409 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
409
ザ・ビーチ・ボーイズシングル
初出アルバム『サーフィン・サファリ
A面 サーフィン・サファリ
B面 409
リリース
規格 レコード
録音 1962年4月19日
ジャンル Hot rod rock[1]
car song[2]
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ブライアン・ウィルソンマイク・ラヴゲイリー・アッシャー
プロデュース マリー・ウィルソン
ザ・ビーチ・ボーイズ シングル 年表
サーフィン/
ルアウ
(1961年)
サーフィン・サファリ/
409
(1962年)
テン・リトル・インディアンズ/
カウンティ・フェアー
(1962年)
テンプレートを表示

409」(フォー・オー・ナイン)は、ブライアン・ウィルソンマイク・ラヴゲイリー・アッシャーによる楽曲。1962年にザ・ビーチ・ボーイズのシングルとしてリリースされた。

概要[編集]

この曲は、ゲイリー・アッシャーのホットロッドへのこだわりに触発されており[3]、タイトルはシボレー・409から採られた。リード・ヴォーカルはマイク・ラヴが担当した。1962年のデビュー・アルバム『サーフィン・サファリ』に収録され、1963年のコンピレーション『リトル・デュース・クーペ』にも収録された。

シングル「サーフィン・サファリ」のB面としてリリースされ[4]、「サーフィン・サファリ」がヒットし、ビルボードヒットチャートで14位まで上昇、それにつれて「409」も76位を記録した[5]。なお、この曲が1960年に起こったホットロッド・ミュージックの流行の起源とされている[1]

本作のクレジットは当初、ブライアン・ウィルソンとゲイリー・アッシャーのみであったが、マイク・ラヴの名は1990年代に起こされた訴訟の結果加えられることとなった。

「409」は、1962年4月19日にウェスタン・スタジオで行われたバンドの3回目のレコーディングセッションで収録された。以前の所属レーベルであるキャンディックスは破産しており、バンドはキャピトル・レコードとの契約を結ぶことができた。このセッションはデヴィッド・マークスの初の参加セッションであった。

曲の始めに入るエンジン音はアッシャーの所有するシボレー・348の物であり、ブライアンの自宅で夜中の2時に録音された。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Breitenstein, Jeff. Ultimate Hot Rod Dictionary: A-Bombs to Zoomies. MotorBooks International. p. 107. ISBN 978-1-61059-235-2. https://books.google.com/books?id=OtKWmLLiuTgC. 
  2. ^ Hoffmann, Frank W.; Bailey, William G. (1990). Arts & Entertainment Fads, Volume 1. Binghampton: Haworth Press. p. 61-62. ISBN 9780866568814. https://books.google.com/books?id=_tR1owszUR0C&pg=PA61#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ The Beach Boys: 409”. allmusic. Rovi Corporation. 2019年1月26日閲覧。
  4. ^ Profile at Songfacts
  5. ^ Hot 100 - The Beach Boys 409 Chart History”. Billboard.com. Billboard. 2019年1月26日閲覧。