A3チャンピオンズカップ2006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A3チャンピオンズカップ2006
A3 Champions Cup 2006
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2006年8月2日 - 8月8日
チーム数(3連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝 大韓民国の旗 蔚山現代
準優勝 日本の旗 ガンバ大阪
3位 日本の旗 ジェフユナイテッド千葉
4位 中華人民共和国の旗 大連実徳
大会統計
試合数 6試合
ゴール数 26点
(1試合平均 4.33点)
総入場者数 70,950人
(1試合平均 11,825人)
得点王 大韓民国の旗 李天秀(6点)
最優秀選手 大韓民国の旗 李天秀
 < 20052007

A3チャンピオンズカップ2006: A3 Champions Cup 2006)は、2006年8月2日から8月8日にかけて、日本国立霞ヶ丘陸上競技場で行われた第4回目のA3チャンピオンズカップである。蔚山現代FCが優勝した。

出場クラブ[編集]

出場クラブ 出場資格 出場回数
日本の旗 ガンバ大阪 2005年Jリーグ優勝 初出場
日本の旗 ジェフユナイテッド千葉 2005年Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝 初出場
大韓民国の旗 蔚山現代 2005年Kリーグ優勝 初出場
中華人民共和国の旗 大連実徳 2005年中国スーパーリーグ優勝 2回目

開催方式[編集]

2006年のA3チャンピオンズカップの開催方式は以下の通りである。

  1. 得失点差
  2. 総得点数
  3. 該当チーム間の対戦成績

上記でも順位が決定しない場合は同一順位とする。

結果[編集]

2006年8月2日5日8日に2試合ずつ行われた。前回まで2月開催だったのが8月開催に変更され、真の実力が発揮される大会となった。

大会初日は日本のJリーグ2クラブが勝利したが、続く第2戦ではG大阪が蔚山現代に大敗、千葉が大連実徳に引き分けと明暗を分けた。千葉は最終戦でG大阪に勝利すれば優勝であったが、得点を奪えずに敗戦。同日、大連実徳に大勝した蔚山現代が逆転でA3チャンピオンズカップを制し、韓国Kリーグのクラブが大会3連覇を飾った。

チーム
1 大韓民国の旗 蔚山現代 3 2 0 1 12 3 +9 6
2 日本の旗 ガンバ大阪 3 2 0 1 5 8 −3 6
3 日本の旗 ジェフユナイテッド千葉 3 1 1 1 5 6 −1 4
4 中華人民共和国の旗 大連実徳 3 0 1 2 4 9 −5 1


ガンバ大阪 日本の旗 3 - 2 中華人民共和国の旗 大連実徳
山口智 17分にゴール 17分
マグノ・アウベス 18分にゴール 18分53分
鄒捷 57分にゴール 57分
王圣 71分にゴール 71分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 7,178人

蔚山現代 大韓民国の旗 2 - 3 日本の旗 ジェフユナイテッド千葉
崔成国 24分にゴール 24分
李天秀 42分にゴール 42分
中島浩司 21分にゴール 21分
巻誠一郎 43分にゴール 43分
羽生直剛 44分にゴール 44分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 11,066人


蔚山現代 大韓民国の旗 6 - 0 日本の旗 ガンバ大阪
キム・ヨンサム 24分にゴール 24分
レアンドロン 34分にゴール 34分83分
李天秀 46分にゴール 46分74分85分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 13,688人

ジェフユナイテッド千葉 日本の旗 2 - 2 中華人民共和国の旗 大連実徳
阿部勇樹 53分にゴール 53分 (PK)
巻誠一郎 65分にゴール 65分
鄒捷 30分にゴール 30分
朱挺 57分にゴール 57分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 17,052人


大連実徳 中華人民共和国の旗 0 - 4 大韓民国の旗 蔚山現代
李天秀 34分にゴール 34分72分
レアンドロン 43分にゴール 43分
崔成国 48分にゴール 48分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 6,821人

ガンバ大阪 日本の旗 2 - 0 日本の旗 ジェフユナイテッド千葉
遠藤保仁 66分にゴール 66分
播戸竜二 81分にゴール 81分
国立霞ヶ丘陸上競技場東京
観客数: 15,145人


優勝クラブ[編集]

A3チャンピオンズカップ2006優勝
大韓民国の旗
蔚山現代
初優勝

表彰[編集]

表彰名 選手名 所属クラブ 備考
大会MVP 大韓民国の旗 李天秀 蔚山現代 優勝
大会得点王 大韓民国の旗 李天秀 蔚山現代 6得点

関連項目[編集]

外部リンク[編集]