安藤陳定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。イルーゾォ (会話 | 投稿記録) による 2020年4月27日 (月) 11:17個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
安藤陳定
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年10月1717年
死没 享保9年11月29日1725年1月13日
改名 求馬(幼名)、陳武
戒名 暁応院善覚居士
墓所 愛知県岡崎市大和町の妙源寺
主君 徳川宗直
紀伊田辺藩主(御三家紀州藩附家老
氏族 安藤氏
父母 父:安藤陳武
兄弟 陳定安藤直規正室、久野俊純正室、
水野正真
養子:雄能
テンプレートを表示

安藤 陳定(あんどう のぶさだ)は、江戸時代中期の紀伊国田辺藩7代藩主。

略歴

享保2年(1717年)10月、6代藩主・安藤陳武の長男として誕生。同月7日に父が死去したため、同年11月19日に当主となった。

しかし享保9年(1724年)11月29日に8歳で早世し、跡を一門の雄能(大身旗本安藤直利の次男)が継いだ。