眼窩上神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。SeitenBot (会話 | 投稿記録) による 2021年2月28日 (日) 07:07個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
神経: 眼窩上神経
Gray776.png
Nerves of the orbit seen from above (supraorbital nerve labeled at upper right)
Gray894.png
The tarsi and their ligaments. Right eye; front view. (Supraorbital nerve labeled at upper right.)
ラテン語 Nervus supraorbitalis
英語 Supraorbital nerve
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
支配 前頭洞
起始
テンプレートを表示

眼窩上神経(がんかじょうしんけい)は前頭神経の枝の一つ。眼窩上孔を通り、上眼瞼へ向けて枝を出す。さらに、結膜前頭洞から頭皮中央までの皮膚を支配する。

額に向けて伸びていく途中で側枝と内側枝の2つの枝に分かれ、頭皮外皮に栄養を供給しつつラムダ縫合まで到達する。

最初は前頭部の下に存在し、

両方の枝が頭蓋骨膜に小さな枝を出す。

追加画像

See also

脚注