9P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

9P (または Plan 9 Filesystem Protocol または Styx)とはPlan 9 from Bell Labs (Plan 9) 分散オペレーティングシステムのために、Plan 9システムの構成要素を接続する手段として開発された、ネットワークプロトコルである。ファイルはPlan 9の重要なオブジェクトである。 ファイルはウィンドウネットワークの接続、プロセスや、その他オペレーティングシステムで利用可能なほとんどのものを表現している。

9Pは、Plan 9の第4版のために、9P2000という名前で様々な改良を含む改訂をされた。この改良のうちいくつかは、ある程度のファイル名制限の除去、ディレクトリへの'最終変更者'メタデータフィールドの追加、ファイルの認証といったものである[1]Inferno operating systemの最新版も9P2000を使用している。Inferno file protocolは元々はStyxと呼ばれていたが、技術的には常に9Pの変種であった。

Unixのための9Pサーバ実装はu9fsと呼ばれており[2][3]、Plan 9ディストリビューションに含まれている。9PのOS Xクライアントkernel extensionはMac9Pによって提供されている[4]。いくつかの拡張を含む9Pを実装しているLinux用のカーネルクライアントドライバはv9fsプロジェクトの一部である。9Pとその派生物はStyx on a Brick project[5]のような組み込み環境のアプリケーションにも見られる。

サーバアプリケーション[編集]

Plan 9アプリケーションの多くが9Pファイルサーバの形になっている。例には以下のものがある。

  • acme: プログラマのためのユーザインターフェース
  • rio英語版: Plan 9のウィンドウマネージャ
  • plumber英語版: プロセス間通信
  • ftpfs: リモートのFTPサーバ上のファイルとディレクトリをローカル名前空間に表示するFTPクライアント
  • wikifs: リモートのwikiをファイルとしてローカル名前空間に表示するwiki編集ツール
  • webfs: URLからデータを取り出して、その内容とレスポンスの詳細をファイルとしてローカル名前空間に表示するファイルサーバ

Plan 9以外では、9Pプロトコルは軽量なリモートファイルシステムが要求されるときに、まだ使われている。

  • NixOS英語版: 純粋関数的で宣言的なLinuxディストリビューションはバーチャルマシンの中で自分自身をリビルドできる。クライアントはホストのパッケージストアディレクトリをマウントするために9Pを使う。
  • Windows Subsystem for Linux: Windows 10 version 1903以降、サブシステムは9Pをサーバとして実装して、ホストのWindowsオペレーティングシステムはクライアントとしてふるまう[6]
  • Crostini: カスタム9PサーバはLinux VMの外側のファイルへのアクセスを提供するために使われる。 [7]
  • QEMU: VirtFSデバイスは9Pを通じてファイルシステムの共有をすることができる。これはカーネルドライバと共有メモリによって高速化される。[8][9]
  • DIOD: 分散I/Oデーモン - 9Pファイルサーバ

実装[編集]

9Pはクライアントとサーバの間で以下のメッセージを送る[10]。これらのメッセージは、いかなる9Pサーバも実装しなければならないPlan 9 vfsレイヤのエントリーポイントに対応している。

version
プロトコルのバージョンのネゴシエーションを行う[11]
error
エラーを返す[12]
flush
メッセージを打ち切る[13]
auth, attach
接続を確立する[14]
walk
ディレクトリ階層を辿る[15]
create, open
既存または新規ファイルのI/Oをするためにfidを作成する[16]
read, write
ファイルとデータの送受信をする[17]
clunk
fidを忘れる[18]
remove
サーバからファイルを削除する[19]
stat, wstat
ファイルの属性を問い合わせる、または変更する[20]

関連項目[編集]

参照文献[編集]

  1. ^ Plan 9 from Bell Labs — Overview”. 9p.io. 2020年6月3日閲覧。
  2. ^ research: u9fs.tgz is the source code tarbal”. www.netlib.org. 2020年6月3日閲覧。
  3. ^ Plan 9 /sys/man/4/u9fs”. 9p.io. 2020年6月3日閲覧。
  4. ^ benavento (2019年4月19日). “9P for Mac”. 2020年6月3日閲覧。
  5. ^ Styx-on-a-Brick”. Cat-V Doc. 2020年6月3日閲覧。
  6. ^ What’s new for WSL in Windows 10 version 1903?”. Windows Command Line Tools For Developers (2019年2月16日). 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ Running Custom Containers Under Chrome OS”. Chromium OS Docs. 2019年3月28日閲覧。
  8. ^ Jujjuri, Venkateswararao; Van Hensbergen, Eric; Liguori, Anthony; Pulavarty, Badari (July 13–16, 2010). “VirtFS—A virtualization aware File System pass-through”. Linux Symposium. https://www.kernel.org/doc/ols/2010/ols2010-pages-109-120.pdf. 
  9. ^ Documentation/9psetup”. QEMU Docs. 2019年3月28日閲覧。
  10. ^ Section 5: 9P protocol”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  11. ^ version page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  12. ^ error page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  13. ^ flush page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  14. ^ attach page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  15. ^ walk page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  16. ^ open page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  17. ^ read page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  18. ^ clunk page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  19. ^ remove page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。
  20. ^ stat page from Section 5 of the plan 9 manual”. Plan 9 manualg. 2020年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]