1 E18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1 E20から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
数の比較

1 E0(1-)
1 E1(10-)
1 E2(100-)
1 E3(1000-)
1 E4(1-)
1 E5(10万-)
1 E6(100万-)
1 E7(1000万-)
1 E8(1-)
1 E9(10億-)
1 E12(1-)
1 E15(1000兆-)
1 E18(100-)

1018 - 1021 (100 - 10)の数のリスト

説明
100京未満
100京 SI接頭辞 エクサ(E)
short scale)Quintillion/(long scale)Trillion
1018 地球上の全昆虫の推定数
2,305,843,009,213,693,951 =261 - 1 : メルセンヌ素数
3,421,093,417,510,114,543 七進法独自周期素数英語版
9,223,372,036,854,775,807 64ビットCPUの計算の限界(263-1)
9,520,972,806,333,758,431 二進法の独自周期素数
1000京
18,446,744,073,709,551,617 フェルマー数の中で若い方から2番目の合成数(264+1)。1つ前は4,294,967,297(=232+1),次は2128+1。
4.3252×1019 ルービックキューブ(3×3)の全パターンの数
1垓
147,573,952,589,676,412,927 =267 - 1 : 67番目のメルセンヌ数マラン・メルセンヌ素数と予想したものの、エドゥアール・リュカが否定的に解決した。リュカが示さなかった具体的な素因数は、フランク・ネルソン・コールによって求められた。1903年10月にアメリカ数学会における「大きな数の素因数分解」という演題で、コールは一言も口を開かずに黒板に267の数を注意深く書きつらね、最後に1を引いた。そして次に、193,707,721 × 761,838,257,287 の乗算を行った。2つの結果が等しい事が示されるとコールは最後まで無言のまま静かに席に着いたという。
10垓以上

関連項目[編集]