舌神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Gray778.png
Gray1202.png

舌神経ぜつしんけい)は三叉神経第三枝である下顎神経の枝。感覚神経を提供する。また、顔面神経からの神経繊維も走行し、舌の前2/3の知覚を司る。

機能[編集]

舌神経は舌の前2/3の粘膜における感覚を提供する。さらに、鼓索神経等の、三叉神経由来でない神経も走行し、舌前2/3の特殊感覚である味覚だけでなく副交感神経繊維交感神経線維も提供する。

顎下神経節舌神経からの二本の神経繊維をとめる。


経路[編集]

舌神経の最初の枝は下歯槽神経内側及び前方にある外側翼突筋に位置する。時には下歯槽神経と顎動脈と交差している枝で合流することもある。

顔面神経の枝である鼓索神経が急角度で合流する。これは舌前2/3の味覚の担当と顎下神経節への副交感神経線維である。

舌神経はその後内側翼突筋下顎枝の間を通る。そして上咽頭収縮筋及び茎突舌筋上方にて舌側面を斜めに通り、舌骨舌筋顎下腺深部の間を通る。

最終的に、横方向から内側下方に顎下腺管と交差し、舌に沿ってその先端へ向かい、舌下部神経となり、粘膜のすぐ下を通る。

関連項目[編集]

追加画像[編集]

脚注[編集]