翼口蓋神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神経: 翼口蓋神経
Gray779.png
Alveolar branches of superior maxillary nerve and pterygopalatine ganglion. (Pterygopalatine nerves visible but not labeled.)
ラテン語 nervi pterygopalatini, nervi sphenopalatini
英語 Pterygopalatine nerves
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
テンプレートを表示

翼口蓋神経(よくこうがいしんけい)は三叉神経第二枝である上顎神経の枝で、翼口蓋窩にて見られる神経で[1]翼口蓋神経節へ向かう神経[2]

翼口蓋神経節と密接に関係しているため、上顎神経の枝のままで、神経節でシナプスされない[3]

追加画像[編集]

References[編集]

  1. ^ Anne M. R. Agur; Moore, Keith L.. Essential Clinical Anatomy (Point (Lippincott Williams & Wilkins)). Hagerstown, MD: Lippincott Williams & Wilkins. p. 562. ISBN 0-7817-6274-X. 
  2. ^ eMedicine - Perineural Spread of Tumor Along the Fifth and Seventh Cranial Nerves : Article by Charles Lee”. 2008年2月28日閲覧。
  3. ^ Hiatt, James L. PhD; Gartner, Leslie P. PhD (2010). Textbook of head and neck anatomy 4th edition. Baltimore, MD: Lippincott Williams & Wilkins. p. 295. ISBN 978-0-7817-8932-5.