76式37mm連装機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
76A式37mm連装機関砲

76式37mm連装機関砲中国語: 76A/76F式37毫米双管舰炮, H/PJ-76)は、中国人民解放軍海軍が運用する艦載用対空機関砲

概要[編集]

従来、中国人民解放軍では、ソビエト連邦製のM1939 37mm連装機関砲(61-K)系列の機関砲を運用しており、海軍でも艦載型の70K型、およびそのライセンス生産型である67式37mm連装機関砲を採用していた。

1970年代、地上型が74式に発展するのに伴って開発された艦載型が76式である。

バリエーション[編集]

76式は、組み合わされる砲塔システムに応じて、3つのバージョンに大別される。

76式
原型機。開放砲架を採用しており、外見上は67式と類似しているが、自動装填化して省力化するとともに、341型レーダーと連動しての遠隔操作を可能にしている。
なお、67式と同様に、手動装填・砲側照準での射撃も可能である。
76A式
1970年代後半、イタリアブレーダ社製のコンパクト 40mm連装機関砲の技術を導入して開発された改良型。
外見上は一新されて、無人化された密閉式砲塔に変更されており、基本的には同砲の37mm口径版というべきものである。同社のダルド・システムと同様、射撃指揮レーダーと連動させることでCIWSとして使うことができ、同システムで採用されていたRTN-20X(SPG-74)を山寨化した347型レーダーが使用される。
76F式
76式をもとに、76A式の技術を導入して改良したものであり、有人式の密閉砲塔を採用している。

諸元・性能[編集]

諸元

性能

  • 俯仰角: -10~85度
  • 旋回角: 360度
  • 砲口初速: 1,000m/s
  • 有効射程: 4,500メートル (2.4 nmi)
  • 最大射程: 9,400メートル (5.1 nmi)
  • 発射速度: 180~200発/分(1門あたり)

砲弾・装薬



搭載艦艇[編集]

76式
76A式
76F式


参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 730型CIWS - 30mm口径のCIWS。本機の後継として、新造艦艇に順次搭載されている。