5S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

5S(ごエス、ごーエス)とは、製造業サービス業などの職場環境の維持改善で用いられるスローガンである。各職場において徹底されるべき事項を5つにまとめたもので、4S運動に「」(習慣化の場合もある)を加えた5項。

概要[編集]

名前は、5項目のローマ字での頭文字がいずれもSとなっている事に由来する。5Sに基づいた業務管理を5S管理5S活動などと呼ぶ。

整理(せいり、Seiri)
いらないものを捨てる
整頓(せいとん、Seiton)
決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく
清掃(せいそう、Seisou)
常に掃除をする
清潔(せいけつ、Seiketsu)
3S(上の整理・整頓・清掃)を維持し職場の衛生を保つ
躾(しつけ、Shitsuke)
決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

5S自体による効果は職場環境の美化、従業員のモラル向上などが挙げられる。5Sの徹底により得られる間接的な効果として、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などが挙げられていたが、近年はむしろ生産性の顕著な低下が見られることが問題視されている。かつては整理整頓により職場をよく見るようになり、問題点などの顕在化が進むためとされていたが、効率化により得られる時間よりも環境の維持・向上に強いられる時間が多くかかるため、熱心に行う部門や企業ほど効率低下との相関性が確認されている。

海外の5S

日本で生まれた概念だが、日本国外で用いられることもあり、「ファイブ・エス (five S)」と言う。

5S活動の事例[編集]

日本電産グループでは「作法」を加えて「6S」または「3Q6S」とする。東芝グループでは「しっかり」「しつこく」を追加して「7S」とすることがある。プロトコーポレーションでも7Sとしており、各階で掃除管理人を定める。セガ エンタテインメントでは「習慣」「しつこく」「しっかり」「信頼」「スパイラルアップ」を追加して「10S〜マネージメントの基本〜」とし、アミューズメント施設店舗で復唱が行われている。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]