アッル・アラヴィンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッル・アラヴィンド
Allu Aravind
Allu Aravind
生年月日 (1949-01-10) 1949年1月10日(72歳)
出生地 インドの旗 インド アーンドラ・プラデーシュ州
職業 映画プロデューサー
配偶者 アッル・ニルマラ
著名な家族 アッル・ラーマリンガイアー(父)
アッル・ヴェンカテーシュ(息子)
アッル・アルジュン(息子)
アッル・シリシュ(息子)
事務所 ギータ・アーツ英語版
テンプレートを表示

アッル・アラヴィンド(Allu Aravind、1949年1月10日 - )は、インドテルグ語映画で活動する映画プロデューサー、映画製作会社ギータ・アーツ英語版経営者。アッル・ラーマリンガイアーの息子であり、アッル・ヴェンカテーシュ、アッル・アルジュンアッル・シリシュの父親である[1][2]ラーム・チャランの母方の叔父でもある。

代表的なプロデュース作品として『Vijetha』『Master』『Ninaithen Vandhai』『Mangalyam Tantunanena』『Gangotri』『Johnny』『Arya』『Jalsa』『Ghajini』『マガディーラ 勇者転生』『Darling』『Sarrainodu』『Dhruva』がある。

キャリア[編集]

映画製作[編集]

2008年に製作したパワン・カリヤーン英語版主演作『Jalsa』は1000万ドルの興行収入を記録し、同年公開のテルグ語映画で第2位の興行成績となった。同年公開のアーミル・カーン主演作『Ghajini』は興行収入4500万ドルを記録している。2009年に製作した『マガディーラ 勇者転生』は2500万ドルの興行収入を記録し、当時のテルグ語映画史上最高額の興行記録を更新した。同作はストーリーや特殊効果が高く評価され、ナショナル・フィルム・アワード 最優秀視覚効果賞英語版フィルムフェア賞 最優秀テルグ語作品賞英語版など多くの映画賞を受賞している。

政治活動[編集]

義弟チランジーヴィの政界進出に影響を与えた重要なブレーンとされている。2009年にローク・サバー議員選挙の立候補者として名乗りを上げ、ヴィシャーカパトナム選挙区からの出馬が示唆された[3]。アラヴィンドはチランジーヴィが立ち上げたプラジャ・ラジャム党英語版の結党当初から党運営を取り仕切り、立候補者選定にも大きな影響力を持っていたが、その手法に反発する副党首や書記長が辞任しており、また立候補者の選定を巡って身内のパワン・カリヤーン英語版コニデラ・ナゲンドラ・バーブとも対立していた[4]。党はインド国民会議テルグ・デサム党に不満を抱く人々の支持を得られる立場にあったものの、ローク・サバーで1議席、アーンドラ・プラデーシュ州議会で18議席しか獲得することができず、アラヴィンドとチランジーヴィの党運営の手法に批判が集まる事態となった[5]。アラヴィンドは2011年にインド国民会議と合併してプラジャ・ラジャム党が消滅するまでの間、同党の書記長を務めていた。

フィルモグラフィー[編集]

テルグ語映画[編集]

ヒンディー語映画[編集]

カンナダ語映画[編集]

タミル語映画[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]