの旗 2020年1月12日
上映時間 165分[1]
製作国 インドの旗 インド
言語 テルグ語
製作費 ₹1,000,000,000[2]
興行収入 ₹2,500,000,000[3]
テンプレートを表示

Ala Vaikunthapurramuloo』は、2020年に公開されたインドアクションドラマ映画[4][5]トリヴィクラム・スリニヴァス英語版が監督、アッル・アラヴィンドS・ラーダ・クリシュナ英語版がプロデューサーを務めた[6]。主演はアッル・アルジュンプージャー・ヘーグデーが務め、助演キャストとしてタッブージャヤラーム英語版スシャント英語版ナヴディープ英語版サムドラカニ英語版ムラリ・シャルマラジェンドラ・プラサード英語版スニールサチン・ケーデーカル英語版ハルシャ・ヴァルダン英語版が出演している[7][8][9][10]。映画音楽の作曲はS・タマン英語版が手掛け[11]、撮影と編集はP・S・ヴィノード英語版ナヴィーン・ノーリ英語版が手掛けた。映画は2020年1月12日に公開され、トリヴィクラムのディレクションと脚本、アッル・アルジュンとムラリ・シャルマの演技、S・タマンの音楽が高く評価され、50日間以上上映された[12]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

撮影[編集]

アッル・アルジュン
プージャー・ヘーグデー

Aravinda Sametha Veera Raghava』の公開後、トリヴィクラム・スリニヴァス英語版アッル・アルジュンを主演に迎えて新作映画を製作するという報道が流れた。後に企画は正式に発表されたが、映画のジャンルについての詳細は発表されなかった。2018年12月31日にギータ・アーツ英語版が新作映画の企画を発表し、トリヴィクラム・スリニヴァスが監督を務め、ハーリカ&ハーシン・クリエーションズと共同製作になることが明らかになった[13]。2019年4月8日のアッル・アルジュンの誕生日に合わせて主要キャストとスタッフが発表され、同月14日にプージャ英語版が執り行われ撮影が開始された[14]

2019年4月23日から第1スケジュールの撮影が始まり、6月5日から第2スケジュールの撮影が開始された。この期間中にプージャー・ヘーグデーニヴェタ・ペトゥラージ英語版タッブースシャント英語版が撮影に加わった[15][16]。8月15日には映画のタイトルが「Ala Vaikunthapurramuloo」であることが発表された[17]。11月中旬からは歌曲シークエンス「Samajavaragamana」撮影のため、撮影チームはフランスに移動した。シーンの一部はル・モン=サン=ミシェルエッフェル塔で撮影された。また、リドでも撮影が行われ、『Ala Vaikunthapurramuloo』は同地で撮影された最初の南インド映画となった[18]。悪役にはタミル語映画の監督・俳優のサムドラカニ英語版が起用された[19]

サウンドトラック[編集]

サウンドトラックと映画音楽の作曲はS・タマン英語版が手掛けている。2020年1月5日にテルグ語版の楽曲がデジタルリリースされ、翌6日にはハイデラバードで開催されたAVPLミュージック・コンサートでS・タマンと彼の音楽チームによって楽曲が披露された。同月10日にはマラヤーラム語版の楽曲がリリースされた。

マーケティング[編集]

製作チームはショートビデオをリリースして映画のプロモーションを開始し、8月15日のインド独立記念日に合わせて映画のタイトルを発表するためのショーとビデオが公開された。映像に収録されていたアッル・アルジュンのジェスチャーは観衆を魅了し、視聴した映画ファンは『Ala Vaikunthapurramuloo』が中産階級の家族を題材にしたユーモアのある作品になることを理解した[17]。2019年9月1日に宣伝ポスターが公開され、高層ビルとベントレー車を背景にスーツ姿のアッル・アルジュンが描かれていた[20]。10月17日にはダシャラー祭英語版に合わせて、アッル・アルジュンをフィーチャーした新たな宣伝ポスターが公開された[21]。これに先立つ同月13日には迷彩服を着たアッル・アルジュンの宣伝ポスターが公開されており[22]、同月20日にはスシャントをフィーチャーした宣伝ポスターが公開された[23]。タッブーをフィーチャーした宣伝ポスターは、彼女の誕生日である11月4日に公開された[24]。マラヤーラム語吹替版の宣伝ポスターは、トリヴィクラム・スリニヴァスの誕生日である11月7日に公開された[25]。12月8日に特報が公開され、同月11日に予告編が公開され好意的な意見が寄せられた[26][27]。同月19日にはマラヤーラム語吹替版の予告編が公開された。

公開[編集]

2020年1月11日にアメリカ合衆国で公開され、インドでは翌12日のマカール・サンクランティ英語版に合わせて公開された。ケーララ州では「Angu Vaikuntapurathu」のタイトルでマラヤーラム語吹替版が公開されている。2月27日からはNetflix、サンNXTで英語字幕付きのデジタル配信が開始され[28]、3月4日からはマラヤーラム語吹替版の配信も開始された[29]

評価[編集]

トリヴィクラム・スリニヴァス

ファーストポストのヘマント・クマールは3.25/5の星を与え、「トリヴィクラム・スリニヴァスは最高の文筆家であり、彼の文は音楽のように耳に届きます。彼は、あなたが物語を通してキャラクターが話したり歌ったりする全てのものを理解させたいとおもっています。しかし、『Ala Vaikuntapurramlo0』で彼は遠回りしてキャラクター通しの感情的なドラマに焦点を当てています。軽妙な筋道とユーモアだけではなく、キャラクター同士の感情的なやり取りが深い印象を残しています」と批評している[30]。ローヒト・モハンはコイモイ英語版に批評を寄せ、3.5/5の星を与え「アッル・アルジュンのファンだけではなく、全ての映画ファンもダシャラー祭シーズンに観賞するのに最適なファミリー・エンターテイナーになっています」と批評している[31]ハンズ・インディア英語版は3.25/5の星を与え、キャストの演技と物語、映画音楽は好意的な評価を与え、大きな失点はなかったと分析した[32]ザ・タイムズ・オブ・インディアのニーシタ・ニヤヤパティは3.5/5の星を与え、「『Ala Vaikuntapurramloo』は決まり文句と予測可能なストーリーにも関わらず、トリヴィクラムは上手くマネージングして、彼が約束したものを私たちに届けました。アッル・アルジュンのために映画を観てください。特に彼のファンにとって、彼は映画の中で輝いているでしょう」と批評している[33]

ザ・クイント英語版のカールティク・ケーラマルは映画を「楽しさを約束するエンターテイナー」と表現し、「P・S・ヴィノード英語版の撮影技術はアクション・エピソードの映像を前衛絵画のように見せてきます。そして何より、楽曲はご馳走です!まさにご馳走なのです!」と批評している[34]インターナショナル・ビジネス・タイムズのバーヴァナ・シャルマは「アッル・アルジュンは2年間のギャップを経て戻ってきました。観客の期待に応え、いたるところにトリヴィクラムの印象を記した『Ala Vaikuntapurramloo』はサンクランティの祝祭の音色が鳴り響き、一見の価値があることを保証します」と批評している[35]ザ・ヒンドゥー英語版のサンギータ・デヴィ・ドンドゥーは、映画を「トリヴィクラムとアッル・アルジュンのデュエットによるエンターテインメント・ドラマ」と表現している[36]

出典[編集]

  1. ^ Censor Certificate Ala Vaikunthapurramloo”. 123telugu.com. 2020年6月1日閲覧。
  2. ^ AVPL 10 days Gross WW”. IB Times (2020年1月22日). 2020年1月23日閲覧。
  3. ^ Allu Arjun donates Rs 10 lakh to FNA after Ala Vaikunthapurramuloo sets non-Baahubali record”. International Business Times (2020年2月5日). 2020年5月21日閲覧。
  4. ^ ALA VAIKUNTHAPURRAMULOO”. British Board of Film Classification. 2020年1月8日閲覧。
  5. ^ 'Ala Vaikunthapurramuloo' Starring Allu Arjun Enters Rs 200 Crores Club Worldwide”. Republic TV. 2020年1月28日閲覧。
  6. ^ Allu Arjun's next film titled Ala Vaikuntapuramlo and first glimpse teaser revealed!” (英語). in.com. 2020年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月19日閲覧。
  7. ^ AA 19: Allu Arjun film with director Trivikram Srinivas goes on floors”. India Today. 2020年6月1日閲覧。
  8. ^ #AA19: Jayaram undergoes a massive transformation for his next with Allu Arjun!” (英語). in.com. 2019年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月19日閲覧。
  9. ^ Tabu welcomed on-board to Trivikram, Allu Arjun, Pooja Hegde's #AA19 - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月19日閲覧。
  10. ^ Sushanth shares his shooting experience: "AA19 is one of the coolest & fun sets I've been" - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月19日閲覧。
  11. ^ Thaman roped to score music in Allu Arjun - Trivikram film”. thenewsminute.com (2019年4月13日). 2020年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。
  12. ^ Ala Vaikunthapurramloo 50 Days Worldwide Collection: Allu Arjun Movie Is A 2020 Sankranti Winner”. Filmibeat.com. 2020年3月1日閲覧。
  13. ^ Details of Allu Arjun's #AA19 with Trivikram Srinivas”. Times of India (2018年12月31日). 2019年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月1日閲覧。
  14. ^ Allu Arjun poses for a snap with fans after #AA19 puja ceremony”. 2020年5月31日閲覧。
  15. ^ AA19: Tabu joins cast of Allu Arjun, Pooja Hegde-starrer, directed by Trivikram Srinivas”. First Post. 2019年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  16. ^ Sushanth joins the shoot of AA19”. Indian Express (2019年6月7日). 2019年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月15日閲覧。
  17. ^ a b AA 19 First Glimpse: అల్లు అర్జున్ 'అల వైకుంఠపురములో'.. ఫస్ట్ పంచ్ పేలిందే!”. Telugu Samayam. 2019年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月13日閲覧。
  18. ^ jalapathy (2019年11月9日). “Allu Arjun shoots at the famous cabaret show” (英語). telugucinema.com. 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  19. ^ Samuthirakani as villain”. Deccan Chronicle. 2019年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月26日閲覧。
  20. ^ Ala Vaikunthapuramlo FL : AA charms in 'Trivikram' mark stylish look”. Telugu 360 (2019年9月). 2019年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月1日閲覧。
  21. ^ Ala Vaikunthapurramloo Dussehra Poster OUT!!while ago” (英語). Tollywood Movie News, Telugu Movie Review and Rating, Stills, News, Censor Talk - Myfirstshow (2019年10月7日). 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  22. ^ Mahesh Babu, Allu Arjun to clash at the box office during Sankranti? - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  23. ^ First Look: Sushanth looks classy in Ala Vaikunthapurramuloo - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  24. ^ Happy Birthday Tabu: First look poster of the ravishing actress from Ala Vaikunthapurramuloo - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  25. ^ Ala Vaikunthapurramuloo Titled As Angu Vaikuntapurathu In Malayalam - Industry Hit English” (英語). Dailyhunt. 2019年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月9日閲覧。
  26. ^ Vyas (2019年12月9日). “Ala Vaikunthapurramloo Movie teaser to be out on December 11th” (英語). www.thehansindia.com. 2019年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  27. ^ [Video Ala Vaikunthapurramloo teaser: Allu Arjun makes a dashing entry in this entertainer]” (英語). www.timesnownews.com. 2019年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月23日閲覧。
  28. ^ Ala Vaikunthapurramloo now available on Netflix and Sun NXT”. The Indian Express. 2020年2月27日閲覧。
  29. ^ What's Coming to Netflix This Week (March 2nd – March 8th)”. Whats-on-netflix.com. 2020年3月1日閲覧。
  30. ^ Hemanth Kumar (2020年1月12日). “Allu Arjun and Murali Sharma shine in Trivikram Srinivas's heartfelt drama:Ala Vaikunthapuramuloo Review”. firstpost.com. 2020年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月13日閲覧。
  31. ^ Rohit Mohan (2020年1月12日). “Allu Arjun and Trivikram Srinivas's Sankranthi treat wins hearts”. koimoi.com. 2020年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月13日閲覧。
  32. ^ The Hans India (2020年1月12日). “Ala Vaikunthapurramlo movie review & rating”. thehansindia.com. 2020年1月13日閲覧。
  33. ^ Neeshita Nyayapati (2019年1月13日). “Ala Vaikunthapurramuloo has a bit of everything — there's romance, drama, comedy, emotion and lots of swag”. indiatimes.com. 2020年1月14日閲覧。
  34. ^ Karthik Keramalu (2020年1月13日). “Ala Vaikunthapurramuloo is an entertainer that promises fun”. thequint.com. 2020年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。
  35. ^ Bhavana Sharma (2020年1月12日). “Paisa Vasool entertainer with amazing performances”. ibtimes.com. 2020年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。
  36. ^ Sangeetha Devi Dundoo (2020年1月12日). “Ala Vaikunthapurramuloo film review”. The Hindu. オリジナルの2020年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200113175751/https://www.thehindu.com/entertainment/movies/ala-vaikunthapurramuloo-review-this-trivikram-srinivas-and-allu-arjun-film-hits-the-right-notes/article30549122.ece 2020年1月14日閲覧。 

外部リンク[編集]