第11回日本ミックスダブルスカーリング選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第11回日本ミックスダブルスカーリング選手権
基本情報
開催都市 青森県の旗 青森県青森市
会場 みちぎんドリームスタジアム
日程 2018年3月14日 - 3月18日
成績上位
優勝 藤澤・山口(藤澤五月山口剛史
準優勝 チーム平田(北澤育恵平田洸介
3位 吉田・清水(吉田知那美清水徹郎
« 2017
2019 »

第11回日本ミックスダブルスカーリング選手権大会(だい11かいにほんミックスダブルスカーリングせんしゅけんたいかい)は、2018年3月14日から3月18日まで、青森県青森市みちぎんドリームスタジアムで開催された日本ミックスダブルスカーリング選手権大会である。

概要[編集]

今大会は前年度優勝・準優勝チーム出場辞退により、強化委員会追加推薦のチームが出場[1]

強化委員会推薦、強化委員会追加推薦、各ブロック予選(北海道、東北、関東、中部、西日本)を兼ねた大会で勝ち抜いたチームが出場[1]

優勝チームは、2018年4月21日からスウェーデンエステルスンドで開催される2018年世界ミックスダブルスカーリング選手権大会への出場権を獲得する。

藤澤・山口(藤澤五月山口剛史)が初優勝を果たした[2]

形式[編集]

  • ラウンドロビンは21チームが3ブロックに分かれて行い、各ブロック1位チームと各ブロック2位チームの内のDSC上位2チームのプレーオフ勝者が決勝トーメントを戦う。
  • ラウンドロビンの順位は以下の順で決定する。
  1. 勝率
  2. 直接対決の勝敗
  3. DSC (Draw Shot Challenge)

参加チーム[編集]

ブロック予選 チーム 選手
強化委員会推薦 3 吉田・清水 吉田知那美 清水徹郎
藤澤・山口 藤澤五月 山口剛史
チーム吉田・両角 吉田夕梨花 両角友佑
強化委員会追加推薦 2 チーム平田 北澤育恵 平田洸介
松村・清水 松村千秋 清水芳郎
北海道 4 竹田・竹田 竹田智子 竹田直将
妹背牛協会 三浦好子 似里浩志
チーム稚内 川村みゆき 清水康彦
Team DOI 土居綾希子 土居誉享
東北 3 船木・工藤ペア 船木有沙 工藤和也
チーム秋田 鈴木克子 池端束記
チーム山形 藤沢純子 髙橋俊明
関東 3 チーム西澤 西澤京子 森本剛
チーム東京 大岩聖奈 末廣賢
チーム神奈川 笹田麻美 阿部山勝弘
中部 3 チーム柏木 柏木由美子 柏木寛昭
チーム栁澤 栁澤実知 小泉聡
オリオン機械 堀内珠実 冨安岳人
西日本 3 チーム島根 岩谷あかり 有馬俊和
チーム北村 北村雅美 北村友和
チーム広島 近藤由利香 三原隆文

ラウンドロビン順位表[編集]

Aブロック[編集]

備考
決勝トーメント進出
順位 チーム 勝敗 対戦表
1 2 3 4 5 6 7
1 藤澤・山口 6 0 -
2 [注 1] 松村・清水 4 2 × - ×
3 [注 1] 船木・工藤ペア 4 2 × × -
4 オリオン機械 3 3 × × - ×
5 チーム島根 2 4 × × × × -
6 [注 2] チーム稚内 1 5 × × × × × -
7 [注 2] チーム東京 1 5 × × × × × -
タイブレーク
  1. ^ a b 4勝2敗で並んだ2チームの直接対決の勝敗で決定
  2. ^ a b 1勝5敗で並んだ2チームの直接対決の勝敗で決定

Bブロック[編集]

備考
決勝トーメント進出
プレーオフ進出
順位 チーム 勝敗 対戦表
1 2 3 4 5 6 7
1 [注 1] チーム平田 5 1 - ×
2 [注 1] 吉田・清水 5 1 - ×
3 [注 1] 竹田・竹田 5 1 × -
4 チーム柏木 3 3 × × × -
5 [注 2] チーム広島 1 5 × × × × - ×
6 [注 2] チーム神奈川 1 5 × × × × × -
7 [注 2] チーム山形 1 5 × × × × × -
タイブレーク
  1. ^ a b c 5勝1敗で並んだ3チーム内の勝敗は3すくみなので、DSCの平均距離が短い順に順位を決定
  2. ^ a b c 1勝5敗で並んだ3チーム内の勝敗は3すくみなので、DSCの平均距離が短い順に順位を決定

Cブロック[編集]

備考
決勝トーメント進出
プレーオフ進出
順位 チーム 勝敗 対戦表
1 2 3 4 5 6 7
1 [注 1] チーム北村 4 2 - × ×
2 [注 1] 妹背牛協会 4 2 × - ×
3 [注 2] 吉田・両角 4 2 × × -
4 [注 2] チーム柳沢 4 2 × × -
5 チーム西澤・森本 3 3 × × × -
6 Team DOI 2 4 × × × × -
7 チーム秋田 0 6 × × × × × × -
タイブレーク
  1. ^ a b 4勝2敗で並んだ4チーム内での勝敗で2勝1敗が2チーム。その2チームの直接対決の勝敗で決定
  2. ^ a b 4勝2敗で並んだ4チーム内での勝敗で1勝2敗が2チーム。その2チームの直接対決の勝敗で決定

プレーオフ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8
吉田・清水 3 1 0 4 1 0 0 X 9
妹背牛協会 Hammer (Last Stone First End) 0 0 1 0 0 2 1 X 4

決勝トーナメント[編集]

  準決勝     決勝
                 
  B2 吉田・清水 7  
  A1 藤澤・山口 10    
      A1 藤澤・山口 9
      B1 チーム平田 2
  C1 チーム北村 8    
  B1 チーム平田 10   3位決定戦
 
B2 吉田・清水 11
  C1 チーム北村 4

準決勝[編集]

シートB 1 2 3 4 5 6 7 8
チーム北村 Hammer (Last Stone First End) 2 0 0 2 4 0 0 0 8
チーム平田 0 3 2 0 0 2 2 1 10


シートC 1 2 3 4 5 6 7 8
吉田・清水 Hammer (Last Stone First End) 1 0 1 0 3 1 0 1 7
藤澤・山口 0 3 0 3 0 0 4 0 10

3位決定戦[編集]

シートD 1 2 3 4 5 6 7 8
吉田・清水 Hammer (Last Stone First End) 3 1 1 0 3 0 3 X 11
チーム北村 0 0 0 2 0 2 0 X 4

決勝[編集]

シートB 1 2 3 4 5 6 7 8
藤澤・山口 Hammer (Last Stone First End) 2 1 2 0 1 3 0 X 9
チーム平田 0 0 0 1 0 0 1 X 2

脚注[編集]

  1. ^ a b 第11回 全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権大会 結果 開催要項 (PDF)”. 公益社団法人 日本カーリング協会. 2018年3月14日閲覧。
  2. ^ 第11回 全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権大会 結果”. 公益社団法人 日本カーリング協会. 2018年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]